<   2005年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

粉雪の神様との出会い☆

みなさん、お元気ですか?
雰囲気変わったでしょ?どうでしょう?

ウズラはこの寒い季節にわざわざ北の国をめざして飛んでみました?!

こちらは北海道のニセコです!
ニセコのスキー場の宿で住み込みで働かせていただいてます~?!
1週間経ち、1kg体重増えてました?!
体を動かし、ゴハンがおいしー!
仕事はまだまだモタモタしてますが頑張って1人前になれるように・・・!

先日、一人で初滑り体験してきました。

10年近くスキーから離れていて、カービングスキーも初めてだったのです?!
(私のは長~い舟みたいなアルペンスキー・・・)

なんとなく行ってみたら、非圧雪のコースだった!げっ!
でも行ってみたら、フカフカパウダーなので、ズンズンガンガン進めてしまうのだ!

スゴイな!パウダースノーって!!

ほとんど誰もいない林間を一人、ズブズブズブ~。
「あら、ごめんなさいね~」なんて
ここでもやっぱり木々に話しているのでした(^^;)

そして最後!という時、気が抜けたのかコケタ!
あーーーーれーーーーー!
頭が下、足が上。まーっすぐに10mくらいパウダーの壁を落ちた。
雪がモコモコモコ~っと顔にかぶり出し、どんぶり1杯くらいの雪食べた。
口だけでなく鼻からも入り始めた時、プチパニックになりかけた。
「ああ、雪崩に遭うと、パニックで息が上がっちゃうのって大きいだろうなあ。
これのもっとスゴイ奴だからなあ」
なんて、落ちながら一瞬グルグル考えてしまった。

粉雪の神様の洗礼はとっても優しくて、
ウズラはまた半笑いでした~☆

ニセコは、雪崩を真剣に考えてるところだよ。
雪崩ミーティングの様子

まだ渡ってきて間もないけれど、
今もこれからもとっても楽しみだよ!

ステキなヒント、いっぱい、いただいちゃいます~(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-30 09:27 | プロフィール

ウズラ 渡り鳥になる?!

ブログを始めて半年が過ぎました。
今週中にはアクセス数5000を超えるでしょう。

たいした数字ではありませんが細々と続けていく中で
とてもステキな皆さんとこうして繋がれたことが
こう、なんていうか、キラキラした感じでとっても嬉しい気持ちです!

ホントに森を訪れて下さった方も何人もいて下さったし!

コメントなどの足跡つけずに黙って見て黙って帰っていかれる方も
ケッコーあるかと思います。
全然、いいんですよ!

みなさん、ありがとうございます~(^^)

ここ最近、私の中での大転換が起こり、
雷落ちて、竜巻が来て、ぐるぐるぐるり~んと回って
着地したら、すべてが変わっていた?!みたいなことになって
突然なのか、必然なのか?
新たなステージへ上がることにしました。

何も迷うことも守るものも囲うものも隠すものもなく
「森さん」と心共にある私が身一つで、思い切り進むのみ!

~どこへでも、共に行かむ~ 「森さん」と交わした言葉。心強い。

まさしく、ウズラの卵の殻を破り、外へ出る時。
時は来た、って感じです。

どこまでプラス思考やねん?!って感じですが
プラス思考、万歳!って思うわ。
どこへ向かうにも、楽しみでワクワクしちゃうんだからサ!お得よね。

飛べないウズラですが
なぜか、この地を離れ、渡り鳥になってみることにしました?!

くつきの森へ作業しに行くことはしばらくできませんが
どこへ行こうとも、必ず、くつきの森にも他の森にもプラスになることを吸収してきたいと思っています。

くつきの森には、もう、あの森のことを応援してくれてる人がいます。
地元の人でも、都会からの訪問者でも、このブログでも。
あとはやるだけ、でしょ?

思ってくれてる人がいること、森さんはわかっているのです。
一人でもいてくれてる間は、大丈夫。
なんとか踏ん張って堪えて待ってくれてます。
だから、人も頑張ってサッサと動いてあげましょう!
考えるより、動く!動きながら考えな!考えるより感じな!です。

でも、まだ、誰も心を向けてくれてない、すっかり忘れられてしまって寂しい思いをしている森さんは、まだたくさんありますね。
くつきの森ほどの魅力的な材料もなく、スネてしまったような、いじけた森って、ありますね。
魅力は人が作っていくものだからです。
魅力は人が見出さない限り、引き出されないのかもしれません。
皆、ステキな魅力があるのにね!

