「ほっ」と。キャンペーン

それぞれに、新たなるステージ☆ ~突然最終回?!引っ越します~

フットパスプロジェクト2006参加者募集中

「TB」させていただきます(^^)
いいでしょ?ぜひ参加&応援して下さいね!



ちょうどいい時が来たようです。

「くつきの森」も、新たに動き出しましたね。

それまで何でもなかった、フツーの住民さんが、
「くつきの森」での企画を考えたり、段取りしたり。

この森の応援者の多いこと!

他の森さん達が羨ましがることでしょう。

ウズラの娘も、10日の朝に誕生しました!

まだ写真でしか見ていなくて、ご対面はできていませんが。
(子犬ですから、今はママと一緒に・・・)

娘と、ニセコの子ども達と、
このニセコの四季を見て感じて楽しみながら
ステキな日々を重ねていこうと思います。

もちろん、
ニセコの森さん達にもご挨拶して回りたいです!


「くつきの森」はウズラの原点。お母さん。
ウズラにとっては、ホントに大切な存在だったので
ここ3年間、無我夢中で動き回っていました。
このブログも動き回った一つであり。

今、ニセコに来て改めて感じていることは
私は何を意識しているのか?と思ったら、森づくりよりも
一般大衆、ごくごくフツーの人達の力だったのです?!

どんなにスゴイ人が現れても
その土地のごくフツーの人達の心にスイッチが入らなければ
その土地のごくフツーの人達が動き出さなければ
結局は続かないし、何も変われないのです。

それは朽木もニセコも、どこでも同じこと。

私がこれからやるべき「働き」(?)のヒントみたいなものを感じます。

私の娘も、この大切な「働き」をするために私を選んで生まれてきてくれたものだと思っています。楽しみ~!

ウズラがくつきの森へ直接すべき応援は、ほぼ終わったと思っています。

森さんは気持ちよく、新たな時代を受け入れているし
地元の皆さんも一所懸命、新たな森をつくろうと頑張っている。

ちょうどいい時が来たようです。

このブログはここまでにします。

今月20日(月)に一度実家へ戻り
26日(日)~27日(月)あたりに
森へ挨拶に行ってきます。
そして28日(火)にニセコへ渡り、
4月~、朽木も腰を抜かすドド田舎で、保育の仕事に就きます?!

もしよろしければ、
くつきの森の散策、一緒にいたしましょう。
どうぞお越し下さいませ(^^)

ウズラの新たなステージを
新たにブログで作ってみることにしました。
これからは、こちらへどうぞ!

くつきの森を一緒に応援して下さった皆様。
そして、これを見てホントに森を訪ねて下さった皆様。
心より感謝申し上げます。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様それぞれのフィールドで
この、これまでの応援エネルギーが意味あるものとして生かされていくことを祈っています。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-03-12 22:24 | 森イベント情報(参加者募集中)

パウダーからシャーベットへ。

今日はキレイに晴れていた!→
d0067691_1449269.jpg
仕事の合間に滑りに行くのは
ホンマの若者でもないので、ケッコーしんどいなあ、なんて思いながら
上がってみると、こんなにキレイに羊蹄も見えてゴキゲンさんでした。

人も減りました。

「私のためのコース」みたいになっていて
気持ちよく滑っていました。
上へ上がれば、まだパウダーであり。

今日はキュインキュイ~ンって感じでテレマーク。

でも、左足を前にして滑る時がイマイチなんだな。

スキーなしで靴だけでトンって着地しても
左足は不安定なのだ。

たぶん、骨盤がずれてるとか、体が歪んでるとか
そういうせいだろうな・・・。

アルペンの時は、転ぶと
人形を思いっきり投げたようになっていた私。

テレマークの今は、転ぶと
新しいヨガのポーズなのか?みたいなことになっている私(^^;)。

板は外れず、踵(かかと)は外れるっていうのは
なんだかフシギなもんだ。

リフトに揺られている時、
小鳥達の声がしたよ!

だいぶ、あったかくなりました。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-03-07 15:02 | ニセコより

ニセコで一番の友達☆

LOOK ! MY PHOTO! IN FEB.

「TB」させていただきます。

いつも仲良く遊んでもらってるウズラのお友達〜ズです。

サンダー&ウィンディ&レイニー&DEWY〜☆
クラウディはまだ帰ってませんが。

いつもありがとう(^^)
君達と過ごす時間がとってもしあわせで
一緒に行く場所一つ一つがとってもステキに感じます。

写真にはウズラの姿もチラホラ?!
もっとカッコよく写るように、ソリでも何でも上手くなりたいですねえ(^^;)

あ!テレマークのパウダーキャンプでご一緒した皆様!
私、皆さんとお別れした後、テレの板を背負って、犬達と雪山を登ってたんですよ〜!
最後の方で一枚その姿が写ってますが、わかったかな?

ウズラにも、もうすぐかわいい娘が生まれます?!
5匹の犬達の妹にしてもらおう〜!
そうです。犬です!
ウズラの娘にします!

子どもが生まれると、写真が撮りたくなりますね。

こちらへ来てから、ケータイとGパンとコンタクトは捨てたくなってしまいました?!
ケータイの写真は、イライラしちゃう!
Gパンは寒くてイヤになっちゃう!
コンタクトもモタついてイヤになっちゃう!

いいカメラが欲しくなりました。
我が子と共に、ニセコのステキな景色も撮りたいです!
d0067691_1440403.jpg

[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-03-02 23:03 | ニセコより

くつきの森を応援しようね!!

麻生里山センターいよいよキックオフ

「TB」させていただきます!

やりましたね!
いよいよくつきの森も動き出すのですね!パチパチパチ~!

みなさん、このお知らせをご覧になって
ぜひ、くつきの森へいらして下さいね!

森のスタート。
一緒に応援しましょうね!

きっとステキな森を案内して下さると思いますよ!

一つの森が、人々と共にその生命を輝かせる時が来ましたね!

