<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

来た時よりも美しく・・・☆

今働いている宿では、毎日、朝食を作ったり、各部屋の掃除やベッドメイクしたり、と
いろんな仕事をしているのですが
外国からのお客さんがとても多いんです。

ニセコ全体が特にオーストラリアからの観光客が多くて
ここはいったいどこの国なんだ?って感じの街となっています。

私の英語は中学生程度。
「さんまのからくりTV」のファニエストイングリッシュのコーナーのような
「気持ちで喋る!?」タイプでしかない私は
毎日必死で気持ちで喋っています?!(オイオイ・・・)

お部屋の掃除をしていて思うのですが
外国人の使った部屋って、とっても汚い!ことが、とても多い!
ちょっとビックリしてしまいます。

今、私、日本人でよかった~って思うことがよくあります。

たぶん、お金払ってるんだから、ってのがあると思うのですが
日本は宿の仲居さんがきちんとしてくれるしてくれないに関わらず
きちんとたたむとか、揃えておくとか、そういうクセがちゃんとついてるでしょ?

日本人って、ホント、キチンとしてるんだなあって感じます。

ま、こういうのはどれも武家社会の文化の名残なのかもしれませんが。

くつきの森の前身、旧朝日の森では、
すべての利用者さんにお伝えしていたことの一つに
「来た時よりも美しく」がありました。

お部屋も、いろんな道具も、ここへ来られたみんなが使うものです。
お部屋に入ったら、どこにどんなものがあるか、どんな状態になってるか
よ~く見てみて下さいね。
最後帰る日には、みんなで掃除して、
今よりも、ちょっとだけでいいです。今よりもちょっとだけキレイにして帰って下さい。
「来た時よりも美しく」です。
そうすると
人が来れば来るほど、美しくなっていく!?というわけです(^^)


まだどこにもこんな施設がなかった時代。
お金を払いつつ、ホテル業ではなく
キャンプの基本「自分のことは自分でする」を理解してもらうまで
スタート当初、クマさんは大変だったようですよ。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-29 10:50

アンヌプリ大好き~!

職場で、ヒラフスキー場のシーズンパスをいただいているので
毎日、ヒラフでは滑り放題なのですが
この前、NACで「テレマークの練習にはアンヌプリがいいよ」と聞いて
行ってみることにしました。

ヒラフのてっぺんから、アンヌプリへ行けるとのことで、
昨日、一人で行ってきました~!

よかったよ~!アンヌプリ☆

人が少ない♪
雪がフカフカ♪
コースが緩やかで幅広♪

テレの練習にはピッタリなのだ。

雪がフカフカ~♪で、お布団の上で遊んでるみたいだ~!

でも、私のリフト券はヒラフonlyなので
アンヌプリでは使えない。

アンヌプリからヒラフへ戻るにも、バス代500円かかっちゃう。

ヒッチハイク案もあったけど、
ヒッチハイクするほど、人も車もないぞ。

ま、ボチボチ、賢く行こう・・・!


今日は夕方~、ヒラフのナイター。
ナイターではヒラフは日本一だとか・・・?へえ~。
d0067691_21553889.jpg


確かに広い。

それよりも嬉しいのは
ナイターでも凍っていないってことだ!

最近はあったかい日が続いてるし、ジャクジャク気味だったけど
それでも全然いいもんね!

昔、八方スキー場ではコブコブのアイスバーンで転んで目から涙と星が出たもんね。

ここニセコでは転ぶと笑えます。

帰り、ラクして巡回バスで帰ったら
運転手さんがなかなか出発せず、どーも私の板を眺めていたようだ。
運転手さん「テレマークなんですね」
ウズラ「はい」

この運転手さんはテレマーク暦14年だそうな。

ウズラ「私はまだテレマーク始めて数時間ですよ!」
運転手さん「あー、そうなんですか!頑張って練習して
早くゲレンデの外へ出られるようになって下さいね」

むむむ!頑張ろ!

ヒラフのてっぺんのラインを
板を背負って歩いている20人くらいの一団を見た。
ツアーかな?

あんなの、行けるようになるのかなあ?

私はスキー場でも木に会うと嬉しくなる・・・♪
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-28 22:08 | ニセコより

テレマークスキー 自主トレ週間?!

