楽しむ力を生む力

くつきの森を応援しよう・・まきねっと
d0067691_11501257.jpg
マキねっとメンバーに配られる入園許可証なのだ→

ちょっとお留守にしてました(^^;)

「有言実行派」榊さんご夫妻のマキ作業レポートは拍手もの!
パチパチパチ~!脱帽です。

23日は田んぼの稲刈りだそうで。
(榊さんのブログ見てね)
朽木ライフ満喫ですね~。

作業って、作業でありながら
かなり、ミョーに楽しめるんですよねえ。
でもそれは一人じゃない時の話。
何なんでしょうね?このミョーな楽しさは??
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-20 12:02 | テーマ「地元住民の意識」

コナラの赤ちゃん・どんぐりの保育園

森の保育園が魅力的という話。
でも、まだしばらくはムリな話。

ふと思ったのだけど

人の子は、しばらくムリでも
コナラの子ならできるんじゃないかしら・・・?

「コナラ・どんぐりの苗木の保育園」!

どうかしら?

今月の看板の写真は
8月末の1回目のマキ作業の時に見つけた
どんぐりの赤ちゃんです。

この秋、わずかでもちゃんと生まれることのできたどんぐりを集めて
それを芽吹かせること、できないかしら?

それができたら、「苗木の保育園」作って
鹿や熊やサルなどの動物達から守りながら
しっかりするまで育てるのです。

どんぐりはもう、今年しか採れないかもしれないし、
よそからコナラを買い集めてくることも必要になってくるでしょうけれど
この森にいたコナラの子孫、残したいよね。

できるんだか、できないんだか、
また聞いてみなくちゃね。
保育園として囲うのに、どのくらい費用がいるんだろう?
主旨を伝えて、一口いくら、とか設定して会費を募るとか?

この秋からは熊たちも「どんぐりがないよ!」って探し回ると思うので
バッタリ出会わないように、気をつけなければ・・・。

みんなも、今年の秋の森は
一人で奥へ入って行かないようにしましょうね。

絵入りでわかりやすい兵庫県の「熊の知識」
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-15 06:29 | マキ企画(湖西・マキねっと)

ブログは育つ

ブログ開設1年たちました
「TB」させていただきます。
ayakoさんがおっしゃるように、ブログはおもしろいですね~。
もうこのブログが新たな森で、みんなが新たな生態系を作っているような
フシギな、でもステキな感覚です(^^)
いろ~んな人がいて、世の中成り立つっていうか・・・。

そのayakoさんが下で教えて下さった「石釜」情報。
みんなで見てみましょう~☆
石釜い~っぱい!
「地球デザインスクール」でも作ってるみたいですね。
ここ、お隣の京都ですよ。
しかも、ナイスがワークキャンプを続けてる所だ。
やろうとなれば、結構すぐできるかも。
やっぱり、腕のいいパン職人を探さねば・・・!!

(こちらは榊さんちの石釜)→d0067691_82338.jpg

それにしても、このシャロムヒュッテスゴイですね。
私は石釜よりも、保育に釘付けになりましたよ。
やっぱり、やってる人いるんだ~♪

ま、私が「あったらいいな」と思うことはすべて
新しいことでも何でもないのです。
「やればできるんじゃないの?」という思いつきばかりなので
探せば必ず、実践者がいます。

また、楽しいアイディアって、ポンポン弾んで出てくるんですよね~。
いい案には、どんどん勢いとか弾みがついてくるものです。
この重さと軽さを計る感覚は大事にしたいところです(^^)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-14 06:18 | ステキな人発見!

コナラの生きる道 一つ見つけました~☆

木こりのローソク

こんなのがあるんですって。

今度作って試してみたいですね(^^)

他にもあれば、ぜひ教えて下さい~!!

d0067691_916488.jpg
こちらは8月初めてのマキ作業の時に
倒したコナラにあったキツツキさんの空家。
コゲラちゃんではないかな?
穴の直径4cmくらい。
クラフトの達人ゴンちゃんもビックリなくらいの
美しい彫り方でした(^^)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-13 05:25 | マキ企画(湖西・マキねっと)

「ただいま」と帰る森

ハイキング
「TB」させていただきます(^^)

くつきの森の日帰りハイキング、
財)森林文化協会が主催されてる毎月の企画で
今年4月~来年2月まで、毎月参加下さってる方もあるんです。

今回、私は行きませんでしたが
てる君のレポートを見てると
「あ、あの方来られてるな(^^)」とか
なんとなくわかる方もあり、嬉しい気持ちです。

全く同じ場所、同じコースだったとしても
1ヶ月違うと、やっぱりそれなりに変化があるんですよね~。

「また行きたいな」と思ってもらえて、ホントにまた来てもらえた時、
お迎えする側として、こんな嬉しいことはありません。

たぶん「森さん」もそう思ってると思います(^^)