私、たくさんの「しょんぼり森さん」に
「あなただって、ステキなのよ!」と言って回りたくなってきました。

きっと、あちこち、輝きだすぞ☆

ここで繋がってる皆さんは、日本全国いろんな地域におられるわけですし、
ぜひ、皆さんそれぞれのお近くの「森さん」の魅力発見隊になってあげて下さいね!
(すでになっておられる実践者が多いですけどね)

渡って着地するまで、ちょっとの間、お休みします。

すぐかもしれないし、ちょっと間が開くかもしれませんが
新年のご挨拶はきちんとして回りたいと思っています(^^)

あっという間に2005年も終わりますね。
2006年かあ~。
みなさん、体を大切に♪

これからもどうぞ、くつきの森の(いろんなスタイルの)応援、よろしくお願い致します~☆


江口宏・作
「孵るか 割れるか うずらのたまご!?」
d0067691_9155660.jpg

[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-20 09:19 | 応援日記

立つ鳥ウズラ 後を濁さず、羽づくろい。

北海道に「ファウラ」あり!

「TB」させていただきます。

keikoさん見てるかなあ?エゾリス君!!
keikoさんとこ、コメントできなくなってたから、こちらに載せました。

でも、ホントにTBしたかったのは
こちらでしたの!(^^)

私はどうして技術とか知識に興味が行かないのかなあ?

理解したら、きっといろいろできるだろうに。

と思いながらも、何事にも深く入っていかないのが
いい加減、どーよ?と思ったりしています。

熟知とか語れるとかってないんだなあ。
徹底的に凝る!ってのもない。
そうなりたいとも、どうも思ってないようだ。

急にバタバタし出しました。
鳥オンナは、バタバタするばかりで役立たず、って言われます(^^;)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-19 13:26 | 応援日記

見守られることで引き出される力☆

カウンターが110000に

「TB」させていただきます(^^)
私、この記事の最後にある「夏休み」の工程記録に感激してました。

昨日、私の森のパパ、クマさんと会ってきたのですが
クマさんは「森づくりは人づくり」って、いつも言います。

クマさんは、私達学生ボランティアのことも、他のすべての人のことを
「一緒に汗を流す仲間」として、受け入れて下さり、
コミュニケーションを取って、ちゃんと信頼関係を作っていくってことを意識されてた感じがします。

夜のミーティングも、連絡事項の確認っていうのもあるけれど
皆の表情&目線から、疲れ具合を見ていたり、
飲んで食べて喋りながら、長い時間を掛けずとも
鋭く見ている、っていうか見守ってくれてる感じの人でした。

ボランティアは「どんぐり村」というキャンプサイトの管理を任されていて
何日か交代で、一人が村長になり、他のメンバーが村民になり
利用者に対応していくのですが
私がいた頃は、一番利用者の多い時代で
常にキャンセル待ちがあった頃。
夏休みは、ずっと満員だったりして
利用者の入所&退所&滞在の状況から、グループの人数&年齢構成、初めてかリピーターか、希望プログラムの有無、お誕生日チェック(滞在中にお誕生日の人がいれば、何かしらお祝いの仕方を考えたり)、村長は毎日150人くらいの利用者が入り混じる森の全体の動きを考えて、村民を配置し、自ら動いたり待機したり・・・。
一組、渋滞に巻き込まれて日が暮れるのにまだ来ない!?とかハプニングは常日頃。
その度に、さあ、どうしよう?よし、こうしよう!と職員さんと村長で相談。

この村長職をしている時にクマさんが職員としていて下さると
仕事が格段にやりやすかった。

「おい、ウズラ。下見て歩いても何も落ってへんどー。ククッ。」

村長ノートを抱えて、頭の中グルグルして歩いている私。
ウインクされて、ハッとしたりね。

「どうしてあんなに、いろいろやらせてくれるってことができたのでしょう?」
と改めて聞きました。

「信じるしかないからな。
でも、信じられるように、ちゃんと教えるだけのことは教えとかな
いきなり任せるなんて、もちろんできひんけどな」

信頼関係を作るには
時間をかけて積み上げるものと、
時間とは関係なくできるものがあるんだろうな。

長く付き合ったって、根底に信頼がなければ、ムリなんだからねえ。

今の森にコミュニケーションはあるのかなあ?
信頼関係、すぐできる人と難しがる人、ありますね。
何なんだろうなあ?

