情報に振り回されたくないね~☆

d0067691_12112821.jpg
平和を考える日なのに

「TB」させていただきます。

TVでは、あんまりちゃんと考える空気がありませんでしたね。
脆いマンションの話と事件ばかりがメインになって時間が過ぎていきました。
ジョンレノンもパールハーバーも
その取り上げ方の薄っぺらさにガッカリでした。

私は超テレビッ子でした。

小さい時からテレビが消えているのは耐えられない依存症のような状態でした。

大学生になり、森へ行くようになると
森にはテレビがありませんでした。

当時の「朝日の森」は、朝日新聞社が所有していた森だったのですが
新聞社でありながら
「森で過ごす間くらいは、一切の情報から離れて、思い切り森を満喫しよう」
と、テレビも新聞もラジオも置かずにいました。
っていうか、見てるヒマはありませんし。

ここで私は生まれて初めて「テレビがなくても生きていける」という体験をします。
(なんて次元の低いこと?!)

そしてだんだんと、テレビの情報は「ある一つの情報」でしかないのだ、ということに気づくようになりました。(なんて次元の・・・?!)

テレビは影響力が強いよね。
受身の人間にはとってもイイもんです。
そして批判好きな人には批判するネタが豊富なわけで。

テレビ好きな父と批判好きな母と一緒に食卓を囲むと
え~い!テレビなんてぶっ壊れてしまえ~!!
と思ったりすることもあります(^^;)

それでかな?最近映りがビミョーにおかしいぞ。

森にいるとね
受身でいるには限界が出てくるんですよね。

キャッチするっていうのは一見受けているようで
キャッチするためのアンテナ張ることは受身とは違うのだからね。

皆さんの中でも、あちこちの山や公園へ行って写真を撮ってる方だって
受身じゃできないことなんですもんね。

出してばっかりもおかしいし、受けてばっかりもヘンなんだなあ。

やっぱバランスだな。循環っていうか・・・。

私がテレビ依存症から脱するには
この森が世間の情報から極端に遮断され
自分の全感覚を人と森へ向けるっていうのが
とっても大きな効果があったようです。

今も携帯が圏外になってしまうこの森が大好きです(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-09 12:11 | ステキな人発見!
<< 窓拭きと次のステージ?! くつきの森も銀世界?! >>