バックカントリーのバの字も知らぬ入門者?!

前日にTELがあり、
「明日の入門講座は予定通り開かれることになりました」

よかったあ~、ホッ。

朝9時集合でNAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)へ。

私含め、計5名の参加者でした。

「カノマー店長」が講師?!でした。

内容は「ビーコンの使い方実習」に絞られたものでした。

とはいえ、私はスーパー初級者。
「ビーコン」???なんじゃ?そりゃ?・・・の段階なのです。

私はてっきり、雪を掘るショベルが、山ではそういう名前なのか?とか
勝手に想像していたおバカなのですが
要するにこういうものでした(クリックして見てね)。

この操作をしながら、埋めたザックを探してタイムを計るというものでした。

・・・で、それが何?
ウズラなんて、そうなっていくわけですが
do_yogaさんのヨガ体験レッスンでもそうでしたが
体験とか入門は、一つの入口のドアノックに過ぎないわけで
そこからその先、どう入っていくかは、本人次第なわけです。

体験&入門講座レッスンで、やることなんて、ほんのチョビットのことに過ぎません。

でも、やったこと以上に、講師の先生から見えてくるものとか、
広がる興味とか、自分の可能性を想像することとか、知らなかった新たな世界を知るとか、
イロイロあるでしょ?

「あなたは、バックカントリーの友達がいるのに
なぜ、わざわざお金を払って、入門講座などへ参加するのか?」
と帰ってから、聞かれてしまいました。
言われてみれば、自分でも、あ、そうだなあ、なんて思ってしまいました(^^;)

でもでもやっぱり、私は行ってよかったと思うし、思ってるし、
友達とか身内じゃない人から習うっていう緊張感で、きちんと入ってくるものってあると思うし、
モタモタ回り道は、そんなにもよくないことなのかなあ?とちょっとモヤモヤしています。
ま、いいとは言えない気もしてますが。
要するに、私に言って下さった方は
ウズラが何をしたいと思ってるのか、何をしようとしてるのかが見えなくて、
見守るにしても困ってる?!っていう意味の表現だったのかなあ?とか・・・?

そうですね。

だって、ウズラ自身が、今、何に向かっているのかボンヤリしちゃってますからね・・。
何に向かうというより、イロイロ見てみたいっていう段階ですから。

フラフラ~。キョロキョロ~。

心配して下さってるみなさん、ごめんなさいね。
でも、本人はケロッとしてますので、ご心配なく、と言いたいところ?!です。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-12 22:29 | ニセコより
<< 雪国☆ママさんダンプ体験?! バックカントリー入門? >>