カテゴリ:マキ企画(湖西・マキねっと)( 25 )

薪ストーブのある暮らし♪

間近に迫っていますが
こんなワークショップ、ぜひ参加してみられたら?


●『家の木組み見学と薪ストーブのある暮らし体験』ワークショップ

「安曇川流域・森と家づくりの会」では、山の木の伐採から、搬出、製材、加工、木の家の完成までの流れを体験するワークショップを開催します。
今回は家の木組みを見学していただきます。
また、当日は薪ストーブを囲んで木の家の暮らしについても考えます。

◇日時    平成18年2月11日(土)
       午前の部 10時〜12時30分
       午後の部 14時〜16時30分  
◇場所    滋賀郡志賀町小野と北小松
◇内容   ・地震に強い家づくりとは   
       ・木の強度試験見学
       ・薪ストーブ体験
◇募集人員  各部10組(先着順)
◇参加費   無料
◇その他   当日の集合場所は別途お知らせします。
■申込み先  安曇川流域・森と家づくりの会(担当:宮村)
520-0241 大津市今堅田2丁目18-16
             TEL 077-574-3225
             FAX 077-573-2421
             E-mail info@mori-ie.com
※本事業は、滋賀県「木とのふれあい促進事業」および財団法人滋賀県産業支援プラザ「コミュニティビジネス支援モデル事業」の助成を受けています。


info@mori-ie.com


ここのスタッフの中にも
昨年秋、市長とご一緒した会合に参加して下さった方もいらっしゃるんですよ?!

ま、この会だけでなく、
くつきの森へお越しいただければ
薪ストーブファンになっちゃう確率は高いでしょうね〜!

私が今いるロッジでも、薪ストーブがある部屋がありますし
ニセコ兄様宅も、もっちろん薪ストーブですよ!

都会では、近所との絡みもあって難しいかな?

でも、薪ストーブって
人と自然との暮らしの距離をグンと近くしてくれる働きをしてると思います。

他にもグンと近くしてくれる働き者達を探してみよう〜☆
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-02-03 22:18 | マキ企画(湖西・マキねっと)

ニセコの雪と朽木の雪☆

雪、4尺くらいです

「TB」させていただきます。

くつきの森も雪がいっぱいなんですね〜!

写真はいいな♪

私がいるのはヒラフのペンション街。
完全に「街」です。

ニセコという所へ来たけれど
「自然」に近づいたのだか遠くなったのか、、、?
ビミョー。

スキー場だって、まだゲレンデ内での陰練の真っ最中ですし。

上に上がって、一度だけとても晴れていた日があって
羊蹄山が目の前にドンッと見えた時は
富士山を思い出して、嬉しくなりました。

あと、林間や、周りの山の樹々を眺めながら滑る時は
嬉しくなります。
でも、その程度なんだな。

だから仕事がお休みの日はいつもヒラフから離れて、
自分なりにリセットしてきます。

雪下ろしも大変でしょ?
朽木の雪は、とっても重いことが多い気がします。
水分をたっぷり含んだ雪。
そのために数年前、多くの杉が折れてしまって被害に遭い
その杉を処分したくて「マキ企画」を考え始め
前進できずにどうしたものか?と悩んでいた時に
ナラ枯れ被害が発覚し
「湖西マキねっと」が急遽発足したというわけでした。くつきの森/雪下ろしの様子
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-02-01 19:19 | マキ企画(湖西・マキねっと)

くつきの森も銀世界?!