テレマークスキーで行くぞ!と決めて
道具も揃い、個人レッスンも2回、それぞれ違う先生から受けて
あとは自主トレなのだ!

先週はバタバタしたり、体調がイマイチだったりで
あんまり滑れなかったけど
今日からしばらくの間は毎日滑りに出られるかな?

太ももがバンバンだ!イイ感じ~♪

「けっ!今日はこのくらいにしといたろ!クスンッ」

池乃めだかサン風に言葉を口にして、とっとと退散です?!

今日はお客様も同じブーツを履いておられるのを見て
スキー室でテレマーク話にプチ花が咲きました。

もー、頑張るしかないね!(^^)

ヘタクソな時が楽しいのだ~!
できないことがちょっとでもできると、楽しいっしょ?(北海道弁風?)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-26 22:13 | ニセコより

はじまったよ!森のブログ☆

はじめまして。麻生里山センターです

「TB」させていただきます!

くつきの森がある、麻生(あそう)地区の人の「麻生里山センター」が動き始めたようですね!

森の生中継って感じになるかな?
わあ〜!ステキッ!

私のブログは、離れた地からの応援。
この「フォトレター」は現場からの様子。
早速リンクも貼らせていただきます〜(^^)

ぜひぜひ、ご一緒に、ステキな森になっていきますように〜☆
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-25 13:35 | テーマ「地元住民の意識」

捜しています!!ご協力お願いします!!

WANTED MY GOLDEN DOODLE

「TB」させていただきます。
d0067691_2249865.jpg

ご無沙汰しております。

ニセコ兄様の5頭の犬の1頭、クラウディが行方不明になって、10日近くなります。

今はまだ何も情報がありません。

地元&近所は勿論、役場、保健所、警察署、とお願いはしてあるものの
何の手がかり&情報もないまま、時間ばかりが過ぎて行きます。

すぐ近くに温泉施設があり、観光客が連れて帰ってしまった可能性も頭をかすめ、
今いる所で自分のできることの限界を感じながら
どこへどう飛んで行って繋がっていくのかわからない、このブログで
皆さんへもご協力をお願いして、ご一緒にクラウディ捜しを続けて行こうと思います?!

クラウディ資料その2
クラウディ資料その3

これをご覧になった皆様へ。

☆ぜひ、あちこちに知らせて下さい!

☆白いモジャモジャ犬の情報が流れてきたら、ぜひお知らせ下さい!

☆今現在、成長過程にありますので、写真よりさらに成長したクラウディになっていることと思われます。


雪下ろしの体験させていただく間、
ヘッピリ腰のウズラとずっと一緒に屋根の上にいてくれたのは
このクラウディでした。
ママさんダンプで除雪していた時も
ずっと一緒についてくれてたのは、彼でした。

今度、屋根に上がった時
ふと足元を見て、またクラウディがいたらいいなと思っています。

北海道の皆様も、遠い本州の皆様も、くつきの森の皆様も?!
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-22 22:49 | ニセコより

くつきの森のこれから

僕が、かまくらを作ると雨になる?

「TB」させていただきます。
1月14日(土)、くつきの森についての会合がありました。
私は北海道にいるため、参加はできず、
メールでの連絡で意見&応援させていただきました。

今はスカイプとかメッセンジャーとかあるので
パソコン使ってテレビ電話状態で会議参加ってのはどうかな?
なんて思ってもいましたが、
ま、そこまでしなくても、もう、有能な人たちが大勢集まっているのですから
何も心配する必要はありません?!

私の同期A君が参加してくれたら、ウズラが10人参加したようなもんです?!
(パソコン関連に弱いウズラ、、、)

あっという間に春が来ますね。

春になったら森は大きく動き出すんじゃないかな?

「私がいなくなっても大丈夫なようにしておく」

仕事でも子育てでも、何でも
すべてにおいて言えることだと痛感しています。

みんながそのつもりで日々動いていたら
とっても生きやすくなると思うんですよね〜。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-16 14:18 | くつきの森サポーターの広場

雪国☆ママさんダンプ体験?!

