カテゴリ:ニセコより( 18 )

捜しています!!ご協力お願いします!!

WANTED MY GOLDEN DOODLE

「TB」させていただきます。
d0067691_2249865.jpg

ご無沙汰しております。

ニセコ兄様の5頭の犬の1頭、クラウディが行方不明になって、10日近くなります。

今はまだ何も情報がありません。

地元&近所は勿論、役場、保健所、警察署、とお願いはしてあるものの
何の手がかり&情報もないまま、時間ばかりが過ぎて行きます。

すぐ近くに温泉施設があり、観光客が連れて帰ってしまった可能性も頭をかすめ、
今いる所で自分のできることの限界を感じながら
どこへどう飛んで行って繋がっていくのかわからない、このブログで
皆さんへもご協力をお願いして、ご一緒にクラウディ捜しを続けて行こうと思います?!

クラウディ資料その2
クラウディ資料その3

これをご覧になった皆様へ。

☆ぜひ、あちこちに知らせて下さい!

☆白いモジャモジャ犬の情報が流れてきたら、ぜひお知らせ下さい!

☆今現在、成長過程にありますので、写真よりさらに成長したクラウディになっていることと思われます。


雪下ろしの体験させていただく間、
ヘッピリ腰のウズラとずっと一緒に屋根の上にいてくれたのは
このクラウディでした。
ママさんダンプで除雪していた時も
ずっと一緒についてくれてたのは、彼でした。

今度、屋根に上がった時
ふと足元を見て、またクラウディがいたらいいなと思っています。

北海道の皆様も、遠い本州の皆様も、くつきの森の皆様も?!
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-22 22:49 | ニセコより

雪国☆ママさんダンプ体験?!

埼玉から来た、スノーダンプ

「TB返し」させていただきます(^^)

スノーダンプ。
北海道では「ママさんダンプ」と言うそうです?!
そう聞いてから、何度もこの名前が目に入ってきてます?!
ママチャリならぬママダンプ。

毎日毎日毎日毎日、とにかく雪雪雪です。

先日、犬ゾリ体験させていただいたニセコ兄様のお家の雪下ろしを体験させていただきました?!

屋根から落とした雪を除く作業とか
屋根に上がって、屋根の雪を落としていく作業とか。

汗だくです!!

ホンマ、エエ運動です。
湯気が立ちます。
でも、途中で脱いだりしません。
メッチャ寒いですからね!マイナスの世界。

屋根から雪が落ちる音も聴きました。
ドサッという音と共に地響きがした感じがしました。

田んぼや畑のおじいさんおばあさんもスゴイと思いますが
雪おろしをしているおじいさんおばあさんもスゴイ!!

鳥のクセに高い所が苦手な怖がりウズラは
屋根の上でモタモタして、うまく力が入りません。

ひー!ママさんダンプじゃないけど、
この辺では奥さんの仕事だっていうし、
このままでは悔しいな!!

落としていく順番も考えないと自分が危なくなります。
生活も、ある意味命がけ?!

でも、命を意識することなんて
街の暮らしでは少なくなってるのですよね。
街では「ヘンな人に気をつける」とか、また違うものになってきてますし。

自分を大切にして、体を使って、生活していくことを日々続けていく、というのは
ごくごく当たり前のようで変化もないようでありながら
自分の心次第で、とっても楽しいものにできる。

楽しさは、外からの刺激だけでなく、内から生み出す、見出すのが一番~!

雪下ろしだって、おしゃべりして鼻歌歌って、一休みして、またやって、
空見て風見て星見て犬見て(?!)やってたら、楽しいもんです。
(初めての体験だったからか?)

5頭の犬達のうち、一番お兄さんのサンダーは
何でも楽しい遊びに変えちゃうぞ!(今日の先生だ)

甘いものが欲しくなるね~。
d0067691_18273074.jpg
(屋根に上がるのが気に入ったレイニー)→
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-13 18:24 | ニセコより

バックカントリーのバの字も知らぬ入門者?!