山崎先生&お嬢ちゃまは、父娘なわけで
他人の信頼関係の話とはまた、違う次元ではあるけれど
信頼され、見守られ、見守られてるのを感じながら、何かに集中できるっていうのは
この上ない、しあわせ感をこちらで勝手に感じております(^^)

私はお嬢ちゃまのようなスゴイ作品作ったわけじゃないけれど
なんか、あの頃の、クマさんに守られながら、
思い切り一緒にいろんなことさせてもらった時の
あったかくなる気持ちを思い出していました。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-18 15:47 | ステキな人発見!

初ヨガ体験?!~ヨガと森が繋がるフシギ~

またしてもギリギリ告知:do_yoga in OSAKA

「TB」させていただきます(^^)

昨日、行ってきました~?!初ヨガ!!全く初めての体験でございました。

do_yogaさんを通してブログでヨガを見ると
これはいいかも!と、何か思いまして
思い切って問い合わせ、申し込みました。

いつも言ってることですが
~どんなおもしろいことがあるかなんて、行ってみないとわからない~
というのは、また今回もピッタリ当てはまりました。

私、体が硬い人なんです。
幼稚園の時、バレエを習わされましたが、トウシューズを履く前に終わりました。

「ヨガって体が硬いと無理じゃないかと思って・・・」と言いましたら
「体が硬い人の方がいろいろ気づきが多かったりするんですよ」と言われ、へえ~。

他の人と自分を比べてキョロキョロしてやらなくていい。
自分の呼吸、自分の中とか奥とかに心を集中すること。
だから硬かろうが、自分の体の状態を感じ取りながらできることをできる範囲でやればいい。

・・・みたいな、なんかそういう感じでスタートさせていただきまして。
だったら、やっちゃお~(^^)!

終わって感想聞かれたんですけど
「なんか、半笑いになってました」と言いました?!

いや、ねえ、これをついうっかり言ってしまった時に
はっ!としたんです。

私ね、森へ帰るとね、なんだかいつも半笑いなんですわ、ホンマに。

その時ととっても似たような感覚がありましてですね
こりゃ、何かわからんが、きっと、かな~りイイぞ!
と思っちゃったわけです。

あとはね、do_yogaさんのお肌がとってもキレイだったこと!

これは、かなりイイに違いない。
体はモチロン、気持ちとか心とか、かなりイイんだな、きっと。

私、数年前~ファンデーションをやめたんですけど
自分がイメージするほどまでにはお肌が上がってきてないなあ、と思っていたところに
つるんつるんのピッカピカの先生登場!で
うっへ~!どう見てもよさげじゃないの!!

自らの存在がすべてを実証している!?

調子に乗って、「持ってもいないのにDVD」付のヨガ本を買って帰り
さっき開けてみたら
ここに登場する人はみ~んなお肌がキレイでした?!
do_yogaさんだけじゃないのね。

しかも、なんだか「自己探求」の世界だったり
精神と科学の融合っちゅうかバランスみたいのだったり。

そうなのよね。これからは対立でなく、融合の時代だと思うし。調和か・・・?
和だ、和!

ま、あんまり突っ込んで考えるのは今はやめましょう(^^;)

あ、そうそう。

「初めて」の体験って誰とどんなふうに体験するかって
とっても大きなことだと思うんです。

今回の初ヨガが、do_yogaさんを通して「ヨガ」ってものに出会えたのは
私にとっては、かなりよかったと思ってます。
一緒にいた他の参加者の方も、その場を構成する人として、
これまたやっぱりかなり重要ですね。
(皆さん知らない方ですが、この場でお礼申し上げます)

私が「森とかキャンプとかって、初めてです」なんておっしゃるご家族を
案内する時のこととダブりました。

私がやってた「グリーンボランティア」は「自然と人との橋渡し役」という位置づけだったのですが
私は「また来たいな」と思ってもらえるように
プログラムやコースを考えたり、トイレをピカピカに磨いたり、
クモの巣は「ごめんよ」って言いながら除いたり
「こんなとこ、もうコリゴリ」なんて言わせないぞ!
と、なんだかせっせと楽しんでおりました。

再び森へ帰ってきて下さる方の比率はかなり高かったし
その時は、その人のこと知ってようが知らなかろうが
「おかえりなさい~!!」って、両手広げる気持ちでお迎えしていましたよ。

いつもニコニコ。
みんなもいつもニコニコ。

ニコニコだらけの森でした。

今から私の森の父、クマさんに会ってきます?!