埼玉から来た、スノーダンプ

「TB返し」させていただきます(^^)

スノーダンプ。
北海道では「ママさんダンプ」と言うそうです?!
そう聞いてから、何度もこの名前が目に入ってきてます?!
ママチャリならぬママダンプ。

毎日毎日毎日毎日、とにかく雪雪雪です。

先日、犬ゾリ体験させていただいたニセコ兄様のお家の雪下ろしを体験させていただきました?!

屋根から落とした雪を除く作業とか
屋根に上がって、屋根の雪を落としていく作業とか。

汗だくです!!

ホンマ、エエ運動です。
湯気が立ちます。
でも、途中で脱いだりしません。
メッチャ寒いですからね!マイナスの世界。

屋根から雪が落ちる音も聴きました。
ドサッという音と共に地響きがした感じがしました。

田んぼや畑のおじいさんおばあさんもスゴイと思いますが
雪おろしをしているおじいさんおばあさんもスゴイ!!

鳥のクセに高い所が苦手な怖がりウズラは
屋根の上でモタモタして、うまく力が入りません。

ひー!ママさんダンプじゃないけど、
この辺では奥さんの仕事だっていうし、
このままでは悔しいな!!

落としていく順番も考えないと自分が危なくなります。
生活も、ある意味命がけ?!

でも、命を意識することなんて
街の暮らしでは少なくなってるのですよね。
街では「ヘンな人に気をつける」とか、また違うものになってきてますし。

自分を大切にして、体を使って、生活していくことを日々続けていく、というのは
ごくごく当たり前のようで変化もないようでありながら
自分の心次第で、とっても楽しいものにできる。

楽しさは、外からの刺激だけでなく、内から生み出す、見出すのが一番~!

雪下ろしだって、おしゃべりして鼻歌歌って、一休みして、またやって、
空見て風見て星見て犬見て(?!)やってたら、楽しいもんです。
(初めての体験だったからか?)

5頭の犬達のうち、一番お兄さんのサンダーは
何でも楽しい遊びに変えちゃうぞ!(今日の先生だ)

甘いものが欲しくなるね~。
d0067691_18273074.jpg
(屋根に上がるのが気に入ったレイニー)→
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-13 18:24 | ニセコより

バックカントリーのバの字も知らぬ入門者?!

前日にTELがあり、
「明日の入門講座は予定通り開かれることになりました」

よかったあ~、ホッ。

朝9時集合でNAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)へ。

私含め、計5名の参加者でした。

「カノマー店長」が講師?!でした。

内容は「ビーコンの使い方実習」に絞られたものでした。

とはいえ、私はスーパー初級者。
「ビーコン」???なんじゃ?そりゃ?・・・の段階なのです。

私はてっきり、雪を掘るショベルが、山ではそういう名前なのか?とか
勝手に想像していたおバカなのですが
要するにこういうものでした(クリックして見てね)。

この操作をしながら、埋めたザックを探してタイムを計るというものでした。

・・・で、それが何?
ウズラなんて、そうなっていくわけですが
do_yogaさんのヨガ体験レッスンでもそうでしたが
体験とか入門は、一つの入口のドアノックに過ぎないわけで
そこからその先、どう入っていくかは、本人次第なわけです。

体験&入門講座レッスンで、やることなんて、ほんのチョビットのことに過ぎません。

でも、やったこと以上に、講師の先生から見えてくるものとか、
広がる興味とか、自分の可能性を想像することとか、知らなかった新たな世界を知るとか、
イロイロあるでしょ?

「あなたは、バックカントリーの友達がいるのに
なぜ、わざわざお金を払って、入門講座などへ参加するのか?」
と帰ってから、聞かれてしまいました。
言われてみれば、自分でも、あ、そうだなあ、なんて思ってしまいました(^^;)

でもでもやっぱり、私は行ってよかったと思うし、思ってるし、
友達とか身内じゃない人から習うっていう緊張感で、きちんと入ってくるものってあると思うし、
モタモタ回り道は、そんなにもよくないことなのかなあ?とちょっとモヤモヤしています。
ま、いいとは言えない気もしてますが。
要するに、私に言って下さった方は
ウズラが何をしたいと思ってるのか、何をしようとしてるのかが見えなくて、
見守るにしても困ってる?!っていう意味の表現だったのかなあ?とか・・・?

