この空の向こうに・・・☆

退職のハードルを下げたもの

TBさせていただきます(^^)
kempachiさんは、旧朝日の森の利用者さん。
湖西マキねっとのメンバーになり、10月初め、定年前退職された翌日にマキ作業にやって来られました?!
朽木用に買った車の納車後、即行で!
10月末、市長さん他との会合にもご参加いただきました!
どんなことも、「仕事が早い」kempachiさんです(^^)

年末に、突然、一気に思いを書き出されました?!
ふむふむ・・・。

典型的な大阪ど真ん中の「都会型中高年」の代表みたいな方です!?

思いを出す、という作業として、ブログはいいのかもね。

みんなイロイロ、生き方の模索をされてるのですね。
年齢は関係ない話です。
若者も若くない若者も、おじさんもおじいさんも、
生き方とかこれからを模索している。

先がわからないっていうのは、誰でも同じこと。

今がうまく行ってても行ってなくても、ね。

そういう意味では誰でもいくらかは不安があるんですよね。
不安がちょっとだけの人と、不安だらけの人、っていう違いくらいかな?
不安が嫌い、耐えられないって人は常に安定を求め「安心」で心を乱さずにキープしようとしますね。
不安が少ない人、不安なんて平気って人、不安の先のゴールを見ていて不安が眼中にない人、不安から気持ちを切り替えることができる人は、前へ前へ次へ上へ、常に動いていきますね。

そういう意味では子どもとか動物は、立派なのです!
不安に捕らわれていたら、ハイハイして立って歩いて、なんてできないからね!
だから私にとって、子ども達や動物達は、しょっちゅう先生になります。

私が保育園でいくら「先生」と呼ばれたって
ホントの先生はチビッコだったりするわけです。
彼らはそんなつもりはサラサラないのだけど。

大人はいろんな体験をしちゃって思い出しちゃうから、余計な心配して身動き取れなくなっちゃうんだ。
自分でやらかしてるのサ。
このからくりみたいなのに気づけたら、
突然、自分の心が解放される。

なんでも、何やっても、全部、大丈夫なんだよ!

みんな愛されているから♪

自分のことを愛してくれる人なんていない、と思っている人、いますか?
そう思ってるなら、自分で自分を愛しちゃえ!
あとは空を見てね!
空を見るっていいよ!
この空もあの森とあの人と繋がっているんだと思うと、嬉しくなるよ!

迷った時、これでいいのかな?って思った時、
私はいつも空を見ます。
すると空のOKサインがあるんだよ。
夕焼けとか星のキラキラ度とか、ステキな雲とか、お月様がものすごい光の傘を出してたこともあった。
「あ、いいんだね!」ってわかるような空を見せてくれたら
きっと、それでいいんだよ!
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-06 12:24 | ステキな人発見!
<< バックカントリー入門? 白一色のペンション街 >>