私が昔、ここでボランティアをしていた時代は
「この森では、さようならという言葉は使いません。
一度来られた皆さんは、もうこの森が皆さんの故郷(ふるさと)です。
森を出てお家へ帰る時は、行ってきますって言ってどうぞお帰り下さい。
今度、森へまた来られた時は、ただいまって帰ってきて下さいね」
と、挨拶してました。
だからスタッフは
「いってらっしゃい~!」ってお見送りしてました。
みんな妙にニコニコと
「いってきま~す!(^^)」と手を振りながら帰ってました。

そして、数ヵ月後だったり、翌年だったり、数年後だったり、
ホントにまた来て下さった時は
そのご家族を直接知らなかったとしても
「おかえりなさ~い(^^)/」
とお迎えしてました。
それを言いたくてウズウズしてた子もいました。

早く、そんな誰かが待ってくれてるステキな森になってもらえたら、と思います。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-12 02:07 | 応援日記

空もいいけど、足元も見よう

地球お助け隊 会報 9月8日号
「TB」させていただきます。

一週間ごとに、このブログへの来訪者数が増えています(^^)
うれし~~~!

頑張ってお友達を増やすぞ~☆

ホント、皆さんステキな方ばかりで日々感激です。

世の中捨てたもんじゃありません。

遠かろうが近かろうが
森を応援しよう!と思って下さる方が
こんなにいらっしゃることに、正直ビックリしています。
うれしいビックリね(^^)

「森のパン屋さん」は、イイんだ!ってことは
よ~くわかりました。
いつかそう遠くないうちに実現できそうな気がします!

パン焼き窯を作るということは
一つの設備資産になってしまうと思うので
森の持ち主でも何でもない私には
今すぐできちゃうものではありません。

でも、絶対イケるし、やりたいよね。

このカードを出すタイミングを見て
今はみんなで取っておくことにしましょうね(^^)v

トランプの大富豪とかで
いいカードを後に置いておいて、ものすごく役に立つ時ってあるでしょ?
あれですよ、あれ。
きっと「今だ!」って時が来ますよ。
ふふふっ。楽しみですね~。

来訪者が増えたお陰はたくさんある中で
上で「TB」させていただいた「地球お助け隊」メンバーにしていただいたのも
大いにあると思います!

今週はちょっと地に足つけて、
「小さなことからコツコツと」精神で
「ムリなく実現」の小さなことを積み上げて
大きな実現のための勢いを確実につけていきたいと思います~☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-11 01:10 | ステキな人発見!

おいしい夢は膨らみ続ける

いやあ~、よかった。
「森のパン屋さん」は、やっぱ、イイ感じなのだな~。ふふっ。

この前行ったリゾートカフェ「哲学の道」はお隣の志賀町にあるのですが
とんでもなくオシャレなお店で、イイ感じのラベル、いやレベルが違いました。

ランチがとっても美味しくて
スタッフの皆さんはとっても美しい!
と思ったら、
やっぱ、本職プロの方でした。
私、あまりいろんな人を知りませんが
凡人の感覚でいうと
「栗原はるみさんをもっと若くキレイにオシャレにしたような輝いてる人達」でした。

わっかるかなあ~?(^^;)

いやあ、スゴイね、滋賀県。

でも、「また来たいな」と思って店を出る感覚っていうのは
とっても大切なポイントです!

森だって、「また来たいな」と思いながら帰っていただけるようにするために
おいしいものが食べられたり、思いっきり遊べたり
とっても心地よく過ごせたり、
そして大切なのは「人のあたたかさ」だと思うのです。

それはお客さんにベッタリつく、というお世話ではなくてね。

「ようこそおいで下さいました」という気持ちです。

「森さん」は、いつも誰に対しても、そう思ってくれています。
それを通訳する、口のきけない「森さん」に代わってお迎えする人と場が必要だと思うのです。

パンの案は、採算の取れる事業としても有効ですが
パンで、パンを通して、人と森が仲良くなるきっかけができることに
大きな意味があると思うのです。

「食」は、人と人、人と森が仲良く繋がっていくには
最も速く、ムリがないと思います。

やっぱ、「また食べたい!」と思ってもらえるおいし~~~いパン!だな(^^)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-10 12:31 | ステキな人発見!

おいしい夢は膨らむ

d0067691_8415665.jpg
マキの活用の仕方を考えてる間に
すんごくおいしそうなことを思いつきました。

「森のパン屋さん」をやるんです!

石釜作って、マキの火で焼く。

パン工房を建てるんです!