前日にTELがあり、
「明日の入門講座は予定通り開かれることになりました」

よかったあ~、ホッ。

朝9時集合でNAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)へ。

私含め、計5名の参加者でした。

「カノマー店長」が講師?!でした。

内容は「ビーコンの使い方実習」に絞られたものでした。

とはいえ、私はスーパー初級者。
「ビーコン」???なんじゃ?そりゃ?・・・の段階なのです。

私はてっきり、雪を掘るショベルが、山ではそういう名前なのか?とか
勝手に想像していたおバカなのですが
要するにこういうものでした(クリックして見てね)。

この操作をしながら、埋めたザックを探してタイムを計るというものでした。

・・・で、それが何?
ウズラなんて、そうなっていくわけですが
do_yogaさんのヨガ体験レッスンでもそうでしたが
体験とか入門は、一つの入口のドアノックに過ぎないわけで
そこからその先、どう入っていくかは、本人次第なわけです。

体験&入門講座レッスンで、やることなんて、ほんのチョビットのことに過ぎません。

でも、やったこと以上に、講師の先生から見えてくるものとか、
広がる興味とか、自分の可能性を想像することとか、知らなかった新たな世界を知るとか、
イロイロあるでしょ?

「あなたは、バックカントリーの友達がいるのに
なぜ、わざわざお金を払って、入門講座などへ参加するのか?」
と帰ってから、聞かれてしまいました。
言われてみれば、自分でも、あ、そうだなあ、なんて思ってしまいました(^^;)

でもでもやっぱり、私は行ってよかったと思うし、思ってるし、
友達とか身内じゃない人から習うっていう緊張感で、きちんと入ってくるものってあると思うし、
モタモタ回り道は、そんなにもよくないことなのかなあ?とちょっとモヤモヤしています。
ま、いいとは言えない気もしてますが。
要するに、私に言って下さった方は
ウズラが何をしたいと思ってるのか、何をしようとしてるのかが見えなくて、
見守るにしても困ってる?!っていう意味の表現だったのかなあ?とか・・・?

そうですね。

だって、ウズラ自身が、今、何に向かっているのかボンヤリしちゃってますからね・・。
何に向かうというより、イロイロ見てみたいっていう段階ですから。

フラフラ~。キョロキョロ~。

心配して下さってるみなさん、ごめんなさいね。
でも、本人はケロッとしてますので、ご心配なく、と言いたいところ?!です。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-12 22:29 | ニセコより

バックカントリー入門?

近くにNAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)という所があります。
何回かお買い物をしたり、お茶したりしに行ってます。
トボトボと数百メートル歩くのですが
一人で屋外を歩くのが今、一番ホッとできる時間です。

木に降り積もった雪が風でフワフワッ〜と飛んで行きます。
道路脇の2メートルほど積もった雪の壁からも風で舞い上がっていたりします。

そんなのを見ながら空も見ながら、
鼻歌気分で歩いているうちにNACに着きます。

今度、11日(水)に
「TECNICAL WORKSHOP バックカントリー入門編」という講座があり
申し込みました?!

でもね、参加申込者がまだほとんどないらしい?!

誰か来ないかなあ?

私のような予備知識もない、スーパー初級者でもOKらしいし
復習というか確認で参加する人もあるらしい。

雪崩について一所懸命なニセコで
バックカントリーにどんどん入って行くニセコで
この講座が流れるかもしれないってことが
私にはとっても意外だったりします。NAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-09 14:26 | ニセコより

白一色のペンション街

d0067691_22203163.jpg
(いつもパソコンを開いているショップからの眺め)→
ニセコは毎日雪です。
毎日どんどん積もります。
今、全国的に大雪ですが、ここではこれはフツーらしいです。
日はほとんど差しません。

日焼けはあまりしませんが、
寒くてちょっと歩くとほっぺたが真っ赤になります。
だからネックウォーマーは必需品。
帽子は耳まで深く被り、ネックウォーマーは目の下まで上げて。

車道も全部真っ白ですから、足元もしっかりしないと私なんてちゃんと歩けません。
スニーカーなんて出番ないよ!
雪用のいい長靴をいただいて、完全武装でご機嫌にお散歩しています?!