早朝の積雪・・朽木小川と

「TB」させていただきます。

朽木の雪は重いですよね。
ものすごく水分を含んだ雪です。

2003年3月に閉鎖後、2003~2004年にかけて、だったかな?
大雪が降って
しかも、朽木の地域だけ、特別水分を含んだ重い雪が木々の葉について
その重みで、多くの木が折れてしまいました。

杉もボキボキ。
桜だって、ベキベキ。

この雪害を受けた木を切って整備するのは
私達素人にはさせてもらえませんでした。

山仕事のプロでさえ、ものすごく注意が必要だから、と。

ひん曲がっている木を切った時、
その拍子にどっちへ跳ね返ってくるか、
プロでさえ、読み違える時があるんや、と。

人手もない森の中は、あの時の被害のままだったりして
どうにか片付けていきたいと考えていた中で生まれた
「マキ企画」でした。
結局、その片付けよりもナラ枯れ対策が優先になってしまったんですけどね。

さて。
朽木にも雪が来たみたいですね~。
昔は「歩くスキー講習会」というクロカン講習会の宿泊プログラムがあったので
雪が積もると、キャッキャ喜んでいましたが
地元のおっちゃん達には
「お前らは嬉しいかしらんが、住むもんにとっては、雪は良いとは思わんな」
と呟かれました。

そんな声を聴きながらも、雪景色の森。

やっぱりイイんです。

同じ森の四季を見ていくのって、とっても楽しいです。
全然違うので、目がクリクリしちゃいます。

一度も会えないウサギさんの足跡がやたら見つけられて
「ホントにいるんだ!」というリアリティーを感じられるドキドキ感は今も覚えています。

雪遊び、やりたいね~!

大人だって、雪遊び、やりたいよね~!!

あ、そうだ。
今週末は日帰りハイキングだったっけ?
うわー。雪、どうかなあ~?
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-07 11:44 | マキ企画(湖西・マキねっと)

全国の森の整備をジャンジャン進める方法☆

「暖炉」のおはなし

「TB」させていただきます(^^)

今月は森へ行ってなくて、火が恋しいです。
パチパチ言うマキストーブが欲しくて欲しくてたまりません。
(我が家では所有の見通し全くなし!?しょぼん。)

榊さんちの「マーキー」も煙突があって、
スッキリキレイだったなあ。
洗濯物はお二階でカンペキに乾かせてさ。
いいなあ~。

子どもの頃から、焚き火の火、マッチの火、ろうそくの火・・・
好きだったなあ~。
蚊取線香の火もじっと見てたぞ。
なんでだろ?火に引きつけられるのは?

c_o_zさんによると、なんだか思ってた以上にマキストーブって
世の中の役に立つみたいですね。

マキストーブ推進キャンペーンとか言って
市とか県とかでやってくれたらいいのにね。

マキストーブ購入に市がチョビッとだけでも補助してさ、
マキの確保のための情報をストーブ購入者から集約&共有してさ、
今日はあっちの山、明日はこっちの林とかって
市内の未整備のところへ皆でマキの確保がてら、
あっちこっち、少しずつキレイにして行くのだ~!

ね?いいと思いませんか?(^^)

私は「森林ボランティア」とかよりも、マキストーブ愛用者の方が
必要性があって、一所懸命楽しくやってくれるんじゃないか?と思えたりするんですけど。

湖西・マキねっと。来年度~発展させたらいいのにね!
もちろん基地となるのは「くつきの森」なのさ~☆

kondoさんのマキストーブシリーズ(1)
kondoさんのマキストーブシリーズ(2)
kondoさんのマキストーブシリーズ(3)

ね?
みんなも欲しくなってきたのでは?(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-24 11:51 | マキ企画(湖西・マキねっと)

ニコニコ楽しく続くのが一番~☆

榊さん情報を引っ張ってきてばかりですが
森の「今」を感じていただける一番リアルタイムな写真があるので
今日も拝借させていただきます。

榊さんの「デジカメ日記」11月16日を見てね。

「湖西・マキねっと」の今後の予定について
私、きちんとお伝えしていないような気がして
今日は改めてお知らせしておこうと思います。

8~10月までは
このブログからお知らせして
毎回全員保険も掛けさせていただきながら
年会費制にして、メンバーを募っていました。

11月~はどうしよう?という話になり
毎回の保険はこちらから特に掛けることはしないこととして、
各自の自己責任の下、作業を行っていただくようにお願いしています。
いつまで続けるのか?ということについては
雪が降るまでとしています。
それから先も
冬に楽しくできる屋内での作業なんかあったらいいね~、
なんて話しながらいたのですが、どうなっているのかな?