森さんも張り切ってるんだろうなあ~!ふふふ。

きっと全身で、皆さんへの歓迎の気持ちを表してくれますよ!

風とか匂いとか、空とか木々とか、花とか鳥とか、川とか土とか・・・!

よ~く見て聴いて感じてね!

喜びが伝わってきて、きっとついニコニコしちゃうハズ!!

ウズラが森へ帰ると、いつもこんなのだから・・・♪
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-03-01 18:44 | 森イベント情報(参加者募集中)

雪中植林してきたよ!

25日(土)、蘭越(らんこし)町でのイベントに参加してきました。

雪中植林?!

よく知らないまま、参加してきました。

もう6年目になる活動のようで
初年に植えたものは、かなり成長しているようです。

カミネッコンという名のダンボール紙製の鉢を作ります。
こちらはそのキット。→
d0067691_913463.jpg













この組み立てはとっても簡単でした。
っていうか、専用キットを造ってあることがスゴイと思った。

d0067691_931331.jpg













カミネッコンの土は雑菌ゼロの土。
それがミソのようだ。→
d0067691_944578.jpg













皆で土入れをします。

d0067691_954059.jpg













これはウズラの!
ヤナギの枝です。
ヤナギは強くて成長も早くて
このヤナギ達が根付いた後、他の樹種がやって来ることになり
言わば、多種の木々の呼び水みたいな働きかな?→
d0067691_982976.jpg













そして皆でバス移動して
尻別川の辺に植えに行きます。
このカミネッコンを並べて置いて雪をかぶせるだけです。
成長した時の美しさを考えながら並べています。

d0067691_10165641.jpg
















戻ってきて
スタッフの奥方様達が作って下さった
チョーおいしい豚汁です!
(具沢山で幸せなお味でした♪)
d0067691_9144675.jpg




カミネッコンを考え、今回もご指導下さった東三郎先生は、80歳!
NHKのプロジェクトXで紹介された襟裳岬の緑化の仕掛け人だそうで!
チャーミングで、お話しされる時の楽しげな夢中な感じは
お聴きしていて、こちらがニコニコせずにはいられなくなります!

論文を書かない主義の大学教授。
論文を書くと、それを見て頭で考えようとする人を造ってしまうからだって。
考えるより、実際に見て触れて感じて欲しいって。
どんな風に感じてもいいって。
いいことの押し付けはしたくないって。

「押し付けない」って大切なことって
数年前、散々学習したけど
いろいろお聴きしながら、
どうしてそう思えるようになられたのですか?とたずねたら
「原爆の体験でそう思うようになったよ」と
サラリと答えられた。

ホントの体験者の言葉は
サラッとしてて、一見軽そうでいて、後からズシッと来る。

「札幌に来たら、素通りしてはダメだよ」と名刺を渡された。
この先生からは、まだまだいっぱい学びたい!
しりべつリバーネットのホームページも見てね!
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-26 09:28 | ステキな人発見!

知識より直観!

ヒトとしての「直感力」を磨くのだ

「TB」させていただきます。
風邪を引いてしまいました。
2日前〜高熱が下がりません。
解熱剤が切れると再び高熱。
今日はカンネンして、病院へ行きました。
解熱剤&座薬のダブル効果であり得ないほどの汗をかき、
今はすっきりしています?!

そんなわけで、せっかくニセコに来ていたdo_yogaさんとは会うことができず
がっかりでしたが
風邪は進化前の現象みたいな話もあり
私もある種の波動調整みたいなもんかなと思っているので
何も心配はしていません。

ニセコ仕様に生きながら生まれ変わる!みたいな!?
な〜んてね。

私、私の中の神様にいつも
「私に直観力を下さい」ってお願いしてます。

知識は全く欲していない。
私、よっぽど前世で勉強したんだろうか?
な〜んてね。

体を使うこと。
感覚を使うこと。
感じる心に素直でいること。
考えずに感じること。

ニセコにいると、犬と過ごすと、それがやりやすいような気がします。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-21 22:27 | ニセコより

北海道テイストは、あっま~い!?

昨日はバレンタインデーでしたねえ!
コモリー(山に篭っている人)ズにも宅急便で何か届いていたり
なんだかウキウキしていたり・・・?

私がいる職場も女の子達から男の子達へチョコのプレゼント。

ということで、いろんなチョコを袋に入れて
折り紙貼って可愛くしてました~(^^)
d0067691_135642100.jpg

北海道の缶コーヒーって、あっま~い!!

寒い土地だからか、皆、あっま~いのが好きみたい。

初めて飲んだ時、あっま~い!と思ったが
今はフツーに飲んじゃってます?!

くつきのスウィーツは、「栃餅(とちもち)」くらいか・・・?
そんなに甘くないよね。


さて、バレンタインデーにウズラは
サンダー(犬っ!!)
フリスビーデートしてました?!

ナイター後でも明るいんだね。いい遊び場見つけたね!(^^)

d0067691_1443174.jpg

[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-15 14:07 | ニセコより

女性優位か?モイワ☆テレテレパラダイス☆

TAJパウダーキャンプinニセコモイワ

「TB」返しさせていただきます。

これに参加してきました〜!
面白かったです〜!

講師の矢村さんはテレマーク協会の会長さん。
初め、パッと見、三浦雄一郎さんかと思ったけど(?!)、ちゃうちゃう。
ニセコモイワスキー場入り口から2軒目のお家に昨年2月〜住んじゃったとさ!
こうしてニセコ人が増えていくんだね〜。

この前、アンヌプリスキー場へ行ったけど
このモイワはさらによかった〜!大好きだ!

朽木スキー場もビックリのローカルスキー場だよ!パウダーパラダイスよん!
朽木スキー場もビックリだけどね!

モイワでは、トイルTEAMに出会い、
初テレマークレッスンの先生、古市さん&高梨さんにも挨拶できました(^^)

今回のキャンプは参加者8名。
そのうち、5名は女性?!
テレマークも女性が幅を占めてきてるぞ!