早朝からあちこちで重機がフル稼働。
雪下ろし&雪払い&雪ハネ?!

ホントは奥さんの仕事だそうです。
父さんは仕事、もしくは出稼ぎで。
私はまだ仕事ではしたことありません。
先日、犬ゾリのお礼(になるのか?)に雪下ろし体験させていただきましたが。

朽木でも、昔、おっちゃんに言われました。
「アンタらは雪が嬉しいか知らんが、生活する者としては、雪は良いとは思わんな」

皆、雪と闘っています・・・。

私は雪での苦労を知らないので闘う気持ちがなくて、
ちょっと悲しい気持ちでいます。

私が雪だったら・・・?

私(雪)が降ってきたのを見た誰かに、
「コイツ~!また来たか!どこへ捨ててやろうか?」って睨みつけられるんですよ!

そんなの悲しいし、辛い・・・。

と言って、雪と闘ってる真っ最中の人達に
闘うなとか、いい悪いってことを言う気はないのですよ。

ただ、たまたま闘う気持ちのない私だけでも
闘ってる最中の人達の分も
雪と仲良くなっておこう~!と思いました。

ちょっとハガキを出しに、とかちょっとお買い物に、と道の脇を歩く時
一人で鼻歌の代わりに「雪さん」に挨拶してみました?!

「雪さん、いつもありがとう~♪」
「雪を司る神々様に感謝申し上げます。雪さん、ありがとうございます~!」

今のところ、実験3回。
スゴイぞ!
雪に挨拶すると、スゴイ降りでも帰りは止んでいる?!
たまたまなのかな・・・?
一応、この前の夏の「傘いらず」の時のことを思い出してるの!

優しい雪さん、ありがとう~(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-05 22:34 | ニセコより

スキー その後談?!

テレマークスキーレッスンを受けてご機嫌でしたが
今働いている仲間は、皆、モーグルとかボードとかで
私のようなテレマークやネイチャー系を、という人はいません。

そんな中、数日後、宿泊客の一人が
「テレマークを受けたスタッフがここにいると聞いたのですが?」
と、話されてビックリ!

私の噂が流れているのだ!?

なんだか「村」みたいだ!

あ~、早く上手になりたいなあ~。
「テレマークが上手いスタッフがいると聞いたのですが?」
って言われた方がいいやんね~!(^^;)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-04 16:20 | ニセコより

森と仲良くなるスキーの秘密☆

私、スキーから離れて10年近く・・・。
カービングスキーが登場したのに手を出さずに終わったというクチなのです?!

浦島花子状態で、スキー場へやってきてしまったウズラなのです。

道具もウエアも皆無で、身一つでやってきてしまいました。

というわけで、まずはウエア他が必要じゃ!

あちこちウロウロ連れられて行く中、一軒のショップ。toyru
ログハウスの作り。パタゴニアがいっぱいだ~!
で、セール品のグローブをゲット。

そのお店の方が、高梨 穣さんという方で、
無知な私は、その人のスゴサなんて全く知らないわけですが
キレイな目をした、目力(めぢから)のある人だなあと思っておりました。
まっすぐ見る目の人。

「あの人はスゴイんだよ」と言われても、「ふ~ん、そ~なんだ~」と、私。

帰ってから、パタゴニアのパンフを見たら
さっきの、あの人が載っていた。
これはパンフとは違うけど、参考に。

この人がどうスゴイか?ということよりも、読んでいて
森とか自然の中へ入っていくテレマークスキーにグイグイ魅かれた。

こんなスゴイ人にちゃんと教わったら、
森ともっともっと仲良しになれるかもしれない?!