私は「森さん」が母、クマさんが父、
「森さん」ママと、「クマさん」パパがいてくれたこそ生まれたウズラだと思っています。

パパとママに感謝して。
行ってきます~(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-17 15:28 | ステキな人発見!

森は子どもが大好きです~!

「くつき スノーキャンプ」小中学生参加者募集

「TB」させていただきます。

冬のくつきの森へ子ども達を連れて行って下さるとのこと!
参加されるお子さんはいませんか~?(^^)

益田さん、ぜひぜひよろしくお願い致します~!


そして、森の事業はどうなっているのかというと・・・?
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-16 11:48 | 森イベント情報(参加者募集中)

ハト子さんとウズラさん?!

この間の日曜日、我が家は大掃除。
私は窓拭きの担当で
マッタリとしながら、でも淡々と、窓を拭いておりました。

お天気は曇り→夕方には少しずつ晴れ間が出てきました。

庭にいろんな鳥がやってきます。

ヒヨもスズメも、誰だか知らないちっちゃな鳥も
入れ替わり立ち代り、やって来ては、また飛んで行きます。

ハトのペアもトコトコ歩いて何かつっついています。
キジバトっていうのかヤマバトっていうのか・・・?

うちは特別、鳥用にエサを置いたりなどはしていません。

今日も平和なうちの庭~♪

知らん顔して窓拭きに集中。

・・・・ふと見ると、
ハトが一羽だけ、庭にいて
一番向こうのツツジの木の根元にホッコリと腰を下ろした?!

ウズラ「・・・・・」
ハト子さん「・・・・・」

ハト子さんとウズラとの窓越しの距離、約5~6M。

地面にべチャッと腰を下ろしたハト子さんと家の中のウズラさん。
見つめ合う二人。

窓を開け、
ウズラ「こんにちは~。」
ハト子さん「・・・・・」
ウズラ「お一人ですか?」
ハト子さん「・・・・・」
ウズラ「そこ、気持ちよさそうですね」
ハト子さん「・・・・・」
ウズラ「・・・・・」
ハト子さん「・・・・・」
ウズラ「ま、ごゆっくりどーぞ(ペコリ)」
ハト子さん「・・・・・」

派手なサッカーの綿入り上下を着て
室内とはいえ、ウロウロしながら窓を拭いていたのですが
ハト子さんは全然平気なようで
無表情で、こちらをじっと見ています。

ほっといて拭き続けていたのですが
ふと、見ると

「寝とるがな!?」

目を閉じて、だんだん首が埋まっていってました?!

どんだけ平和やねん?!うちの庭!

30分もしないうちに、弟夫婦がやって来て
庭の掃除がスタートしたので
ハト子さんのお昼寝も打ち切りで。

なんともフシギな空気でした(^^;)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-15 12:12 | 応援日記

森の夜空☆

昨夜の流れ星、皆さん見れましたか?
私は完全防備で庭へ出て
家の影になってる所で月明かりにまともに照らされないようにして
しばらくの間見ていました。
街は年々夜中ずっと明るくなっていて
隣のお家も夜更かしでなかなか電気を消さないし
お月様以前に真っ暗な状態にはなれないのですが。

小1時間ほど、大きいの何個か見て、
お風呂入って寝ました。

私が流れ星を初めて観たのも
やっぱり、この森ででした。

夏、空が広く見える広場まで行って
シート敷いて寝転んでね。

天の川とか流れ星☆
そりゃもう感激してました(^^)

その後、モンゴルへ行って「満点の星空」を体験するのですが
やっぱり初めて見せてくれたこの森での嬉しさはハッキリ覚えています。

お盆の頃に「しし座流星群」が来るんだよね?
私は誕生日が夏のお盆で
それがずっとイヤっていうか、夏休みのお盆なんて
お誕生日会なんてしないし、プレゼントもロクになくて
すごくイヤだったんですけど
この森で夏を過ごすようになってから
誕生日がお盆でよかった~♪と思えるようになりました。