初心者の講習会だと思って張り切って行ったら
「パウダーが初心者」という4〜5年やってる人ばかりで、やっばーい!!
ウズラだけ、ホンモノの初心者だった!

「必死のパッチ」でついて行ったさ!
(これって大阪弁なのかな?)

でもおかげで矢村さんにミッチリ教えていただき
まだまだだけど、だいぶ滑れるようになったよ!

腰のポジションがいいと褒められたさ!
(褒め殺されやすいウズラなのだ)

またまた、自主練も楽しくなってきそう〜?!

またモイワへ行って、矢村さん見つけてテレテレデートしてもらお〜!?
テレマーク協会のHP
トイルのHP

ニセコモイワスキー場
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-14 14:31 | ニセコより

毎日、ソリdeゴミ?!

今日もお仕事終了〜!(^^)

遅番の日は、最後の方でゴミ出しがあります。

明日は生ゴミの日なので
ここ数日ためていた生ゴミを一気に収集所まで運びます。

ソリに積んで運びます?!
真っ赤のプラスチックの巨大ソリです。

今日は雪が一日よく降っています。

雪の中、ソリを引くウズラ。
ソリには山になったゴミ!?

うちの宿はお客さんが多いこと&食事がいいことが重なって
ゴミが多い!

ゴミを多く出すほどお金がいるってことにしたら
みんな一所懸命、ゴミ削減に励むんじゃないかなあ?
な〜んて、思ったりしながら。

いつも大量のゴミをソリで引きながら
何かモヤモヤしているウズラなのでした。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-09 23:26 | ニセコより

春は来てるね!

d0067691_21395634.jpg
これは昨日の写真。

珍しくお天気が続き
空も晴れていて
でも、私は仕事!(^^;)

部屋掃除&ベッドメイクしてて
ふと窓の外を見ると

おお~!羊蹄山!!

こんな日は上へ上がりたいが、仕事だあ~!

羊蹄山の又の名は「えぞ富士」。

ホント、富士山みたい~♪(嬉しい!)

懐かしい富士山、大好きだもんね~(^^)

見える日が珍しいくらいなんですよ。
だから、なおのこと、嬉しい~!

仕事が早番の時は朝6時半~、お客さんの朝食作りがあるのですが
玄関ドアを開けに行くと
最近は夜が明けるのが早くなってきてて
それがまた嬉しい気分です(^^)

どんどん春に近づいてる感じがするから・・・!
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-08 21:44 | ニセコより

雪の森の楽しみ方?!

鳥のオリンピック

「TB」させていただきます(^^)

雪の森のよさを語る人、ケッコーいらっしゃるので嬉しくなります。

昔、森での先輩に言われたことがあります。
「ウズラ。森もええけど、海もエエぞ~!」
先輩はスキューバーダイビングにハマッてたんですね!?

でも、サーファーは更にカッコイイよね!
海ととても仲良しにならないとできないと思うからね!
おっちゃんサーファーもカッコイイよね!

おっちゃんサーファー○○さんも鎌倉でイイ感じにやってるかな?

海も山も森も川も
みんな仲良くなっていくってのは、
ホントにステキなことだね!

でも、ホクレアさんのように一人で動き出せたらいいけど
モジモジしちゃう人もケッコーいらっしゃるから

だから!

森には森の案内人が必要だと思うのです!
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-07 21:39 | ステキな人発見!

繋がりたい人☆☆☆!!

林業とは何なのか。

「TB」させていただきます。

筒井迪夫氏!

この名前が輝いて見えます!(^^)

下記は、ある資料からの抜粋。


<朝日の森 設立趣旨>

筒井迪夫・(当時)東大農学部助教授が「日本林政史研究序説」
(1978東大出版会)の中で、自然と人間との関係に触れ、自然
と戦い、自然を支配するのを当然とした近代機械文明への反省
から、人間と自然との共生の必要性を訴え、自然と人との融合
を図り、新しい文明を生み出す場が森林環境基地である、とも
述べています。
日本には森を「伐る」ことと「伐らない」こととのバランスを
うまくとってきた歴史があります。入会林野の活用がそれです。
この苦心の営みの積み重ねを「森林文化」と概念付けたのです。
筒井さんは、入会林野の活用の歴史を踏まえ、「林野の利用と
管理に対する知恵/工夫」という文化事象を「森林文化」と定義。
昭和53年、この思想をもとに建設されたのが『朝日の森』であり、
〝森林文化〟を発信する「森林環境モデル基地」として誕生し
ました。


くつきの森の前身、旧「朝日の森」は
こんなエライことを考えてた森だったのです!

この思想を継承しよう、継承したいと思って下さった朽木村(現在 高島市)。
さてさて、どうしたものでしょうね~!

大変といえば大変なわけですが
根本的な、根っこの大元の、ホネの部分に立ち返って
この「森林文化」の思想に立ち返れば
これからやるべきこと、今何をしておかなければならないかってこと、
見えてくるんじゃないでしょうか?

大きく力を合わせてすることもあれば
一人一人ですることもあるでしょうしね。

どんなことでも、困った時は、原点に還れば、きっと大丈夫なんだと思います。

ところで、私の原点は・・・?(^^;)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-05 22:54 | ステキな人発見!

日帰りハイキング 最終回?!

雪の森へ

「TB」させていただきます。

毎月お知らせし、私も何度か参加させていただいた「くつきの森 日帰りハイキング」。
あっという間に最終回も終わってしまったのですね。

雪の森。いいね〜!

同じ森の四季を見て歩いて感じるのって
とっても贅沢な気分でしたね。

色も匂いも聞こえてくる音や声も、違うんですよね。

楽しい!嬉しい!!

ここでボランティアしていた学生時代、
冬の季節にやってきたおばさま姉妹の利用者さんへ
「夏、7月になるとね、ホタルがた〜くさん飛んで、そりゃもう凄くて、きっと感激されますよ!」
と話したら、ホントにその年の7月に帰ってこられました!?