毎日焼いて、売りに出るんです!
カフェやレストランへも卸したりして。

パンです、パン。ケーキよりパン!

時々、森で「パン作り講習会」もあって
みんなで石釜で焼いてみたり。

絶対、売れるし、人も来る!
と思うんですけど
私、おいしいパンを焼けません・・・?!w(*o*)w

森のパン屋さんは、おいしくなきゃダメです。
ちょっとおいしいくらいじゃダメ。
めっちゃおいしくなきゃダメです。

お隣の志賀町には、「パンが置いてないパン屋さん」があるそうな。
おいしくて、焼けたらみんなすぐ買ってっちゃうんですって。
すげ~っ。

今時は、「場所が悪い」ことは売れない理由になりませんからねえ。

人はどんな不便な僻地でも、
おいしいものや質のいい品を求めて行くし、
インターネットのお陰でどこからでも「お取り寄せ」ですからね。

誰かおいし~~~いパンをこの森の石釜で焼いてみようと思ってくれる
隠れた達人、ご存知ありませんかねえ?
普通のオーブンと併用でもいいからサ。
(おいおい、誰が用意するのサ?)

いや、でも絶対、スゴク儲かって
オーブン代なんて、一気に返済できると思うよ。
焼けたパンを売りに出てもすぐ売れちゃって
あっという間に帰ってこなきゃいけないような
おいし~~~い森のパン屋さんになれたらね。

ポイントは見た目と味!でしょう(^^)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-09 05:57 | 応援日記

ちょっとアブナイ人? ~空に森に話し掛ける~

台風が来るぞ!と雨戸を閉めて構えていたのですが
今起きてみるとあれれ?しーーーーん。
職場は8時出勤なので
ものすごい雨と風!と覚悟していたけど
雨もなく、しーーーーん。
全然、自転車で行けそうだ。
カラス達も朝の伝言リレーしてるし、大したことなく済むのかな?
でも、どこかは大変な所があるのだろうな。

私はこの夏、結局雨知らず、でした。
雨傘を一度も差すことなく済んでしまいました。

夕立&にわか雨の間を掻い潜ってきてしまったのです。

バスに乗り込んだ途端にザーッと降り出して、降りたらやんでた。
帰ってきて玄関ドアに手をかけた時、振り返るとバケツをひっくり返したような雨。
電車を降り、駅を出ると道が水浸しで、さっきまでスゴイ雨だったみたい。
お買い物を終えてデパートを出るとみんなビシャビシャになってた。
などなど、一度や二度じゃないのです。

まるで私が外を歩いてるのを空から見られてるようです?!
どこかに入ってる間だけ、降ってる。

先週の火曜日、祖母の病院へ向かう時もやっぱり雨があがっていて
でも、宝塚に着いたら、ジャジャ降り!!
「あ~、これで雨知らず記録も終わりかあ。」と思いながら立っていたら
「あの、誰か迎えに来てもらえるのですか?」と学生のような女の子。
「いいえ」と答えながらメガネを外しケースにしまい、隣のキオスクへ傘を買いに行こうとしてた私。
「じゃ、この傘使って下さい」
「え~っ!!いいんですか?」
「いいんです。私はもう駅まで来たので大丈夫ですから、どうぞ使って下さい」
さっき買ったのだろうと思えるキレイなビニール傘(大サイズだった)を差し出されてしまいました。
天使に見えちゃったわ。

いよいよ雨が降ったら、傘が来ちゃった・・・?!

それからも、「傘いらずはこれまでかぁ・・・」と思うことが何度もあるのですが
やっぱり今日まで傘がいらなくて済んでしまっています。
降っても、どんどん小雨になってしまう・・・?!
台風には叶うまい、と思っていたんだけど、やっぱり降ってない。

その度に、傘をささずにすむ度に、
空に向かって「ありがとう~(^^)」ってお礼を言ってる私です。
雨が止んでればもちろん、小雨で済んでもお礼を言ってます。
どうも、ちゃんと聞いてくれてるような気がします・・・?!

皆さんもお試しあれ。
(もし降られちゃっても、空にグチを言わないようにね!
たぶん、それがポイントだと思う)

森だってそうですよ。

森に入ったら私はいつも挨拶してます。
どこに向かってってわけじゃないんですけどね。
ちゃんと応えてくれますよ。
ある時は、「こんにちは」って言ったらすぐに風を吹かせて応えてくれたり
鳥さん達にたくさん歌わせたり
この間は虫さん達がいっぱい鳴いてましたね~。
いろんな虫が飛んで来たり歩いて来たりして挨拶してくれましたよ。
「森さん」は日々、喜んだり悲しんだり耐えていたり、感謝していたり・・・
いろんな気持ちを表してくれてるようです。

「森さん」の声なき声、
耳だけでなく目だけでもなく、
全身の五感以上に六感七感使って、聴いてみてね~☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-07 06:21 | 応援日記

天寿と天命 ~コナラの生きる道~

マキ企画で倒しているのはコナラの木。
先日のなんて、直径が60cmを超えていました。
さすがに私には担げるものではなく、
もっぱら枝葉ばかりワッサワッサと運んで固めたら
コンモリ秘密基地のようになってます?!