20歳の時は、1年に何度も来られる常連ファミリーさん3組の合作で
「うずらちゃん、20歳おめでとう」
って、内緒でみんなで焼き板の寄せ書き作ってくれて
呼び出され、サプライズで
ハッピーバースデイ歌ってくれました。
ビックリして嬉しくて泣いちゃったけど
あの時のパパさんママさん達、チビッ子達のニコニコ顔は
今も覚えています。

「今日の流れ星がプレゼント」
なんて、安上がりな贈り物で済まされたこともありますが!?

昨夜も元チビッ子が「久々に夜空を見上げた」とメールしてきました。
仕事して忙しいと
空を見なくなること、あったなあ~。

森の元リーダーさんと元チビッ子さんとの関係は
独特というか特殊なフシギな、でもステキなものです(^^)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-14 11:58 | 応援日記

出会えた喜び・・・☆

環境ホルモン焼肉に有らず。

「TB(トラックバック)」させていただきます(^^)

日曜日の夜、さあ寝ましょうかね~と思った時、
夜中でしたが、TVでドキュメンタリーをやっていて
それから釘付けになりました。
1時間番組でしたが、ずっとずっと涙が止まりませんでした。
本多立太郎(ほんだりゅうたろう)さんという91歳の元日本兵で
「出前の戦争ばなし」を72歳の時~1000回以上、やってきた人のお話で
今年5月には一人、中国へ謝罪の旅に行かれた方でした。

朝起きて母に「こんなのやってたよ」と説明しながら又泣いてしまった?!

それで朝一番、kamomeさんに、この何でだか説明のつかない、でもとんでもなく泣いてしまったってことと一緒に、自分の祖父母のこと、両親のことを戦争と照らし合わせてお話ししに行きました。

今見てみれば、その記事はなぜか消えてしまっていますが。

私は、ここ最近ではトップクラスで
このkamomeさんと繋がれたことが嬉しくて嬉しくてたまりません!

なんで?って言われても、「はて・・・?」自分でもよくわからないのだけど。

私、自分が大事に思っていたあの森を取り戻すのに、無我夢中でした。

そこで大きかったのは「必ず取り戻す、取り戻せる」という揺るぎない、でも根拠のない自信があって動いた、というのはありますが。

周りは悲観的でした。
だから余計に「見てろよ~!絶対やってみせる!できるんだから!」って燃えちゃいました(^^;)
私の勢いに皆、呆気に取られていた感もありました。

自分で可能性の有無の判断はせず、手の声の届く範囲は片っ端から当たっていきました。

人は、いいこと悪いことではなく、人の熱意に反応されるのだ、ということもわかりました。
「真の協力者」とは?というのも見えました。

取り戻そうと動いている間に
自分の知らないことがいっぱい入ってきました。

そもそも森とは?とか、林業の現実とか、
県とか国って単位で見ることとか、地球規模で考えることとか、実践者の声とか、
村と街、それぞれの人々の意識とか、お金に関することとか、技術知識のこととか・・・
そして、世の中の「なんかヘンだな」ってこととか
組織の絡み合いとか、根回しとか、利益優先とか・・・
そしてそして、それはここに、この森に限った話ではないってこととか
よそでも同じような問題と、並べて考えるのはまだ難しいって思える問題があることとか、相手が大きすぎて呆然としてしまったりとか、できることからコツコツと、とか・・・
今だけ見ててもダメってこととか、原因はコレ、なんていう単純なものではないこととか・・・

人は問題に直面して、初めて動き出す、って場合が多いのでしょう。

私の場合は、たまたま森だった。
森を死なせたくなかっただけです。
別にほっといても生命は続くわけですが
「森さん」はもっと働きたがっている、と思ったからです。

もし我が子が触れないほどひどいアトピーで血だらけになって苦しんでいたら
きっと必死で、その苦しみを取り除こうと、動き出しますよね。
その間に、いろんなことが見えてくるでしょう。
この子だけ元気になってよかった、ってことじゃないな、とか
商売のおかしさとか、医療のおかしさとか、世の中の何かヘンだな、ってのが
きっと見えてくるんだろうと思います。