「自然と人との橋渡し」って
その日その時、どうするかっていうのもありますが
いかに次へ繋げるか?さらに広げるきっかけを投げるか?っていうのもあると思うんですよねえ。

このくつきの森の中にある
ゴンちゃんのいる研究所、作業等の囲炉裏。
とってもステキな空間ですよ!

冬のプログラム。あったまる食事が付くとか、温泉に入るとか、
何かが付くと、さらによくなるかな〜?

そして駅まで送迎してくれたら
おじさま達はグビグビとビールも飲めるってわけさ!?
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-05 18:13 | 森イベント情報(参加者募集中)

薪ストーブのある暮らし♪

間近に迫っていますが
こんなワークショップ、ぜひ参加してみられたら?


●『家の木組み見学と薪ストーブのある暮らし体験』ワークショップ

「安曇川流域・森と家づくりの会」では、山の木の伐採から、搬出、製材、加工、木の家の完成までの流れを体験するワークショップを開催します。
今回は家の木組みを見学していただきます。
また、当日は薪ストーブを囲んで木の家の暮らしについても考えます。

◇日時    平成18年2月11日(土)
       午前の部 10時〜12時30分
       午後の部 14時〜16時30分  
◇場所    滋賀郡志賀町小野と北小松
◇内容   ・地震に強い家づくりとは   
       ・木の強度試験見学
       ・薪ストーブ体験
◇募集人員  各部10組(先着順)
◇参加費   無料
◇その他   当日の集合場所は別途お知らせします。
■申込み先  安曇川流域・森と家づくりの会(担当:宮村)
520-0241 大津市今堅田2丁目18-16
             TEL 077-574-3225
             FAX 077-573-2421
             E-mail info@mori-ie.com
※本事業は、滋賀県「木とのふれあい促進事業」および財団法人滋賀県産業支援プラザ「コミュニティビジネス支援モデル事業」の助成を受けています。


info@mori-ie.com


ここのスタッフの中にも
昨年秋、市長とご一緒した会合に参加して下さった方もいらっしゃるんですよ?!

ま、この会だけでなく、
くつきの森へお越しいただければ
薪ストーブファンになっちゃう確率は高いでしょうね〜!

私が今いるロッジでも、薪ストーブがある部屋がありますし
ニセコ兄様宅も、もっちろん薪ストーブですよ!

都会では、近所との絡みもあって難しいかな?

でも、薪ストーブって
人と自然との暮らしの距離をグンと近くしてくれる働きをしてると思います。

他にもグンと近くしてくれる働き者達を探してみよう〜☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-03 22:18 | マキ企画(湖西・マキねっと)

犬セラピー?ホッコリタイム♪

ニセコ兄様の5匹の犬達と出会って
すっかり癒してもらっているウズラです?!

犬ゾリ。犬スキー(腰のベルトを繋いで犬に引いてもらうんだよ)。雪下ろし。フリスビー(フライングディスク)。雪投げ。追いかけっこ・・・。

雪の中で犬達と遊ぶのは楽しい~!
DEWYの散髪!→
d0067691_11152024.jpg

DEWYはスタンダードプードルで、まだ半年の子犬です。

ケッコー臭いのキツイ子で、耳掃除と歯磨きをしたよ!
5匹の犬が私の枕になり、私が5匹の犬の枕になる昼寝も至福の時であります。

犬を飼うということ。犬と暮らすということ。
犬とコミュニケーションを取るということ。

「人として大切なこと」「人としての成長」をずっと考え続けてきている私にとっては
森と並んで、大事なヒントがいっぱいある気がしています。

な~んて言いながら
外国人と話す時と犬と話す時とは
ほとんど同じ感覚でいる(?!)ウズラなのでした。

そして、今夜もクラウディの夢を見る・・・。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-02 11:31 | ニセコより

ニセコの雪と朽木の雪☆

雪、4尺くらいです

「TB」させていただきます。

くつきの森も雪がいっぱいなんですね〜!

写真はいいな♪

私がいるのはヒラフのペンション街。
完全に「街」です。

ニセコという所へ来たけれど
「自然」に近づいたのだか遠くなったのか、、、?
ビミョー。

スキー場だって、まだゲレンデ内での陰練の真っ最中ですし。

上に上がって、一度だけとても晴れていた日があって
羊蹄山が目の前にドンッと見えた時は
富士山を思い出して、嬉しくなりました。

あと、林間や、周りの山の樹々を眺めながら滑る時は
嬉しくなります。
でも、その程度なんだな。

だから仕事がお休みの日はいつもヒラフから離れて、
自分なりにリセットしてきます。

雪下ろしも大変でしょ?
朽木の雪は、とっても重いことが多い気がします。
水分をたっぷり含んだ雪。
そのために数年前、多くの杉が折れてしまって被害に遭い
その杉を処分したくて「マキ企画」を考え始め
前進できずにどうしたものか?と悩んでいた時に
ナラ枯れ被害が発覚し
「湖西マキねっと」が急遽発足したというわけでした。くつきの森/雪下ろしの様子
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-02-01 19:19 | マキ企画(湖西・マキねっと)

来た時よりも美しく・・・☆

今働いている宿では、毎日、朝食を作ったり、各部屋の掃除やベッドメイクしたり、と
いろんな仕事をしているのですが
外国からのお客さんがとても多いんです。

ニセコ全体が特にオーストラリアからの観光客が多くて
ここはいったいどこの国なんだ?って感じの街となっています。

私の英語は中学生程度。
「さんまのからくりTV」のファニエストイングリッシュのコーナーのような
「気持ちで喋る!?」タイプでしかない私は
毎日必死で気持ちで喋っています?!(オイオイ・・・)

お部屋の掃除をしていて思うのですが
外国人の使った部屋って、とっても汚い!ことが、とても多い!
ちょっとビックリしてしまいます。

今、私、日本人でよかった~って思うことがよくあります。

たぶん、お金払ってるんだから、ってのがあると思うのですが
日本は宿の仲居さんがきちんとしてくれるしてくれないに関わらず
きちんとたたむとか、揃えておくとか、そういうクセがちゃんとついてるでしょ?

