来た時よりも美しく・・・☆

今働いている宿では、毎日、朝食を作ったり、各部屋の掃除やベッドメイクしたり、と
いろんな仕事をしているのですが
外国からのお客さんがとても多いんです。

ニセコ全体が特にオーストラリアからの観光客が多くて
ここはいったいどこの国なんだ?って感じの街となっています。

私の英語は中学生程度。
「さんまのからくりTV」のファニエストイングリッシュのコーナーのような
「気持ちで喋る!?」タイプでしかない私は
毎日必死で気持ちで喋っています?!(オイオイ・・・)

お部屋の掃除をしていて思うのですが
外国人の使った部屋って、とっても汚い!ことが、とても多い!
ちょっとビックリしてしまいます。

今、私、日本人でよかった~って思うことがよくあります。

たぶん、お金払ってるんだから、ってのがあると思うのですが
日本は宿の仲居さんがきちんとしてくれるしてくれないに関わらず
きちんとたたむとか、揃えておくとか、そういうクセがちゃんとついてるでしょ?

日本人って、ホント、キチンとしてるんだなあって感じます。

ま、こういうのはどれも武家社会の文化の名残なのかもしれませんが。

くつきの森の前身、旧朝日の森では、
すべての利用者さんにお伝えしていたことの一つに
「来た時よりも美しく」がありました。

お部屋も、いろんな道具も、ここへ来られたみんなが使うものです。
お部屋に入ったら、どこにどんなものがあるか、どんな状態になってるか
よ~く見てみて下さいね。
最後帰る日には、みんなで掃除して、
今よりも、ちょっとだけでいいです。今よりもちょっとだけキレイにして帰って下さい。
「来た時よりも美しく」です。
そうすると
人が来れば来るほど、美しくなっていく!?というわけです(^^)


まだどこにもこんな施設がなかった時代。
お金を払いつつ、ホテル業ではなく
キャンプの基本「自分のことは自分でする」を理解してもらうまで
スタート当初、クマさんは大変だったようですよ。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-29 10:50
<< ニセコの雪と朽木の雪☆ アンヌプリ大好き~! >>