あなたもスゴイんです!

昨日12日(土)、国際フォーラム2005「新しい文明を築く」に行ってきました。
メインフォーラムだけに参加したのですが
14時~18時と、4時間もの会でしたが、
全然時間が足りない!と感じてしまう中身の濃いものでした。
(スゴイ出演者数だけ見ても予想通りのもの!)

私にとっては、力をもらえた感じがします。

4つのS
Sustainability(持続可能性)
Systems(システム)
Science(サイエンス~科学~)
Spirituality(スピリチュアリティ~精神性~)


これらをキーワードに話が展開されました。
これって、会社組織でも必要になってくることだなあ、と思ったりしながら・・・。

もちろん、くつきの森でも言えるというか、フツーに当てはまるわけで。

そして、これは話で終わらせないこと。
一つでも行動に移すこと。
日本にはまだ古くからの精神性の伝統、直観が残っていることに世界は未来への希望を見出していること=日本が真のリーダーお手本になり得ること。
自分が自分の力で生きているのと同時に
宇宙、地球のシステムの中で生かされている。
この感覚をどう取り戻すのか?
そのためには科学も必要。
自分がイメージする「ステキ」に向かって動き出すこと。
自分に与えられた目の前のことにキッチリと取り組むことは
じつは地球の未来に大きく関わっているのだということ。
今を誠実に今をどう生きるか。
すべては選択、決断、決定。個人、個の責任。
本当に尽くしていれば、結果は出るという真実。

A4サイズの紙のメモ書きは2枚両面でも足りないほどでした。

あと一つ、確信したのは
「批判、不満」に発展はないということ。

ゴルバチョフさんがおっしゃってました。
「ゴマンとこういうフォーラム&会議は開催され話してきたが
何も変わっていない。」

ゴマンと話して、何も変わらないのは
ちゃんと伝わっていないのではないでしょうか?
ホントだ、そうだな、私も何か、と立ち上がる、動き出すまで伝わらないまま次の場で行ってしまっていませんか?

ゴマン話して空しく感じるよりも、一つ、一人でも実行へ移す人を探し出すことの方が
その働きの意味が格段に大きくなるのでは・・・?

そう考えると
「一人」の影響力はあなどれない。

「一人」の力は決してちっぽけではないのです!

ここで繋がってる皆さんも一人一人でありながら
スゴイ一人一人の集まりであり、決してちっぽけな力だなんて思えませんから
この場でも、このフォーラムの話はすべて当てはまり
この私たちの意識が
必ず誰かに何か影響を与えるのだと思うと
発信する者としての意識の大切さをまたまた感じました。

森も、森からどんどん「ステキ」を発していってほしいよね~☆
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-13 09:27 | ステキな人発見!
<< 木の香りと火の匂い ~マキ割り... 森の一番の友達を紹介します♪ >>