日本人って、ホント、キチンとしてるんだなあって感じます。

ま、こういうのはどれも武家社会の文化の名残なのかもしれませんが。

くつきの森の前身、旧朝日の森では、
すべての利用者さんにお伝えしていたことの一つに
「来た時よりも美しく」がありました。

お部屋も、いろんな道具も、ここへ来られたみんなが使うものです。
お部屋に入ったら、どこにどんなものがあるか、どんな状態になってるか
よ~く見てみて下さいね。
最後帰る日には、みんなで掃除して、
今よりも、ちょっとだけでいいです。今よりもちょっとだけキレイにして帰って下さい。
「来た時よりも美しく」です。
そうすると
人が来れば来るほど、美しくなっていく!?というわけです(^^)


まだどこにもこんな施設がなかった時代。
お金を払いつつ、ホテル業ではなく
キャンプの基本「自分のことは自分でする」を理解してもらうまで
スタート当初、クマさんは大変だったようですよ。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-29 10:50

アンヌプリ大好き~!

職場で、ヒラフスキー場のシーズンパスをいただいているので
毎日、ヒラフでは滑り放題なのですが
この前、NACで「テレマークの練習にはアンヌプリがいいよ」と聞いて
行ってみることにしました。

ヒラフのてっぺんから、アンヌプリへ行けるとのことで、
昨日、一人で行ってきました~!

よかったよ~!アンヌプリ☆

人が少ない♪
雪がフカフカ♪
コースが緩やかで幅広♪

テレの練習にはピッタリなのだ。

雪がフカフカ~♪で、お布団の上で遊んでるみたいだ~!

でも、私のリフト券はヒラフonlyなので
アンヌプリでは使えない。

アンヌプリからヒラフへ戻るにも、バス代500円かかっちゃう。

ヒッチハイク案もあったけど、
ヒッチハイクするほど、人も車もないぞ。

ま、ボチボチ、賢く行こう・・・!


今日は夕方~、ヒラフのナイター。
ナイターではヒラフは日本一だとか・・・?へえ~。
d0067691_21553889.jpg


確かに広い。

それよりも嬉しいのは
ナイターでも凍っていないってことだ!

最近はあったかい日が続いてるし、ジャクジャク気味だったけど
それでも全然いいもんね!

昔、八方スキー場ではコブコブのアイスバーンで転んで目から涙と星が出たもんね。

ここニセコでは転ぶと笑えます。

帰り、ラクして巡回バスで帰ったら
運転手さんがなかなか出発せず、どーも私の板を眺めていたようだ。
運転手さん「テレマークなんですね」
ウズラ「はい」

この運転手さんはテレマーク暦14年だそうな。

ウズラ「私はまだテレマーク始めて数時間ですよ!」
運転手さん「あー、そうなんですか!頑張って練習して
早くゲレンデの外へ出られるようになって下さいね」

むむむ!頑張ろ!

ヒラフのてっぺんのラインを
板を背負って歩いている20人くらいの一団を見た。
ツアーかな?

あんなの、行けるようになるのかなあ?

私はスキー場でも木に会うと嬉しくなる・・・♪
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-28 22:08 | ニセコより

テレマークスキー 自主トレ週間?!

テレマークスキーで行くぞ!と決めて
道具も揃い、個人レッスンも2回、それぞれ違う先生から受けて
あとは自主トレなのだ!

先週はバタバタしたり、体調がイマイチだったりで
あんまり滑れなかったけど
今日からしばらくの間は毎日滑りに出られるかな?

太ももがバンバンだ!イイ感じ~♪

「けっ!今日はこのくらいにしといたろ!クスンッ」

池乃めだかサン風に言葉を口にして、とっとと退散です?!

今日はお客様も同じブーツを履いておられるのを見て
スキー室でテレマーク話にプチ花が咲きました。

もー、頑張るしかないね!(^^)

ヘタクソな時が楽しいのだ~!
できないことがちょっとでもできると、楽しいっしょ?(北海道弁風?)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-26 22:13 | ニセコより

はじまったよ!森のブログ☆

はじめまして。麻生里山センターです

「TB」させていただきます!

くつきの森がある、麻生(あそう)地区の人の「麻生里山センター」が動き始めたようですね!

森の生中継って感じになるかな?
わあ〜!ステキッ!

私のブログは、離れた地からの応援。
この「フォトレター」は現場からの様子。
早速リンクも貼らせていただきます〜(^^)

ぜひぜひ、ご一緒に、ステキな森になっていきますように〜☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-25 13:35 | テーマ「地元住民の意識」

捜しています!!ご協力お願いします!!

WANTED MY GOLDEN DOODLE

「TB」させていただきます。
d0067691_2249865.jpg

ご無沙汰しております。

ニセコ兄様の5頭の犬の1頭、クラウディが行方不明になって、10日近くなります。

今はまだ何も情報がありません。

地元&近所は勿論、役場、保健所、警察署、とお願いはしてあるものの
何の手がかり&情報もないまま、時間ばかりが過ぎて行きます。

すぐ近くに温泉施設があり、観光客が連れて帰ってしまった可能性も頭をかすめ、
今いる所で自分のできることの限界を感じながら
どこへどう飛んで行って繋がっていくのかわからない、このブログで
皆さんへもご協力をお願いして、ご一緒にクラウディ捜しを続けて行こうと思います?!

クラウディ資料その2
クラウディ資料その3

これをご覧になった皆様へ。

☆ぜひ、あちこちに知らせて下さい!

☆白いモジャモジャ犬の情報が流れてきたら、ぜひお知らせ下さい!

☆今現在、成長過程にありますので、写真よりさらに成長したクラウディになっていることと思われます。


雪下ろしの体験させていただく間、
ヘッピリ腰のウズラとずっと一緒に屋根の上にいてくれたのは
このクラウディでした。
ママさんダンプで除雪していた時も
ずっと一緒についてくれてたのは、彼でした。

今度、屋根に上がった時
ふと足元を見て、またクラウディがいたらいいなと思っています。

北海道の皆様も、遠い本州の皆様も、くつきの森の皆様も?!
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-22 22:49 | ニセコより

くつきの森のこれから

僕が、かまくらを作ると雨になる?

