<   2005年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今月もかなり繋がっちゃいました~☆

d0067691_8515898.jpg
(コナラの実どんぐりの赤ちゃん)→
ちょっと間があいたりしながらも
今月もこんなにたくさんステキな方が
新たに登場して下さいました(^^)

毎度のことながら、
みなさん、この森を応援して下さる方だと思い込んで
リンク貼らせていただきます~☆

doyogaさん
tokaさん
c_o_zさん
suzu_photoさん
rera-pilikaさん
クライシさん
TBのみ登場の「土佐~ミニ見に~紀行」さん
中川さん
mugi-hanaさん
shin_kondoさん
yasusan-36さん
chio-ringoさん

エキサイト以外のブログのみなさんはこちら。

「リゾートカフェ哲学の道」むらかみさん
「山で遊ぼ」のやまゆきさん
ナイス岸田ほたるちゃん
「薪く炭くKYOTO」の沢口さんと松田さん
「西やんのNPO奮闘記」の西田政雄さん

コメント下さった りんごっこさん。

すごい!?心強いですね~。

これからもどうぞ森の応援よろしくお願い致します~☆
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-30 00:57 | 応援日記

さらに ナラ枯れ対策☆

8月末~スタートしたマキ作業、
一応、10月末までのスケジュールを立て、
倒しては玉切り、倒しては玉きり&薪割り・・・と頑張っていただいてる中盤に入り
またまた、とても親切なレポートを発見しました。

ナラ枯れの状況と対策&その後まで!

このビニールを利用したりする方法、
今度行った時に一つでも試してみること、できるかな?
マキマキチーム(ムキムキじゃないです)のゴンちゃん先生&榊先輩に相談だあ~☆

やっぱり、ホントに全滅しちゃうのかな・・・?大きいコナラさん達は(;-;)

それでも、そういう変化があっても
森は森として生きていくんだなあ。たくましい。

一々、一喜一憂する私達って
ちっちゃなヤツですな・・・(^^;)

先日、薪く炭くKYOTOのSawaguchiさんから
あちらの「薪ネット」の活動レポートをお知らせいただきました。

2004年の3月に、
もうすでにこの森で薪作業をしておられたのでした。
(当時はナラ枯れの問題はまだ発覚してませんでしたが)
「薪ネット」さんの活動報告
そしてさらに、
このメンバーの一人は
昔、私が所属したボランティア組織の後輩クンなのでした・・・。
(ここでやっと合致するなんて、情けない・・・)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-27 12:09 | マキ企画(湖西・マキねっと)

焼き芋 大反響?!

10月1日(土)のマキ作業は
焼き芋パーティーの告知をしたので
問い合わせも多く、
この日のブログ訪問者数は飛び抜けて至上最多?!

さすが、食べ物って強いんですね・・・(^^;)

ここで改めて参加方法を。
8月27日付の「ちゃんと告知」
ここにある通りに、今週金曜日までにFAX申し込みして下さいね。

今回は作業は朝9時~ソコソコに、
お昼のランチタイムの頃~、焼き芋他イロイロ焼きをやってみよう!
という企みです(^^)

こんな企画ですし、週末ということもあり
今回はお子様連れでも歓迎ムードです?!

あ、でも、面倒を見る人はいませんから
保護者の皆さんが責任持っていただくよう、お願いします。

最近、焚き火なんてお家でもなかなかできませんし
焚き火で焼き芋焼くなんて、みんなやったことあるのかなあ?

マキ作業での大木を倒すのなんて
大人でもなかなか見れるものではありませんし
どちらも一度はどうぞ、というオススメものです☆

ワイワイできたらいいですよね~(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-26 12:09 | 森イベント情報(参加者募集中)

自然な力

d0067691_828336.jpg
台風の風がサーッと抜けます。
時々ビューッていいます。

のんびり過ごしています。

結局この夏はずーっとケアリイ・レイシェルを聴きっぱなしでした。

ヘタクソなお料理、片付けお掃除、お茶を飲んでも、お絵かきしても
お昼寝しても、ずっと流してました。

Def Techも買ったのに、ほとんど出番なし。
ケアリイさん圧勝。

d0067691_8282791.jpg
マウイ島。何年も前にまだ一度しか行ってないけど、ステキな所でした。

今年のような暑い夏でも、彼の歌声を聴くとあの風が吹いてくるような感じがしました。

力みがないのが心地いいんだろうな~。

さてと。

今日は一日ボケーッと過ごします(^^)

もともと、かなりボケーッとしていて
森へ行こう~!なんて旗を振るようなガラではないので
今日のような日はホッとします。

エイヤッと行かないと、森に着かない。

まだまだ近くはないのだな、と思います。

ま、遠くからでも行けなくなっても応援できるように、と
このブログを始めたんですけどね。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-24 12:20 | 応援日記

森林ジャーナリスト・・・?