昨日、いつもの長風呂でパッと出てきたこと。

~「森さん」と私はこれからもずっと心一つ。どこへでも共に行かむ。~

この森だけが理想のパラダイスになっても
それは「森さん」と私の本当の喜びではないのです。

ここ数年学んできたことは、
きっとこれから「森さん」と心一つにした私が何かに活かしていきたいと思います。

kamomeさんとこへ何か書いてみて下さい。
まとまってなくたっていいんです。
モヤモヤしたままでいいって思います。
何か一つ、「自分ごと」にして話してみて下さい(^^)

こちらはayakoさんの記事「子どもの危機」
[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-13 12:13 | ステキな人発見!

窓拭きと次のステージ?!

昨日は我が家の大掃除の日。
私はいつも窓&雨戸拭きとカーテンの着け外しの担当。
なんか曲でも流そうと思い、久々にカセットテープを出してみた。
先日、そのほとんどを捨てたのだけど、いくつかだけ残してた。
その中の一つは「冬の散歩」って書いてあるの。

昔、よく夜中に車で30分ほど飛ばして国道沿いのカフェへ通いました。
今頃50歳過ぎてるんじゃないかなあ?
釣りとイーグルスが好きなマスターとのお喋りがなんだかとっても楽しくて。
「なんかテープを作ってやろう」と言われ
「冬のお天気のいい日にのんびりお散歩してる時に聴いてみたくなるヤツ」ってリクエストしたら
「冬の散歩」ってタイトルだけ書いて作ってくれました。
いろんな人の曲が入ってるけど、書かれたものはなく
たぶんどれも70’Sだと思うけど
いまだに1曲1曲が誰のなんて曲なんだか、サッパリなんですけど。

あ~そうだったなあ。とか、ふと思い出しながら窓を拭いていました。

続きでノラ・ジョーンズも聴くと完全にマッタリしてしまい
気が付くと窓越しに、鳩のハト子さんと出会いました。
ハト子さんとウズラのお話は、また今度にするとして・・・。

またまた思い出し、今度はオールマンブラザーズバンドのテープをかけてみました。

昔、いつもスキーに連れてってくれた人、この人も50歳になっちゃってるかも?!
「邦題が熱風っていうアルバムが昔あったんだ」って聞いて
ネットもなかった頃、CDショップへ行って店員さんに聞いて探したんだ。
渡す前にちゃっかりダビングさせていただいたのだ。

でも、どれもこれも、ずっと封印してました。

久々に聴いてかなり前10年くらい前のことを思い出し
そして窓を拭きまくっていた時、パーンと来ました。

私はいつも誰かからの評価を求めている?!

この人、先生!この人、ダンナさん!って思ったら
その人に「よし」と言われんが為に動いてる自分がいたのです。

スキーが上手くなって「先生」に誉めてもらいたい私とか
おとなしく女の子らしくなって「ダンナさん」にヨシヨシしてもらいたい私とか
どれもこれも、一見、ちゃんと相手を想っているようで、
じつは全然そんなんじゃないんだ。

ここをハッキリさせて次のステージへ行かないと
前の繰り返しになっちゃうじゃん!

いい歳して、もう繰り返してはいられないのです。

次のステージ、受け入れがあるのになぜすぐに飛び込まぬ?と声がありましたが
今の場も、これまでお世話になった人達への迷惑は最小限にしたいし
心配かけずに思い切り行きたいし、
それは誰に言われても揺らがない。
飛び込むことに迷っているのではない!って思ってます。

私はこれは人として大事なことだと思っているのですが。

行きたいから行く、やりたいからやる。
もちろん、そうですけど
自分さえよければ、あとは知らん、とは
困らせるだけだということが見えてしまっている以上、できません。

一見、困らせているようで、10年後に振り返れば、そうではないこともあるんですけどね。

最後は自分の部屋の窓を拭きました。
占いとかはとらわれるので、あまり見ないようにしているのですが
窓を拭くとなんか風水などではとっても良さそうな感じですよね~!

d0067691_12125883.jpg
星はOKサインを出してくれて
月は優しく光ってくれました☆

14日未明は流星群が見れる日だってさ!楽しみ~☆
d0067691_12141920.jpg

[PR]
by uzura_egg_happy | 2005-12-12 12:20 | 応援日記