そうですね。

だって、ウズラ自身が、今、何に向かっているのかボンヤリしちゃってますからね・・。
何に向かうというより、イロイロ見てみたいっていう段階ですから。

フラフラ~。キョロキョロ~。

心配して下さってるみなさん、ごめんなさいね。
でも、本人はケロッとしてますので、ご心配なく、と言いたいところ?!です。
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-12 22:29 | ニセコより

バックカントリー入門?

近くにNAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)という所があります。
何回かお買い物をしたり、お茶したりしに行ってます。
トボトボと数百メートル歩くのですが
一人で屋外を歩くのが今、一番ホッとできる時間です。

木に降り積もった雪が風でフワフワッ〜と飛んで行きます。
道路脇の2メートルほど積もった雪の壁からも風で舞い上がっていたりします。

そんなのを見ながら空も見ながら、
鼻歌気分で歩いているうちにNACに着きます。

今度、11日(水)に
「TECNICAL WORKSHOP バックカントリー入門編」という講座があり
申し込みました?!

でもね、参加申込者がまだほとんどないらしい?!

誰か来ないかなあ?

私のような予備知識もない、スーパー初級者でもOKらしいし
復習というか確認で参加する人もあるらしい。

雪崩について一所懸命なニセコで
バックカントリーにどんどん入って行くニセコで
この講座が流れるかもしれないってことが
私にはとっても意外だったりします。NAC(ナック。ニセコアドベンチャーセンター)
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-09 14:26 | ニセコより

この空の向こうに・・・☆

退職のハードルを下げたもの

TBさせていただきます(^^)
kempachiさんは、旧朝日の森の利用者さん。
湖西マキねっとのメンバーになり、10月初め、定年前退職された翌日にマキ作業にやって来られました?!
朽木用に買った車の納車後、即行で!
10月末、市長さん他との会合にもご参加いただきました!
どんなことも、「仕事が早い」kempachiさんです(^^)

年末に、突然、一気に思いを書き出されました?!
ふむふむ・・・。

典型的な大阪ど真ん中の「都会型中高年」の代表みたいな方です!?

思いを出す、という作業として、ブログはいいのかもね。

みんなイロイロ、生き方の模索をされてるのですね。
年齢は関係ない話です。
若者も若くない若者も、おじさんもおじいさんも、
生き方とかこれからを模索している。

先がわからないっていうのは、誰でも同じこと。

今がうまく行ってても行ってなくても、ね。

そういう意味では誰でもいくらかは不安があるんですよね。
不安がちょっとだけの人と、不安だらけの人、っていう違いくらいかな?
不安が嫌い、耐えられないって人は常に安定を求め「安心」で心を乱さずにキープしようとしますね。
不安が少ない人、不安なんて平気って人、不安の先のゴールを見ていて不安が眼中にない人、不安から気持ちを切り替えることができる人は、前へ前へ次へ上へ、常に動いていきますね。

そういう意味では子どもとか動物は、立派なのです!
不安に捕らわれていたら、ハイハイして立って歩いて、なんてできないからね!
だから私にとって、子ども達や動物達は、しょっちゅう先生になります。

私が保育園でいくら「先生」と呼ばれたって
ホントの先生はチビッコだったりするわけです。
彼らはそんなつもりはサラサラないのだけど。

大人はいろんな体験をしちゃって思い出しちゃうから、余計な心配して身動き取れなくなっちゃうんだ。
自分でやらかしてるのサ。
このからくりみたいなのに気づけたら、
突然、自分の心が解放される。

なんでも、何やっても、全部、大丈夫なんだよ!

みんな愛されているから♪

自分のことを愛してくれる人なんていない、と思っている人、いますか?
そう思ってるなら、自分で自分を愛しちゃえ!
あとは空を見てね!
空を見るっていいよ!
この空もあの森とあの人と繋がっているんだと思うと、嬉しくなるよ!

迷った時、これでいいのかな?って思った時、
私はいつも空を見ます。
すると空のOKサインがあるんだよ。
夕焼けとか星のキラキラ度とか、ステキな雲とか、お月様がものすごい光の傘を出してたこともあった。
「あ、いいんだね!」ってわかるような空を見せてくれたら
きっと、それでいいんだよ!
[PR]
by uzura_egg_happy | 2006-01-06 12:24 | ステキな人発見!