大きいのを倒した時、そばに立っていたクリの木から
まだ青いクリイガがいくつか落ちてしまいました。

榊さんはそのイガイガ君たちを集めていました。

そして榊さんはさらに、コナラの太い部分を一つ輪切りにして
「持って帰る」と、イガイガ君と一緒に車に積みました。

堅田まで送っていただく途中
カフェ&ギャラリー「Kaze」というお店へ寄りました。
榊さんは仲良しのお店。私は2回目。
マキストーブのある、ゆったりしたお店です。
(アイス柚子茶、おいしかった~)

d0067691_9322986.jpgそのお店に、榊さんはさっきのイガイガ君&コナラの輪切りを持ち込み
マキストーブの前に置いちゃいました?!
ステキなディスプレイになりました~☆
小さな子がイガイガ君を見に来て、こわごわ触ってました(^^)

コナラは森の中で倒され固められるとなんだか悲しい姿ですが
彼らは見事にイキイキと魅力を発揮してました。

お店にもお客さんにも喜ばれ、
ちょっと恥ずかしそうにも見えました(^^)
でも、やっぱり嬉しそうです。

「僕の家に飾ったって、誰も見に来ないからね。ここにいいでしょ?」と榊さん。
く~っ。そっか~。いいなあ。

「樹里」の小西さんも割れてないところを探して輪切りにして
何か作品を作るとかで、(電気スタンドの台っておっしゃってたかな?)
いくつか持って帰られてました。

翌日、日曜日で、心斎橋まで美容院のカットに行ったので
東急ハンズを見てきました。
切っただけの木や枝、流木も売られていました。
意外といい値段がついてたりしました。

でもなぜか、創作意欲は湧きにくい気がしました。なんでかなあ・・??

~森のコナラ、皆さん、もらってくれませんか?~

d0067691_9325352.jpgこんなイスやテーブルにもできるような大きなものもあれば
かわいい雑貨を作るような小物でも
お部屋のミニオブジェにでも
できるだけ、たくさんの人にたくさんのコナラをもらってほしい、と思いました。

コナラは天寿を全うすることはできませんでしたが
天命はまだまだあるのです。
バーバパパのように、いろんな形に変化して皆をハッピーにできるのです。

森に行ける皆さんは、ぜひ一度行って、お好きなのを持ち帰っていただきたいですし、
(ぜひたくさん積める車で来てね)
遠くにお住まいの皆さんには、ご依頼に合わせて大小どんなのでもお送りしますよ。
ただし、着払いにさせて下さいね。
告知でも言いましたが、今回のマキ企画では「販売はしないで」とうたっていますので
代金を取るつもりはありません。
(充分売れるモノですけどね)
だから送料だけ、ご負担いただけれるのであれば、
私はいろんな方へお送りして届けたいと思ってしまいます。

この木たちが、届けた先で輝きだすと思うと、嬉しくてたまらないのです。

興味を持って下さった方はコメントでどんどん質問して下さい。
こんなのはありますか?とか何でもどうぞ(^^)
いよいよ、送るとなれば、非公開コメントで送り先を知らせていただければ
手配させていただきます!喜んで~!(居酒屋じゃないけど)

いかがでしょう?
送り先を伝えてしまうのは怖いかな?
近所のお知り合いのお店宛て、とかだったら安心、とか?

私としては、小枝1本でも、たくさんの皆さんの所へ飛んでってほしいと願っています☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-06 06:22 | マキ企画(湖西・マキねっと)

ワークキャンプ参加者募集チュ~ッ!

10月の8日(土)~10日(月)の3連休
くつきの森でナイスのワークキャンプを行なうことになりました!
(「今月のイベント情報」の中を見て下さい)

パチパチパチ~!

