カテゴリ:くつきの森サポーターの広場( 6 )

くつきの森のこれから

僕が、かまくらを作ると雨になる?

「TB」させていただきます。
1月14日(土)、くつきの森についての会合がありました。
私は北海道にいるため、参加はできず、
メールでの連絡で意見&応援させていただきました。

今はスカイプとかメッセンジャーとかあるので
パソコン使ってテレビ電話状態で会議参加ってのはどうかな?
なんて思ってもいましたが、
ま、そこまでしなくても、もう、有能な人たちが大勢集まっているのですから
何も心配する必要はありません?!

私の同期A君が参加してくれたら、ウズラが10人参加したようなもんです?!
(パソコン関連に弱いウズラ、、、)

あっという間に春が来ますね。

春になったら森は大きく動き出すんじゃないかな?

「私がいなくなっても大丈夫なようにしておく」

仕事でも子育てでも、何でも
すべてにおいて言えることだと痛感しています。

みんながそのつもりで日々動いていたら
とっても生きやすくなると思うんですよね〜。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-16 14:18 | くつきの森サポーターの広場

うずらのたまごを割る力

杣郷とくつきの森

「TB」させていただきます。

森とすっかりご無沙汰している今日この頃。

遠く離れていても、「森さん」とは繋がってる気分ではいますが。

いろんな人が出入りしてるようで、一安心ではあるけれど
やっぱりまだまだ小さすぎて、どうしたものかなあ~と思ってしまう。

焦ってはいけない。
でも、のんびりとしてもいられない。

「森さん」も生き物で生ものなんですけどねえ!

ここ最近、急に向学心が湧いてきています?!(このあたしが?!)
森の植生のこととか、ちっとも興味のなかった私。
チビッ子との遊びも、ホンマの遊びなだけで知識欲はゼロの子でした。
今、初めてかも。ちゃんと知りたいと思えてきたこと。

ひよこってね、
タマゴから孵る(かえる)時、中から自分でつついて割って生まれてくるでしょ?
あれをね
外から割るのを手伝ってあげると、死んじゃうって話を聞きました?!
自分で割って出てこないとダメなんだって。

私はウズラなものですから
この話を聞いて、ふむ!と考えました。

私はすぐに
「誰か割るの、手伝ってよ~!ピーピーッ」って言うタイプ。

いくらピーピー鳴いても、
手を出さず、見守ってくれる大人な人が周りに存在してくれることは
とっても幸せなことだと思います。

私なんて、鳴き声聴いたらすぐ手を出しに行くタイプだからさ。

たまごは自分で割らなきゃね。

お勉強になるwood_lotさんのブログ
これまたお勉強になる田中淳夫さんのブログ
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-05 12:08 | くつきの森サポーターの広場

いろんな人に来てほしい☆

シニアの野外活動

今日は益田さんの記事を「TB」させていただきます。

くつきの森へいろんな方を連れて来て下さってます(^^)

それにしても、
最近、ハイキングとかって
すっかり中高年のものってイメージが定着しちゃってるような気がするのは
私だけでしょうか?

森へ向かう電車やバスでも
いつもほとんどの人が「中高年」層で圧倒されます(^^;)

もちろん、中高年のパワーってのは
それはそれはスゴイエネルギーで
どんどん活躍していただきたいところ!
そして、ぜひ、マナーとかモラルとか森を大切に思う心を
丁寧にお伝えしたい方々であります。

私、益田さんへ提案してみようかと思ってるんですけど
これからの季節、雪が積もっていなければ、ですが
落葉の森は見通しがいいし、
ハイキング道の整備には、ちょうどいいんじゃないかしら?
と思いついたのですが、どうなんでしょう?

夏なんて、木々が茂って、うっそうとして
あまり使われてない細い道を歩くと
クモの巣バリバリの中、歩くだけでも一苦労。

閉鎖されてだいぶ経ってしまったので
細い道は消えかけていると思いますし
大勢でただ歩いていただくだけでも、道がつけられるでしょ?

ワイワイ歩くだけで、道の整備になっちゃうなんてラクチンじゃん?(^^)

道具のいらない森の整備作業~☆

子ども~大人まで、誰にでもできるじゃん!ステキッ!!

楽しくやろうよ~(^^)/

益田さんは、シニアだけでなく
子ども達も自然の中へ積極的に連れて行って下さってます。見てみてね。
この森の整備がまだまだできていなくても
益田さんになら、心配なく子どもを預けられる気がします(^^)

何をするにも、安全面が何より大切。
旧「朝日の森」では、20年以上の間、様々なプログラムを試みましたが
ほとんどと言ってしまっていいほど
大きな事故を起こさずにやってきました。
細心の注意をはらいながら、学生だった私達に思い切り活動させて下さった旧スタッフには今更ながら大感謝です。

益田さんはこの森で私とは別の団体で
様々な障害を持つ子ども達やその家族のキャンプも
主催してこられた方です。
今週末は、その仲間達で集まって
これからのこと、考えて下さるようなことを聞きました。

さあさあ!
またこれから、新たな心強いサポーターが増えそうな予感がするぞ~☆

森の今とこれからについて思いを馳せてくれる人
まだまだ募集中です~!!
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-18 11:51 | くつきの森サポーターの広場

森の未来は明るいぞ☆

8日(土)、ナイスのワークキャンプ inくつきの森に一日だけ、参加してきました(^^)
メンバーは13名!!