そう思ったらTELしてました。

なかなか予定を立てにくい仕事の合間、TELで無理矢理お願いして
翌朝レッスンを受けられることになりました~♪

そして朝、toyruへ。

高梨さんに挨拶したけど、高梨さんは店長さんであり、
今日のレッスンの先生は竜太先生でした?!
だよね・・・あはは(^^;)

ところがこの竜太先生は、ニセコ兄様(これも先に記事にされていた!?)と繋がっていた・・・?!
世間は狭いね。

2時間のレッスン。おもしろかった~!!
はまりました、テレマーク。

本とかで紹介されてるテレのスタイルって、ケッタイやな~と思っていたのですが
実際習うと、あのスタイルは「テレマークです!」っていう主張であるだけだったって感じで。

テレマークって、「自然」に優しいスキーって感じでした。
森と仲良くなれそうなスキー!

今、板&ストックは入手できましたが、ブーツがまだなくて。
ブーツ入手次第、毎日滑らなきゃ!
そこそこでも上手にならないと、景色とか、音とか、風とか、森を楽しめないでしょ?

林間のパウダーを進むテレマークスキー。
レッスンであれだけ気持ちよかったら、
実際入って行ったらどんなにいいだろう!

楽しみだわ~!(^^)

竜太先生ありがとう!
(竜太先生も、高梨さんと似た目の感じ。こういう人達がニセコには多いのかな?)
ここでも先に記事にされてた?!
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-03 19:13 | ニセコより

犬ゾリ体験したよ!~犬で馬を思い出す~

ニセコ犬ぞり体験

TBさせていただきます(^^)

自分で記事にする前にTBされてしまっていたので(!?)
もうご覧になってる方もあるかと思いますが
再びTBして、ご報告~!

リニューアルした看板にも載せましたが
犬ぞり体験してきました~☆

おもしろかった~!!

ニセコ兄様は5頭の犬を飼っておられるのですが
皆、まだ成犬ではありません。只今訓練中?!
そして6頭目ウズラも訓練中?!・・・あ、いえ(^^;)

皆さん、想像して下さい。犬のダッシュに引っ張られて走るんですよ。
さっさとスケーティングしてソリに乗ってしまえばよかったのかもしれないけど
なんか、サボってるのがすぐバレるような気がして
意地でも自力で走ってやるぞ!と思ったものの
すぐ持たなくなって、遅くなり、ただ負荷を掛けちゃっただけのような・・・(^^;)

息が上がろうと足が上がらなく回らなくなろうと
犬達は走りつづけるわけで
この手は絶対離すまい!と、とにかく走りつづけるわけです。

手を離さない!と決めると
どんなに先を走られてもどうにかしてついていけるものなんですね。

昔、モンゴルで騎馬トレッキング行った時に
足が痛くなって、鞍の上でダラッと怠けていたんです。
そしたらある時突然、馬に振り落とされちゃったの!
「もー、イヤッ!降りて!!」って感じで。
怠けて乗ってたのがバレてたんだ。
こっちも何の予測もしてない時に落とされたから
まともにズッシーンと落ちちゃって。
馬に走り寄って、かな~り謝って、仲直りしました。

なんか、あの時のことが頭のどこかにあって
必死に走っていました。
でも、さっさとスケーティングしてもよかったらしい・・・(^^;)あら?

ほとんど高橋Qちゃんの高地トレーニングのような気分でした?!(勝手に)
もっと肺活量アップさせなければ!!

ニセコで[「自然」と深く仲良しになりたければ、
もっと体を作りなさい。って感じでした。

っていうか、仲良くなっていったら体がしっかり作られていくのかな?

ほとんどウズラの肉体改造計画のような状態であります?!

いかに街の暮らしとかデスクワークって
体の使える部分を使わなくしていってるかってことを思い知らされます。

気持ちだけでなく、体とか細胞が喜んでる感じだよ!(^^)

サンダー&レイニー、ありがとう☆
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-02 09:24 | ニセコより