申込窓口担当の岸田ほたるちゃんは
この森の前身、「朝日の森」のキャンプにチビッコ時代、参加していた子で
今年6月、益田さん主宰のワークキャンプに参加してみて
「ナイスのワークキャンプをやってみたい」と思うようになったそうです。

森は子どもが大好きです。
でも、今、子どもはいないし、呼べません。
子どもを受け入れる力がないのです。
遊びながら子ども達にだってできる森の整備はあるんですが
その子ども達にちゃんとついて森と子どもを繋げる役目を果たす「受入れの力」がないのです。

ナイスには若者が多いので
地元の子ども達~20代の層を巻き込みながら
持っているノウハウを駆使し、地元の大人&お年寄りまでも
皆にスイッチを入れていってくれることに期待しています。(期待しすぎか?)
いやいや。きっとできます!!
なんてったって、楽しいのが一番だし~(^^)
皆で参加してお楽しみを満喫しましょう~☆

参加者の年齢制限はないはずだし、
いろんな人と交流できるのはいいですよん。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-05 06:09 | 森イベント情報(参加者募集中)

9月の森、どんどん行こう~☆

d0067691_12495660.jpg
汗臭い女は、ステキデス?
「TB」させていただきます。
榊さん、早いっ!!
もう汗臭い報告が出ています(^^;)
(ブログだけでなく、「デジカメ日記」も見に行ってね)

今日は「マキ企画」の2回目。
(8月31日と翌日は雨天でパスでした)
前回と同様に森へ入りました。

今日は新メンバー登場!
国道367号線沿いにある喫茶店「樹里」の小西さん☆
パチパチパチ~(^^)
チェーンソーを持って現れました。
強力な協力メンバーであります。

「こんな大きなのを切るのは初めてや」と
ニッコニコ~楽しそうでした(^^)

榊さんの奥さんは今日は来られず、残念。
ゴンちゃん、榊さん、「樹里」の小西さん、ウズラの4人での作業でした。

思いっきり肉体労働で
帽子は深くかぶり、カッパズボンと長袖シャツ、首にはタオルで、ヒル完全防備態勢。
普段汗が出にくい私が汗だくでした?!
でも!!なぜでしょうね?
森の中での作業って疲れないんですよ。マジで。
ただただ気分がいい。
それこそ、全細胞が喜んでるような気さえします?!

この感覚をぜひ、皆さんも一度味わって下さい(^^)
今日一日全員ずっとニコニコしてましたもんね。

マキ作業、今月は毎週水曜日と、18日(日)に行ないます。
実施日の2日前までにFAX申込をお願いします~!
くわしくはこちら(8月27日付の告知)

そして、もうすぐ、10日(土)は
第6回くつきの森日帰りハイキング
5日(月)締め切りですって。早く早く~!
先月のハイキングレポート&ナラ枯れレポートなども見てね。

先月、たくさんの応援の声をいただき、
近い人、遠い人・・・いろんな人と繋がったので
近くだからできること、遠くでもできること、などを
一緒に考えていけたらなあ、と思っています(^^)

特にマキ企画。は、一度は行ってみるべし!です。
あんな大きな木を切ってるところも
ドッシーン!!と倒れるところも
そう見れるものではありません。
見るだけでも価値アリだと思いますよ。
汗だくになっても
朽木の「てんくう」っていう温泉がありますしね。
私は小汚いまま、とっとと帰りましたけど。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-09-03 22:14 | 森イベント情報(参加者募集中)

今月は、こ~んなに繋がりました☆

d0067691_9149100.jpg
こちらへお越しいただき、コメント下さった方は
皆さん応援して下さる方なんだわ!という毎度の思い込みにより
今月もこんなにたくさんの方と繋がり
皆さん自動的にリンク貼らせていただきます~?!

万願寺さん
parasa_kさん
nontaさん
hsmt1さん
VegetarianKさん
mwakaoさん
taira5577さん
flowerpower-84さん
かとさん
ayako_HaLoさん
pianixさん
G-hopさん
ユーカさん

あと、こちらへのコメントはないけど、
ご自分のブログで「応援宣言」して下さったのは
ricadoaronaさん
yasu3903さん

エキサイトブログじゃなくてリンクがうまく貼れない方々はこちら。
りんもんさん「ちょっとニュース」
slothさん「なまけもの短信」
tamさん「tamの日々あれこれ」

すんごいですね~?!
お友達増えましたね~(^^)
今月は「マキ企画」がスタートしたことで
真剣モードの話題が増える傾向でしたが
こんなにも繋がっちゃって、今になって改めてビックリです(^^;)

以前から繋がって下さってる皆様も
新たにご登場いただいた皆様も
これからも応援どうぞよろしくお願い致します~♪
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-31 06:19 | 応援日記

虫の先生 登場~☆

アブラムシの二次共生菌は寄生蜂に対する耐性を決定する。
「TB」させていただきます(^^)
コメントを見てみてね。
ナラ枯れのことで何かご存知ではないかと思い、質問してみたら
それについてはわからない、ということだったのですが
いろいろ参考資料を教えて下さいました~☆

こんなのの中に
こういうのとかこれもそうです。
そして
芦生の演習林まで?!