きっと何かは考えておられると思いますよ?!

春が来て、雪がとけたら
また新たな活動が始まるのでしょうね?!

なんやかんやとネタが尽きることのない「マキねっと」。

ニコニコ楽しんで続いていくのが一番です~☆

これからも、マキが必要な方も、マキにこだわらない方も
きっと面白いことが続くと思うので
興味のある方は、くつきの森の管理人ゴンちゃんへ
FAX0740-38-8012にて連絡先を明記して問い合わせてみて下さい。
又は、榊さん(実質、部長ですな)のブログ等へ連絡を取ってみて下さい。

私の願いは
「湖西・マキねっと」が地元を中心に楽しく根付いてくれること☆です(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-17 11:59 | マキ企画(湖西・マキねっと)

火の匂い ~火と仲良くやってきた森~

くつきの森にて

これは先月、榊さんが載せた記事。
TBさせていただきます(^^)
くつきの森の炭焼き窯です。

もともと、この森のエリアは炭焼きの山&ホトラ山として
人々と繋がっていたようです。
検索してヒットした朽木地区のホトラ山見学レポート

燃料革命が起こり、炭焼きの量が減り
ある程度の大きさで炭焼きに切り出されていた木々の出番がなくなり
そのまんま、大きく育ったままになって
今、ナラ枯れ被害に遭っているコナラさん達も
その年輪はだいたい60年前後であり
炭焼きをほどよく続けて取っていたバランスの崩れが
今、一部見えてきているのかも、とも思えたりします。

旧「朝日の森」時代は
キャンプ場として活躍していた場なので
この窯で焼いた炭は
利用者のバーベキュー用の炭として
贅沢に使わせていただいてました。
もちろん、焼き入れとか炭出しなどは
利用者の皆さんと一緒にプログラムとして行ったりして、です。

10月1日(土)はマキ作業と共に焼き芋パーティーをしたのですが
この時の焚き火の火の匂いに
なんとも言えない感激がありました。

この森が閉鎖されて2年半。
森には火の匂いがなかったのです。

この火の匂いを感じた時、
あ~!人がいるって感じがするなあ~!としみじみ感じました(^^)

森の中を煙が流れていき、
火の匂いが広がっていく。

次週のハイキングの下見に回っていたEさんも
焚き火の場に戻ってこられた時
「火のいい匂いがするね~。
火事とは違う匂いなんだよねえ」
と呟かれました。

火事の匂いなんて、私は知らないんだけど。

昔、キャンプの頃は
飯盒炊さんなんてしたら全身煙臭くてね。
シャンプー後使ったタオルとか臭くてね。
あ~あ、なんて思ったけど
今、こんなに、この煙臭さが嬉しいだなんて・・・!

朽木の里山は「火とも仲良くやってきた山」だったのです。

私はぜひ、経験者がお達者なうちに
森の一部で山焼きをやっていただけたらなあ~♪
と思っています(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-16 12:02 | マキ企画(湖西・マキねっと)

木の香りと火の匂い ~マキ割りセラピー~

d0067691_115863.jpg
ただいま~。
大阪はあったかいね~。
東京から帰って大阪に日暮れ時に降り立ったら
寒かったハズが小汗をかいてしまったわ。
寒がりウズラとしてはホッと致しました(^^;)

先月まで私、マキ作業、せっせとしてたでしょ?