「立木価格」=0
「TB」させていただきます。
あ~!田中淳夫さんって、以前お名刺交換させていただいた人です。

くつきの森の前身「朝日の森」が閉鎖され、
どうにかならないものかと尋ね歩いていた時期、
滋賀県内での田中氏の講演会に誘われて参加しました。
お話を聴いた後、そのことを相談しにご挨拶すると
「ああ、朝日の森は知ってますよ。
動物とか虫とか何だったか変わった名前のスタッフがいたりしてね(^^;)
素晴らしい所でしたね。もったいないことです」と言って下さり、
お名刺交換させていただいたんです。

でも、それっきりになっていました。

ここで再び繋がるとは・・・(^^;)

一度しかお話聴いてませんし、
woodlotさんが紹介されてる本も読んだことありませんが
いろんな地域の事情やアイディアをたくさんご存知のようでした。

近畿圏の方なのだし、
アドバイザーとかになってもらえたらいいのにね。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-23 12:23 | ステキな人発見!

10月1日(土)森で焼き芋パーティーしよ~☆

マキ作業、9月はチョロッとしか行けませんでしたが
10月1日(土)(雨天の場合は翌日)は
週末コースの最後のチャンス。

「いろんな人がやって来てくれたらいいのになあ~」

作業している人たちと森の声です?!

で、ですね。
この日はたくさんの人が来て下さるハズ!という勝手な思い込みついでに
作業はソコソコ頑張って
焼き芋パーティーやろう!!
って流れになりました~(^^)

どうです?いいでしょ?
おいしそうでしょ?

コナラはマキにしていったりイスに使ったりしていますが
じつは枯れた枝葉がワッサー!とあるんです。
この枝葉クン達にご活躍いただき、
おいしい焼き芋を焼こうって作戦です。

榊さんがおいしいおイモ、用意して下さるとのこと!!

皆さんもおイモだけでなく
焼いたらおいしくなるもの、何でも持ってきて下さい~☆

おいしいものがいっぱいになれば
森で過ごす「しあわせ度」は7倍アップ!
と言ったところでしょうか・・・?(^^)

この日は狙い目ですよん。

あと、遠くて行けない皆さん、都合が悪くて行けない皆さん!
「焚き火で焼いて食べたらおいしいもん」情報、
ぜひ教えて下さい~☆
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-22 11:53 | マキ企画(湖西・マキねっと)

みんな ご近所さん☆

一気にいろんな団体組織の皆様と繋がり始めました。
フシギなことに同タイミングで(^^;)

皆さんとご一緒に見ていきたいと思います~☆

薪く炭くKYOTO
「シンクタンクきょうと」と読みます。
コメント下さったSawaguchiさんが管理人さんをされてるHP。
かなり有名なのか、たくさんの方からご紹介いただいてましたが
あまりにもご立派で、どうしたらいいのかわかりませんでした。
「ナラ枯れ」がきっかけで繋がる勇気が持てました。

薪く炭くKYOTO遊び人プロジェクト内「薪ネット」
以前、私がナラ枯れのマキ作業について、森林バイオマスなんでも相談所へ相談に行ったのですが、それに対して昨日、下記のように回答をいただいたんです。

ウズラさま
はじめまして。森林バイオマスなんでも相談所の松田と申します。
このたびはお問い合わせをいただき、ありがとうございました。

林業普及改良指導員の相談員によると、ナラ枯れの被害木を
薪として利用することは燃料として特に問題はありませんが、利用の
際には以下の点をご注意いただきたいとのことです。

「被害木を薪として、次年度の6月の脱出までに利用することは、
 防除にもなり、環境にもやさしいので、是非、行って下さい。
 但し、すでに枯死している被害木からもカシノナガキクイムは脱出します。そのため、他地域に原木や大割の薪材として移動させることは危険です。薪も、現場で細かく割って乾燥させれば、虫は乾燥によって死にますので、どこに移動しても大丈夫です。」