すぐ近くで、前からとっくに起こっていたんですね。

でも、これらを読んでみると、新たに気になる点が出てきます。

このマキは来年の5月までに使い切らないと成虫が羽化してしまうから伝えておかなきゃいけないんじゃないか?
とか
下から4mの処分する部分を炭にしてしまおうっていう声があるけど
こんなカラカラに枯れてたら、生木を炭にするのとは違うハズだなあ、とか。

マキ企画でやったことが
森への被害を拡大させていた、なんてことだけはしたくないなあと思いまして。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-30 05:48 | ステキな人発見!

森の緑がヤバイです

鹿が多すぎる。
と思ったら、森がある湖西地域は特に多いみたいです。

滋賀県特定鳥獣保護管理計画案(ニホンジカ)概要
滋賀県特定鳥獣保護管理計画案(ニホンジカ)本編
いきなり、難しい資料ですが
滋賀県のホームページにありました。

森は今、「つんつるてん」なんです。
地面に緑がありません。
ぜ~んぶ、鹿さん達が食い尽くしてしまってるんです。

裾の部分がどこも、向こうの方まで、丸見え。
クマザサの葉っぱは1枚もありません。
あんなに作ってたササ舟もササカゴもササ茶も作れません。

杉を間伐したら太陽の光が当たるようになって草が生え・・・
なんて、たぶん生えません。
今切ってるコナラの木も
切り株から萌芽して、とか、どんぐりを落として、とか
次の世代を産もうとしていたかもしれませんが
ぜ~んぶ、大きくなる前に鹿さんの口に入ってしまう。

そして森は「つんつるてん」。

このままでは、枯れたコナラを全部切っても
次に生えて育ってくるものがなく
木陰の無い森というより土地になっていくでしょう。

しばらくは、「自然に生えてくる」期待はできません。

苗木を育て、植えて囲むか
鹿さんが食べられないほど大きく育った木を移植するか。

生きようとしてる森が生きようとしてる鹿に負けてしまっている今
少し人の助けが必要なのかもしれません。

だから
マキ企画では、マキづくりをした後、
苗木を買ったり育てたり、ある程度成長するまで鹿から守るなり、
森がしっかりするように
何かできることはないか考えたい。
そこで会費制にして、
次のステップへ活かせるように積み立てて行く形を取りました。
マキを買うことを思えば安い金額。
それを丸々、森のためになることに回せたら・・・♪

昨日の24時間テレビもそうですが
「このお金が何になるのか、どう使われるのか」ということを
きちんと形に表し、見せることで
お金を持って行く方も、イメージを明確にして気持ちよく
「使って下さい」と差し出せるのだと思います。
(今年は久々にケッコー観た。
3億円超えたかもって。スゴイですね)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-29 06:18 | 応援日記

マキ企画 「ちゃんと告知」です~☆

(作業日程)

8月24、31
9月7、14、21、28
10月5、12、19、26
毎週水曜日。雨天の場合はその翌日に変更。

この他に週末コース
9月3日(土)、18日(日)
10月1日(土)
こちらも雨天の場合はその翌日に変更。


(集合)AM9時 くつきの森 森林環境研究所(ユリノキ広場のそばの建物)
指示に従って各自の車を現場まで乗り入れていきます。

(作業)樹齢30~50年と思われるコナラの木を1~2本伐採しては、マキとして使えるよう裁断していき、森を整備していく。(9時~15時までの予定。途中12時~13時は休憩。)

(持ち物)あればエンジンチェーンソーなど、作業に使える道具。所有されてない方、未経験の方でも、参加は可能です。

(年会費)一家族5000円。
マキ企画については10月までの計画で動いていますが、その先に何かあるのかないのか、今はわかりませんが、一応、これから来年7月までの1年間、という期間でとらえて、年会費を家族単位で5000円徴収します。保険は参加の都度、別途一人500円を徴収。例えばご夫婦で参加の場合、初回のみ、会費5000円+保険500円x2名分を支払い、2回目以降は参加の都度、保険500円x2名分のみを支払い、マキは無制限でいただける、ということになります。事務局としては、必要経費を除いた残額を積み立てていき、参加者と相談しながら、森の応援になるお金の使い道を考えていきます。(今のところは、広葉樹の苗木を買う。チェーンソーを買う。などの案が出ています)

(会員証の発行)参加者へは「会員証(ネームカード)(駐車用カード)」を発行し、2回目の参加以降はそれを利用してもらいます。(→管理人中村氏が、マキ企画のメンバーなのか、単なる無断侵入者なのか、見分けができるようにするため)。それを持っていれば、榊さんのように、後日、日を改めてお好きな日にマキの積み出し作業に入ることもできます。