「TB」させていただきます。
1月14日(土)、くつきの森についての会合がありました。
私は北海道にいるため、参加はできず、
メールでの連絡で意見&応援させていただきました。

今はスカイプとかメッセンジャーとかあるので
パソコン使ってテレビ電話状態で会議参加ってのはどうかな?
なんて思ってもいましたが、
ま、そこまでしなくても、もう、有能な人たちが大勢集まっているのですから
何も心配する必要はありません?!

私の同期A君が参加してくれたら、ウズラが10人参加したようなもんです?!
(パソコン関連に弱いウズラ、、、)

あっという間に春が来ますね。

春になったら森は大きく動き出すんじゃないかな?

「私がいなくなっても大丈夫なようにしておく」

仕事でも子育てでも、何でも
すべてにおいて言えることだと痛感しています。

みんながそのつもりで日々動いていたら
とっても生きやすくなると思うんですよね〜。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-16 14:18 | くつきの森サポーターの広場

雪国☆ママさんダンプ体験?!

埼玉から来た、スノーダンプ

「TB返し」させていただきます(^^)

スノーダンプ。
北海道では「ママさんダンプ」と言うそうです?!
そう聞いてから、何度もこの名前が目に入ってきてます?!
ママチャリならぬママダンプ。

毎日毎日毎日毎日、とにかく雪雪雪です。

先日、犬ゾリ体験させていただいたニセコ兄様のお家の雪下ろしを体験させていただきました?!

屋根から落とした雪を除く作業とか
屋根に上がって、屋根の雪を落としていく作業とか。

汗だくです!!

ホンマ、エエ運動です。
湯気が立ちます。
でも、途中で脱いだりしません。
メッチャ寒いですからね!マイナスの世界。

屋根から雪が落ちる音も聴きました。
ドサッという音と共に地響きがした感じがしました。

田んぼや畑のおじいさんおばあさんもスゴイと思いますが
雪おろしをしているおじいさんおばあさんもスゴイ!!

鳥のクセに高い所が苦手な怖がりウズラは
屋根の上でモタモタして、うまく力が入りません。

ひー!ママさんダンプじゃないけど、
この辺では奥さんの仕事だっていうし、
このままでは悔しいな!!

落としていく順番も考えないと自分が危なくなります。
生活も、ある意味命がけ?!

でも、命を意識することなんて
街の暮らしでは少なくなってるのですよね。
街では「ヘンな人に気をつける」とか、また違うものになってきてますし。

自分を大切にして、体を使って、生活していくことを日々続けていく、というのは
ごくごく当たり前のようで変化もないようでありながら
自分の心次第で、とっても楽しいものにできる。

楽しさは、外からの刺激だけでなく、内から生み出す、見出すのが一番~!

雪下ろしだって、おしゃべりして鼻歌歌って、一休みして、またやって、
空見て風見て星見て犬見て(?!)やってたら、楽しいもんです。
(初めての体験だったからか?)

5頭の犬達のうち、一番お兄さんのサンダーは
何でも楽しい遊びに変えちゃうぞ!(今日の先生だ)

甘いものが欲しくなるね~。
d0067691_18273074.jpg
(屋根に上がるのが気に入ったレイニー)→
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-13 18:24 | ニセコより

バックカントリーのバの字も知らぬ入門者?!

前日にTELがあり、
「明日の入門講座は予定通り開かれることになりました」

よかったあ~、ホッ。

朝9時集合でNAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)へ。

私含め、計5名の参加者でした。

「カノマー店長」が講師?!でした。

内容は「ビーコンの使い方実習」に絞られたものでした。

とはいえ、私はスーパー初級者。
「ビーコン」???なんじゃ?そりゃ?・・・の段階なのです。

私はてっきり、雪を掘るショベルが、山ではそういう名前なのか?とか
勝手に想像していたおバカなのですが
要するにこういうものでした(クリックして見てね)。

この操作をしながら、埋めたザックを探してタイムを計るというものでした。

・・・で、それが何?
ウズラなんて、そうなっていくわけですが
do_yogaさんのヨガ体験レッスンでもそうでしたが
体験とか入門は、一つの入口のドアノックに過ぎないわけで
そこからその先、どう入っていくかは、本人次第なわけです。

体験&入門講座レッスンで、やることなんて、ほんのチョビットのことに過ぎません。

でも、やったこと以上に、講師の先生から見えてくるものとか、
広がる興味とか、自分の可能性を想像することとか、知らなかった新たな世界を知るとか、
イロイロあるでしょ?

「あなたは、バックカントリーの友達がいるのに
なぜ、わざわざお金を払って、入門講座などへ参加するのか?」
と帰ってから、聞かれてしまいました。
言われてみれば、自分でも、あ、そうだなあ、なんて思ってしまいました(^^;)

でもでもやっぱり、私は行ってよかったと思うし、思ってるし、
友達とか身内じゃない人から習うっていう緊張感で、きちんと入ってくるものってあると思うし、
モタモタ回り道は、そんなにもよくないことなのかなあ?とちょっとモヤモヤしています。
ま、いいとは言えない気もしてますが。
要するに、私に言って下さった方は
ウズラが何をしたいと思ってるのか、何をしようとしてるのかが見えなくて、
見守るにしても困ってる?!っていう意味の表現だったのかなあ?とか・・・?

そうですね。

だって、ウズラ自身が、今、何に向かっているのかボンヤリしちゃってますからね・・。
何に向かうというより、イロイロ見てみたいっていう段階ですから。

フラフラ~。キョロキョロ~。

心配して下さってるみなさん、ごめんなさいね。
でも、本人はケロッとしてますので、ご心配なく、と言いたいところ?!です。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-12 22:29 | ニセコより

バックカントリー入門?

近くにNAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)という所があります。
何回かお買い物をしたり、お茶したりしに行ってます。
トボトボと数百メートル歩くのですが
一人で屋外を歩くのが今、一番ホッとできる時間です。

木に降り積もった雪が風でフワフワッ〜と飛んで行きます。
道路脇の2メートルほど積もった雪の壁からも風で舞い上がっていたりします。

そんなのを見ながら空も見ながら、
鼻歌気分で歩いているうちにNACに着きます。

今度、11日(水)に
「TECNICAL WORKSHOP バックカントリー入門編」という講座があり
申し込みました?!

でもね、参加申込者がまだほとんどないらしい?!

誰か来ないかなあ?

私のような予備知識もない、スーパー初級者でもOKらしいし
復習というか確認で参加する人もあるらしい。

雪崩について一所懸命なニセコで
バックカントリーにどんどん入って行くニセコで
この講座が流れるかもしれないってことが
私にはとっても意外だったりします。NAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-09 14:26 | ニセコより

この空の向こうに・・・☆

退職のハードルを下げたもの

TBさせていただきます(^^)
kempachiさんは、旧朝日の森の利用者さん。
湖西マキねっとのメンバーになり、10月初め、定年前退職された翌日にマキ作業にやって来られました?!
朽木用に買った車の納車後、即行で!
10月末、市長さん他との会合にもご参加いただきました!
どんなことも、「仕事が早い」kempachiさんです(^^)

年末に、突然、一気に思いを書き出されました?!
ふむふむ・・・。

典型的な大阪ど真ん中の「都会型中高年」の代表みたいな方です!?

思いを出す、という作業として、ブログはいいのかもね。

みんなイロイロ、生き方の模索をされてるのですね。
年齢は関係ない話です。
若者も若くない若者も、おじさんもおじいさんも、
生き方とかこれからを模索している。

先がわからないっていうのは、誰でも同じこと。

今がうまく行ってても行ってなくても、ね。

そういう意味では誰でもいくらかは不安があるんですよね。
不安がちょっとだけの人と、不安だらけの人、っていう違いくらいかな?
不安が嫌い、耐えられないって人は常に安定を求め「安心」で心を乱さずにキープしようとしますね。
不安が少ない人、不安なんて平気って人、不安の先のゴールを見ていて不安が眼中にない人、不安から気持ちを切り替えることができる人は、前へ前へ次へ上へ、常に動いていきますね。

そういう意味では子どもとか動物は、立派なのです!
不安に捕らわれていたら、ハイハイして立って歩いて、なんてできないからね!
だから私にとって、子ども達や動物達は、しょっちゅう先生になります。

私が保育園でいくら「先生」と呼ばれたって
ホントの先生はチビッコだったりするわけです。
彼らはそんなつもりはサラサラないのだけど。

大人はいろんな体験をしちゃって思い出しちゃうから、余計な心配して身動き取れなくなっちゃうんだ。
自分でやらかしてるのサ。
このからくりみたいなのに気づけたら、
突然、自分の心が解放される。

なんでも、何やっても、全部、大丈夫なんだよ!

みんな愛されているから♪

自分のことを愛してくれる人なんていない、と思っている人、いますか?
そう思ってるなら、自分で自分を愛しちゃえ!
あとは空を見てね!
空を見るっていいよ!
この空もあの森とあの人と繋がっているんだと思うと、嬉しくなるよ!

迷った時、これでいいのかな?って思った時、
私はいつも空を見ます。
すると空のOKサインがあるんだよ。
夕焼けとか星のキラキラ度とか、ステキな雲とか、お月様がものすごい光の傘を出してたこともあった。
「あ、いいんだね!」ってわかるような空を見せてくれたら
きっと、それでいいんだよ!
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-06 12:24 | ステキな人発見!

白一色のペンション街

d0067691_22203163.jpg
(いつもパソコンを開いているショップからの眺め)→
ニセコは毎日雪です。
毎日どんどん積もります。
今、全国的に大雪ですが、ここではこれはフツーらしいです。
日はほとんど差しません。

日焼けはあまりしませんが、
寒くてちょっと歩くとほっぺたが真っ赤になります。
だからネックウォーマーは必需品。
帽子は耳まで深く被り、ネックウォーマーは目の下まで上げて。

車道も全部真っ白ですから、足元もしっかりしないと私なんてちゃんと歩けません。
スニーカーなんて出番ないよ!
雪用のいい長靴をいただいて、完全武装でご機嫌にお散歩しています?!

早朝からあちこちで重機がフル稼働。
雪下ろし&雪払い&雪ハネ?!

ホントは奥さんの仕事だそうです。
父さんは仕事、もしくは出稼ぎで。
私はまだ仕事ではしたことありません。
先日、犬ゾリのお礼(になるのか?)に雪下ろし体験させていただきましたが。

朽木でも、昔、おっちゃんに言われました。
「アンタらは雪が嬉しいか知らんが、生活する者としては、雪は良いとは思わんな」

皆、雪と闘っています・・・。

私は雪での苦労を知らないので闘う気持ちがなくて、
ちょっと悲しい気持ちでいます。

私が雪だったら・・・?

私(雪)が降ってきたのを見た誰かに、
「コイツ~!また来たか!どこへ捨ててやろうか?」って睨みつけられるんですよ!

そんなの悲しいし、辛い・・・。

と言って、雪と闘ってる真っ最中の人達に
闘うなとか、いい悪いってことを言う気はないのですよ。

ただ、たまたま闘う気持ちのない私だけでも
闘ってる最中の人達の分も
雪と仲良くなっておこう~!と思いました。

ちょっとハガキを出しに、とかちょっとお買い物に、と道の脇を歩く時
一人で鼻歌の代わりに「雪さん」に挨拶してみました?!

「雪さん、いつもありがとう~♪」
「雪を司る神々様に感謝申し上げます。雪さん、ありがとうございます~!」

今のところ、実験3回。
スゴイぞ!
雪に挨拶すると、スゴイ降りでも帰りは止んでいる?!
たまたまなのかな・・・?
一応、この前の夏の「傘いらず」の時のことを思い出してるの!