ナラ枯れの被害木は、ご相談のように「湖西・マキねっと」などでストーブ
のユーザーが薪を作って利用することが一番です。
環境に優しい再生可能なエネルギー利用を地域で根付かせることは根気が
いる仕事です。始めは被害木の量と利用希望の量がミスマッチでうまく
いかないかも知れませんが、徐々に輪を広げて行かれることをお勧めします。


ふむ。皆へ送りたいと言っていたのは、どうしたらいいのかな?
持ち帰ることを考えて下さってる方もあるし・・・。

そして
綜合文化研究所
中川さんもコメント下さいました。
こちらへも相談で訪ねたのですがびわこほっと探偵局というのはまるエコ広場
という所の中にありました。

むむむ。
みんな京都滋賀ですね。

こんなに近い皆様なのですから
どうにか、イイ感じに繋がっていけないものかしら・・・?
って、みなさん、きちんと自立されてるので
この森がしっかりしなきゃならんわけですが(^^;)ははっ。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-21 12:20 | マキ企画(湖西・マキねっと)

楽しむ力を生む力

くつきの森を応援しよう・・まきねっと
d0067691_11501257.jpg
マキねっとメンバーに配られる入園許可証なのだ→

ちょっとお留守にしてました(^^;)

「有言実行派」榊さんご夫妻のマキ作業レポートは拍手もの!
パチパチパチ~!脱帽です。

23日は田んぼの稲刈りだそうで。
(榊さんのブログ見てね)
朽木ライフ満喫ですね~。

作業って、作業でありながら
かなり、ミョーに楽しめるんですよねえ。
でもそれは一人じゃない時の話。
何なんでしょうね?このミョーな楽しさは??
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-20 12:02 | テーマ「地元住民の意識」

コナラの赤ちゃん・どんぐりの保育園

森の保育園が魅力的という話。
でも、まだしばらくはムリな話。

ふと思ったのだけど

人の子は、しばらくムリでも
コナラの子ならできるんじゃないかしら・・・?

「コナラ・どんぐりの苗木の保育園」!

どうかしら?

今月の看板の写真は
8月末の1回目のマキ作業の時に見つけた
どんぐりの赤ちゃんです。

この秋、わずかでもちゃんと生まれることのできたどんぐりを集めて
それを芽吹かせること、できないかしら?

それができたら、「苗木の保育園」作って
鹿や熊やサルなどの動物達から守りながら
しっかりするまで育てるのです。

どんぐりはもう、今年しか採れないかもしれないし、
よそからコナラを買い集めてくることも必要になってくるでしょうけれど
この森にいたコナラの子孫、残したいよね。

できるんだか、できないんだか、
また聞いてみなくちゃね。
保育園として囲うのに、どのくらい費用がいるんだろう?
主旨を伝えて、一口いくら、とか設定して会費を募るとか?

この秋からは熊たちも「どんぐりがないよ!」って探し回ると思うので
バッタリ出会わないように、気をつけなければ・・・。

みんなも、今年の秋の森は
一人で奥へ入って行かないようにしましょうね。

絵入りでわかりやすい兵庫県の「熊の知識」
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-15 06:29 | マキ企画(湖西・マキねっと)

ブログは育つ

ブログ開設1年たちました
「TB」させていただきます。
ayakoさんがおっしゃるように、ブログはおもしろいですね~。
もうこのブログが新たな森で、みんなが新たな生態系を作っているような
フシギな、でもステキな感覚です(^^)
いろ~んな人がいて、世の中成り立つっていうか・・・。

そのayakoさんが下で教えて下さった「石釜」情報。
みんなで見てみましょう~☆
石釜い~っぱい!
「地球デザインスクール」でも作ってるみたいですね。
ここ、お隣の京都ですよ。
しかも、ナイスがワークキャンプを続けてる所だ。
やろうとなれば、結構すぐできるかも。
やっぱり、腕のいいパン職人を探さねば・・・!!

(こちらは榊さんちの石釜)→d0067691_82338.jpg

それにしても、このシャロムヒュッテスゴイですね。
私は石釜よりも、保育に釘付けになりましたよ。
やっぱり、やってる人いるんだ~♪

ま、私が「あったらいいな」と思うことはすべて
新しいことでも何でもないのです。
「やればできるんじゃないの?」という思いつきばかりなので
探せば必ず、実践者がいます。

また、楽しいアイディアって、ポンポン弾んで出てくるんですよね~。
いい案には、どんどん勢いとか弾みがついてくるものです。
この重さと軽さを計る感覚は大事にしたいところです(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-09-14 06:18 | ステキな人発見!