(約束ごと)
1)くつきの森および高島市は、万一の事故が発生しても、参加者へ対しての責任は負いません。自己責任の上で作業を行なって下さい。
2)森の管理人の指示指導に従って下さい。
3)作業はマキを確保するだけでなく、掃除片付けなどの最後までを頑張りましょう。
4)今回持ち帰るマキは、他へ販売はしないで下さい。
5)設定の作業日以外に、マキの積み出し作業などで森へ入る場合は、研究所へ事前にFAXで知らせておき、当日はできれば管理人に一声掛けてから、森へ入って下さい。(ネームカード&駐車用カードを忘れないように)

(定員)15名まで。

(申込方法)
各実施予定日の2日前を締め切りとして、FAXにて受け付けます。
氏名、連絡先TEL、参加希望日、ご持参いただける工具の種類(無い方は無いとご明記願います)
これらを明記の上、
0740-38-8012 くつきの森 森林環境研究所までFAXして下さい。
ご質問などありましたら、その旨お書きいただければ
折り返しTEL連絡させていただきます。

(中止のご連絡)
天候不順、参加人数が少ない場合など、決行or中止の判断は各実施日の前日に行い、
中止の場合に限り申込者へTEL連絡させていただきます。

(その他)
管理人中村氏は、この企画に合わせて、毎週水曜日をナラ枯れ伐採&整備の作業をする日とされたので参加者がなければないで、一人ででも、森の管理人として作業されます。
一人でするよりも、二人、三人・・・といた方が、進み具合も違うのでは?という「応援」としての参加という位置付けで、この企画があり、
「協力してくれてありがとう」という意味で、普段徴収される入園料もマキの代金も、森としては取るつもりはない、という姿勢でいて下さる。という理解で進めていますから、
参加動機は何でも大歓迎ですが、
「森の整備の応援&協力」は必ずお願いしたいことであります。


以上を決定として、お知らせさせていただきます。
次回は早速、31日(水)。
申込締切日は29日(月)となります。
週末が都合のよろしい方は3日(土)も、もう間近?!

人と人、人と森、
この作業を通してたくさんのステキな出会いがありますように・・・☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-27 15:00 | マキ企画(湖西・マキねっと)

森デビュー お二人目です☆

さぁ・・くつきの森へ・・♪その2・・です^^


リンク貼らせていただいてる、てる君が
20日(土)の日帰りハイキングで、くつきの森デビューされました!
パチパチパチ~(^^)

7月はy-inagaki1さんが森デビューされて、お二人目です~☆

ありがとうございます~(^^)/

いろんな人が入れ替わり立ち代わり、森へ入っていただくのが一番!
日帰りが可能な方は、ぜひお越しいただきたく
もっともっと、森へ入るきっかけとなるいろんな企画をしていきたいところですが
今はまだ「何も決まっていない森」なもので
目的も定まっていない中で何かいろんなことを始めるなんて
できないんですよね・・・。

例えばですよ。
「木を植えていこう」って動き出したとしても
せっかく植えた後に「ここに宿泊施設を建てます」なんて言われちゃ
その植えた木はどうするのか?
「森の設計図(エリアごとにどんな樹種を育てていくのか?など)」も定まっていない中、
勝手に植えたりするのもダメでしょう。

だから早く決めましょうよって言いたいところです。
決まればそれに沿ってどんどん応援できるから・・・☆

そしてこのブログは
「日帰りなんかじゃとても行けない」ような遠くの人達が
森にフシギなあったかい力を下さるという
何ともステキな方々ばかりが登場して下さる場となっています(^^)
おまけに智恵やアイディアまで集まり
あったかさと同時に賢くなっていってる感じがするのは気のせいか・・・?(^^;)

あったかいエネルギー、嬉しくなりますね。

みなさん、ホントにありがとうございます♪
これからもご一緒に応援よろしくお願い致します!
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-26 05:57 | 応援日記

朽木移住計画?!

d0067691_13105512.jpg
マキ作業を終え、森をあとにして
榊さんのお宅訪問をしました。

朽木小川(くつきこがわ)という地域にお住まいです。
この地域を訪ねるのは初めてです。

榊さんのブログやホームページを見ていて
いい所だろうなあと思っていたのですが
ホントにとってもいい所でした~(^^)

くつきの森の前身「朝日の森」の「きのこ教室」に参加されたことが
榊さんご夫妻と朽木との出会い。
まだ住み始めて5年。
お家はマキストーブがあり、外にはピザ窯があり、
周囲には少しずつ植えていったとおっしゃる木々や草花。
前にはMY田んぼ。水も豊富。
後ろの杉林は今度、伐採して広葉樹へ移行していくとのこと。
きゅうり、なすび、ゴーヤをお土産にいただいて
「今度稲刈りの時においでよ」と言って下さいました。

かなりステキに、無理なく楽しんで過ごしておられるのを
どこを見ても感じられました(^^)

「ここはホントにいいよ。君も彼と結婚したら、ここに住んだらいいよ。
この地域だったら、土地とか僕が言ってあげるよ」

キャ~。ステキ~!
「思うツボの客」とは私のことを言うのでしょう。
でもホント、ステキです。

この地域も高齢化で、先は大変みたいです。
50歳代以下の若い世代(!)の住民大歓迎?!