マキを割るとですね
木の香りがプ~ンとするんです。
けっこうキツイくらいにね。
よく「森林の香り」とかってシャンプーとか商品がありますけど
いかにもあれのホンモノって感じの香りです。

あの香りに包まれながら体を動かすとですね
ミョーに元気になってくるんですよ!
体のどこに作用してるのか
専門家に教えてもらいたくなっちゃいますけどね。

大阪の人はわかると思いますが
「551のある時~、ない時~」ってCMのように
みるみる元気になっていくのが
自分でもヒシヒシ感じられます。

だからマキねっとのメンバーさんで
毎週のように参加される方や
毎週末、一人でマキ割りされてる方なども同じようなことおっしゃいますが
気持ちよく割れた時の嬉しさももちろんある上に
あのいい香りで癒されているというのも大きく働いていて
これはマキ割りセラピーと名付けてもいいんじゃないか?
と私などは考えたりしています(^^)

あの皆さんのニコニココツコツ働く姿は
まさしくセルフセラピーの世界だと思いました~♪

私はあの香りがとっても元気になれる素だと確信して
ロッジの玄関前のコナラを切った時、
ゴンちゃんのチェーンソーから大量に出た木くずを
袋に詰めて持ち帰りました。

ゴンちゃんに言わせれば
コナラはそんなにいい匂いではない、と言うし
他のメンバーさんもマキストーブ愛用者ですから
私のように木の香りに飢えていないのですよね。
嬉々として袋に詰めている私を見て
ちょっとフシギそうでしたが
私にしてみれば
ハイジがペーターのおばあさんに白パンを持って帰ろうとする気持ちに等しく、
これできっと元気になる!と信じてかき集めていたのでした。

火のお話はまた、今度~?!
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-15 11:58 | マキ企画(湖西・マキねっと)

森の一番の友達を紹介します♪

10月29日(土)に市長他との会合の後、
日付が変わっても話が盛り上がり
寝たのも遅かったのですが
翌朝は早起きすると決めていました。

朝6時に起きて、一人森を歩いてきました(^^)

ずっとずっと会えなかった私の友達に挨拶しに行くと決めてたんです。

花の森というエリアにいるコナラさんです。
d0067691_11222195.jpg

デッカイんです。
一番下の枝の分かれ目辺りに、私の顔が来ます。

いつも森へ入ると
私は花の森のコナラさんに挨拶に行ってました。

たくさんの子ども達と一緒に登りました。
下ではお昼寝もしました。
秋は登る子とどんぐり拾いに燃える子といて
いつもいつも子ども達がウジャウジャしてたような気がします。

2年前かな?
閉鎖された森にお友達家族を連れてここへ来た時、
この花の森で走り去るクマの後ろ姿に出会ってしまいました。

それからは一人で行くのが怖くなって
また、森ではバタバタとお手伝いとかばかりしていて
ずっと行けないでいました。

マキ作業をしていても
ここのコナラさんのことがずっと気になっていました。

早朝に一人で、かなりビビッてたんですが
なんとかたどり着きました。

「よかった、無事だったんだ~」
姿が見えた時はホントに嬉しかった。
ちゃんと葉っぱもつけて立っていました。

「おはよう。私のこと覚えてる?」
思わず聞いてしまいました(^^;)
昔からいつもいつもこのコナラさんには話を聞いてもらってました。

でもすぐショックが来ました。
やっぱりこのコナラさんも他のナラ枯れで死んでいった木と同じ症状が出ていました。
d0067691_11331559.jpg
ガン告知を受けた気分はこんななのかな・・・?