優しい雪さん、ありがとう~(^^)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-05 22:34 | ニセコより

スキー その後談?!

テレマークスキーレッスンを受けてご機嫌でしたが
今働いている仲間は、皆、モーグルとかボードとかで
私のようなテレマークやネイチャー系を、という人はいません。

そんな中、数日後、宿泊客の一人が
「テレマークを受けたスタッフがここにいると聞いたのですが?」
と、話されてビックリ!

私の噂が流れているのだ!?

なんだか「村」みたいだ!

あ~、早く上手になりたいなあ~。
「テレマークが上手いスタッフがいると聞いたのですが?」
って言われた方がいいやんね~!(^^;)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-04 16:20 | ニセコより

森と仲良くなるスキーの秘密☆

私、スキーから離れて10年近く・・・。
カービングスキーが登場したのに手を出さずに終わったというクチなのです?!

浦島花子状態で、スキー場へやってきてしまったウズラなのです。

道具もウエアも皆無で、身一つでやってきてしまいました。

というわけで、まずはウエア他が必要じゃ!

あちこちウロウロ連れられて行く中、一軒のショップ。toyru
ログハウスの作り。パタゴニアがいっぱいだ~!
で、セール品のグローブをゲット。

そのお店の方が、高梨 穣さんという方で、
無知な私は、その人のスゴサなんて全く知らないわけですが
キレイな目をした、目力(めぢから)のある人だなあと思っておりました。
まっすぐ見る目の人。

「あの人はスゴイんだよ」と言われても、「ふ~ん、そ~なんだ~」と、私。

帰ってから、パタゴニアのパンフを見たら
さっきの、あの人が載っていた。
これはパンフとは違うけど、参考に。

この人がどうスゴイか?ということよりも、読んでいて
森とか自然の中へ入っていくテレマークスキーにグイグイ魅かれた。

こんなスゴイ人にちゃんと教わったら、
森ともっともっと仲良しになれるかもしれない?!

そう思ったらTELしてました。

なかなか予定を立てにくい仕事の合間、TELで無理矢理お願いして
翌朝レッスンを受けられることになりました~♪

そして朝、toyruへ。

高梨さんに挨拶したけど、高梨さんは店長さんであり、
今日のレッスンの先生は竜太先生でした?!
だよね・・・あはは(^^;)

ところがこの竜太先生は、ニセコ兄様(これも先に記事にされていた!?)と繋がっていた・・・?!
世間は狭いね。

2時間のレッスン。おもしろかった~!!
はまりました、テレマーク。

本とかで紹介されてるテレのスタイルって、ケッタイやな~と思っていたのですが
実際習うと、あのスタイルは「テレマークです!」っていう主張であるだけだったって感じで。

テレマークって、「自然」に優しいスキーって感じでした。
森と仲良くなれそうなスキー!

今、板&ストックは入手できましたが、ブーツがまだなくて。
ブーツ入手次第、毎日滑らなきゃ!
そこそこでも上手にならないと、景色とか、音とか、風とか、森を楽しめないでしょ?

林間のパウダーを進むテレマークスキー。
レッスンであれだけ気持ちよかったら、
実際入って行ったらどんなにいいだろう!

楽しみだわ~!(^^)

竜太先生ありがとう!
(竜太先生も、高梨さんと似た目の感じ。こういう人達がニセコには多いのかな?)
ここでも先に記事にされてた?!
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-03 19:13 | ニセコより

犬ゾリ体験したよ!~犬で馬を思い出す~

ニセコ犬ぞり体験

TBさせていただきます(^^)

自分で記事にする前にTBされてしまっていたので(!?)
もうご覧になってる方もあるかと思いますが
再びTBして、ご報告~!

リニューアルした看板にも載せましたが
犬ぞり体験してきました~☆

おもしろかった~!!

ニセコ兄様は5頭の犬を飼っておられるのですが
皆、まだ成犬ではありません。只今訓練中?!
そして6頭目ウズラも訓練中?!・・・あ、いえ(^^;)

皆さん、想像して下さい。犬のダッシュに引っ張られて走るんですよ。
さっさとスケーティングしてソリに乗ってしまえばよかったのかもしれないけど
なんか、サボってるのがすぐバレるような気がして
意地でも自力で走ってやるぞ!と思ったものの
すぐ持たなくなって、遅くなり、ただ負荷を掛けちゃっただけのような・・・(^^;)

息が上がろうと足が上がらなく回らなくなろうと
犬達は走りつづけるわけで
この手は絶対離すまい!と、とにかく走りつづけるわけです。

手を離さない!と決めると
どんなに先を走られてもどうにかしてついていけるものなんですね。

昔、モンゴルで騎馬トレッキング行った時に
足が痛くなって、鞍の上でダラッと怠けていたんです。
そしたらある時突然、馬に振り落とされちゃったの!
「もー、イヤッ!降りて!!」って感じで。
怠けて乗ってたのがバレてたんだ。
こっちも何の予測もしてない時に落とされたから
まともにズッシーンと落ちちゃって。
馬に走り寄って、かな~り謝って、仲直りしました。

なんか、あの時のことが頭のどこかにあって
必死に走っていました。
でも、さっさとスケーティングしてもよかったらしい・・・(^^;)あら?

ほとんど高橋Qちゃんの高地トレーニングのような気分でした?!(勝手に)
もっと肺活量アップさせなければ!!

ニセコで[「自然」と深く仲良しになりたければ、
もっと体を作りなさい。って感じでした。

っていうか、仲良くなっていったら体がしっかり作られていくのかな?

ほとんどウズラの肉体改造計画のような状態であります?!

いかに街の暮らしとかデスクワークって
体の使える部分を使わなくしていってるかってことを思い知らされます。

気持ちだけでなく、体とか細胞が喜んでる感じだよ!(^^)

サンダー&レイニー、ありがとう☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2006-01-02 09:24 | ニセコより