雨の一日。
この日は財)森林文化協会の日帰りハイキングも同日開催だったので
こちらのハイキングにナイスチームも同行して、森を散策。
一歩後ろで、ゴンちゃん先生のレクチャーを受けながら進みました。

皆、いろんな地域でワークキャンプに参加してきてる人達だけあって
歩きながらもいろんな質問されました。

この森の状況。炭焼き&炭焼き釜についての質問。
植生のこと。杉林の状態。荒地の整備は?・・・

第一回のキャンプということで
ここがどんな所、どんな状況で
ナイスとして、何ができるのか?どんなふうに関われるのか?

目的意識を持ってやって来てる人は、
それに沿った質問をしてこられます。

頼もしい限りじゃわい(^^)v

日帰りハイキングを終えた財)森林文化協会のスタッフ海老沢さんから
この森についての説明を受け、
ハイキングに協力されてた麻生里山センターの皆さんと一緒に自己紹介をしてみたら
滋賀県在住の参加メンバーが意外に多く、
(高島市民もいた?!)
第一回目で立ち上げたばかりのワークキャンプだということも
参加意欲が湧く一つでもあるようで
手探りの状態からでもやって行こう~!という気持ちが
とってもとっても嬉しかったです(^^)

若さと、他での経験と、継続するタフさ。

森にやってきてくれた新たな頼もしい仲間、登場~☆であります。

一緒に何かをやる(ワーク)ことでみんな仲間になれます。
一緒に何かをやるには、目的を一つに共通認識することで進み方が変わってきます。

一緒にいたから仲間ってことじゃなく
同じものや同じ方向を一緒に見てる人が仲間というべきかな?

このブログで繋がってる皆さんも
一緒にいたことなくたって、一緒に応援してる仲間だと思ってますし。

夜はワークショップミーティングでした。
「里山」についての勉強です。
そして、3つのグループに分かれ、
「里山保全推進派」「マンション建設推進派」「地元住民」となり
ディベート形式にして、気づきを検証していくワークショップでした。
私にとっては、新たな気づきもありましたよ。

夜まで残りましたが私はここまで。
今頃は何をやってるんだろうな~?
今日は何か作業もしてたハズ。
これからのこととか、いっぱい考えてくれてるのかな?

ホントに、心から嬉しいのです。

この森や地域のことを考えてくれる人、
この森や地域のために動いてくれる人、
この森とそういう人達をたくさん繋げていったら
糸のような繋がりも、増えれば紐のように綱のようにしっかりしたものになっていく。

私がしたいのは、そういうこと。です。

「自分がいなくなっても大丈夫なようにしていく」っていうのが
どんな職場でも立場でも、人がやるべき「仕事」だと思っています。

ディベートでの話だと思っていたら
現実でも起こっていました。
あついね
ホントになっちゃったのがショック。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-10-09 21:55 | くつきの森サポーターの広場

森で汗を流す心地よさ

くつきの森で、わくわくワーク
「TB」させていただきます(^^)
先日参加した「くつきの森サポーター養成プロジェクト」を主宰された益田さんの
新たな企画が発表されました~☆
自称サポーター&仮称サポーター(?)&デビューサポーター(??)
みなさん、どんどん申し込み&問合せしてみて下さいね。

汗臭く、ドロ臭くても、なぜかニコニコ爽やか気分。

それが森での作業って感じです~。
山で飲む水のおいしいこと!
お風呂に入れた時の幸せ感!!

力仕事に自信のある方はもちろん歓迎ですが
力仕事には無縁の方だって、できる、おもしろい作業もあるもんです。

私だって、およそ重いものを持てなさそうな子ですから。

私達の中にある「おもしろスイッチ」を入れさえすれば
森の中は、ワッハッハ-のお楽しみの宝庫です?!

では、どうぞステキなチャンスを掴んで下さいね。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-07-12 12:10 | くつきの森サポーターの広場

くつきの森サポーターが集まりました

d0067691_74052.jpgくつきの森を考える

25日(土)、私は日帰りで1日目だけでしたが参加させていただきました。
この森で昔活動していた学生ボランティアの組織は2つあって
今回、主宰された益田さんと私とは別々の組織の所属だったのですが
益田さんは大学1回生の春、私と同じボランティア組織へ応募して
応募者多数で、落とされちゃったという苦い過去の思い出があるんだって。

え~?じゃあ、もしかしたら、この人、先輩だったかもしれへんのかあ~。

微妙に見る目が変わったりもします・・・(^^;)

大勢集まりました。
皆それぞれに、この朽木(くつき)という地域とこの森への思いがあって
地元でこの森のことを思ってる方々にもご一緒いただき
それはとっても、あったかい感じのするものでした。

今日この後もワークショップは続けられ、
午後にお開きにはなるけど、これから又新たに何か動き出し始まるのかな?
とも思います。

そこで!
今日からこのブログの中にも
「くつきの森サポーターの広場」を設けることにしました~☆

今回参加された方々からスタートして、今後人数は増える前提で
実際に森で応援したいと思っている人達(自称 くつきの森サポーター)でやり取りできる場を
ここに設けてしまおうと思います。

意見&情報の交換、連絡など、
何にでもご活用下さい。

このブログは
「くつきの森を応援しよう」と思って下さる方は
どんな関わり方でも、みんな繋がっていくってのが基本。
その中で
実際に森でお会いしてこれから実行班としてスタートするかもしれないグループの広場だけ
別に設けてみますね。

何かありましたら、これについてのコメントに書き込んで
お知らせ下さい(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-06-26 07:04 | くつきの森サポーターの広場