その上、ここ数年誰も来なくなり、木登りする子もいないから
苔むしちゃって、無精ヒゲでも生やしてるみたい。

この症状が出ても全部が死ぬとも限らないんだって。
具合が悪くなりながらも生き続ける木もあるって。

突然すご~く泣けてきて
コナラさんを抱っこして泣き出したら
コナラさんも急に泣き出したんです?!
ビックリして思わず泣き止んだわ。

枝の分かれ目に割れ目があって
昨日の雨のせいか、何なのか
キュ~ジュワジュワジュワ~ッて音をたてて
樹液だか水分だか出てきたんですね(^^;)
ビックリした。

ドングリも拾いたかったのですが
このコナラさんのドングリはどれもすでに他の生き物達に渡っていて
残っていたのはずっと前の虫食いばかり。

持ち帰って発芽したのは
この近くの別の木のもので
ドングリの形も違いました。

「元気でね」
しばらく一緒にいましたが挨拶して行きました。

来年、葉っぱつけるかなあ。
夏を越せるかなあ。
ドングリつけるかなあ。

ほとんど祈りの境地でした。
d0067691_11554985.jpg

[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-10 11:58 | マキ企画(湖西・マキねっと)

マキねっとが新聞で紹介されました☆

すごいでしょ?

それよりももっとスゴイのが
マキねっとのリーダーとなって下さってる朽木小川(くつきこがわ)の榊さん
10月~、朝日新聞の滋賀版
なななんと!1年間の予定
朽木での日々の暮らしについての連載が始まっているのです~?!
しかも毎週ですよ!

スゴイでしょ~?ステキッ!!

っていうか羨ましい~!

その記事をご覧になった方からの書き込みもあったんです。
スゴイね、新聞の力は。

朝日新聞を購読されてる滋賀県民の皆様~。
ぜひ毎週末は榊さんの記事チェックしてみて下さいね。
ネット上でも見れます。これは先日のマキねっとの記事。

私は朝日を取っていない大阪府民なもので・・・(^^;)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-09 11:56 | マキ企画(湖西・マキねっと)

びっくり!どんぐりニュース☆

d0067691_1235937.jpg
10月末の森での会合の翌朝、
森のあちこちを一人お散歩してきた時に
どんぐりを拾って帰りました。

見て見て!
なんと3日後に発芽していたんです~(^^)

朝早く一人歩いていたら
落ちて間もない感じのドングリを何個か見つけて拾い
濡れティッシュでくるんでビニール袋に入れ
カバンに入れて持ち帰りました。
それが30日(日)のこと。

でも帰ってもしばらくカバンもほったらかしで
バタバタと日が過ぎ、
2日(水)の夜になって
「はっ!ドングリほったらかしやん!」と思い出し
包みから出してみました。

数日過ぎたし、腐っちゃってたらどうしよう・・・?

と思いきや、恐るべし、ドングリ!!

なんと3日で発芽してるじゃありませんか?!
しかも3個も!!
たった5個中の3個ですよ!
あとの2個だって明日には出てくるのかも!!

そしてクリ達をあっちゅー間に植木鉢へ植えていった
仕事の速い父が再び登場~。

一瞬で皆一つずつ、植木鉢へ収められました(^^)

植える直前に撮った写真です。

いやあ~、楽しみです~!!
どんな子に育つんだろう?

いつか大きくなったら
マキ作業で倒してしまったコナラおじさん達の近くに
植えに行ってあげたいもんです(^^)

何年先のことになるのやら・・・?

ドングリはね、
木からポトッと落ちて
そこに落ち葉なんかが溜まっていって
程よい湿気がある中で発芽していくんだって。
だから落ちてすぐの、まだ新しくてお尻が黒ずんでいない子を
乾燥させないように持ち帰って
土に埋めて、雨ざらしの自然に近い状態にして
冬を越えさせないと、ダメらしい。
前の焼き芋パーティーの時に教えてもらったの。

で、そういうドングリをちょうど見つけて
前日までの雨で地面も濡れていたところに落ちていて
拾った時も
「お~、こういう湿り気かあ」なんて感じながら持ち帰ったのだけど
こうしてホントに芽が出ると
なんとも嬉しくてたまりません~☆

なんてったって、
くつきの森の子ですもんね!正真正銘。

散々、大きなコナラを倒していたので
特別に嬉しい気持ちです~♪
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-11-08 12:05 | マキ企画(湖西・マキねっと)