彼と二人で榊さんご夫妻の快適ライフを体験に来たいなあ、と思いながらも
あんまり一人で「朽木朽木」とやり過ぎると、
いい加減に怒られてしまいそう・・・(;0;)Oh,No!

嫁入り前ライフも大切にします(^^)v

朽木への移住をお考えのあなた!
榊さんを紹介しますから、御連絡下さいね~。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-25 05:57 | ステキな人発見!

ウズラでもできた☆マキ作業

ただいま~(^^)行ってきましたよ、マキ企画。
京都AM7時9分発のJRに乗って、安曇川8時2分発のバスに乗って行きました。

今日の驚きはバスの途中、「荒川」の辺りから
ゴマメちびっこ軍団が乗車してきたこと。
どう見ても3~4歳なんだ。
通路に立ったら、小さすぎて全く姿が見えない。
保護者らしき人達はバス停で見送るだけで
バスに引率者らしき人は誰もいなくて
どの子もごくフツーに乗り込む。
運転手さんも別に声を掛けたりしない。
ただ、ちゃんと座るまで待ってから発車してた。
後で聞くと、「保育園バス」はなく、
やっぱり3歳~バスで通ってるんだって。

朽木の保育園の子って、たくましい!

さて、森はというと
結局、本日の参加者は榊さんと私だけ。
森の管理人ゴンちゃんの指示指導の下、作業開始です。

20m以上ある、樹齢50年を超えてるコナラ。
d0067691_1333455.jpg
ワイヤーをかけ、倒す方向(山側)にある木と繋ぎ、
方向を考えて、ゴンちゃんがチェーンソーで切り目を入れます。
d0067691_134314.jpg
ワイヤーを榊さんが引っ張ることで切り目辺りがバキッと折れて
榊さんはパッと逃げて
木は山側へ倒れます。ズッシーン・・・!!

今日は初めでもあり、どれを切るかはヨリドリミドリ。
比較的、切りやすい木を、と選ばれました。
杉のようにまっすぐに伸びた木ではないので
かなり注意しないと危険とのこと。

ゴンちゃん&榊さん、どちらの役割も
とてもじゃないけど、私もやってみたいとは思えませんでした(^^;)

木がバッサリ倒れるのも初めて見ました。
セミ君達がビックリして飛んで逃げてました。

根元から4mは、森の外へは持ち出さず、処分するように市から指示が来ています。
それより上はOKとのこと。
この上の部分がマキとなっていくことになります。
d0067691_1354472.jpg
4m使えずとも、残り16mはあるわけですから
1本でも、ものすんごい量です。
榊さん宅では、1本分からのマキでこの冬は越せるようです。

後でマキにすることを頭に置きながら
ゴンちゃんが倒れた木をチェーンソーで裁断していきます。
幹と、枝葉と、分けて寄せて置いていき、
「切りっぱなしの散らかしっぱなし」には、しないようにキレイにします。

幹たちは地面にべチャッと置いてしまわず、
立てかけるようにしておきます。
d0067691_1361557.jpg

後日、日を改めて、榊さんはゴンちゃんへ一声かけて森へ入り、
これらをちゃんとマキに切ったり割ったりして
車に積み込み、もらって帰られる予定です。
榊さんはMYチェーンソーをお持ちのマキストーブ愛用者ですから。

午前中だけで、休憩しながらでも
この3人だけで、2本のコナラの伐採&整備ができました。

私のような「超非力系」な子でも、
カットしてもらった幹や枝葉を運べたんです?!

それは、コナラが完全に枯れてしまっていて
超軽量になってしまっていたから、でした。
あれがフツーの生木だったら、ムリだったでしょうね。
「私でも、作業ができた~」と嬉しかった反面、
コナラの悲しい姿を見て、気持ちは複雑でした。

これをご覧になって
「体力系ワークはちょっと・・・」と思っていたあなた!
全然、力持ちじゃないお友達を誘って
ぜひ一度、このマキ企画、体験してみて下さい(^^)/

マキが必要じゃない人でも
「東急ハンズにクラフト材料をよく買いに行ってる」ようなお友達も
誘ってあげましょう。
焚き火が好き、って人は焼き芋パーティーなんていかがです?

榊さんなんて、マキストーブだけでなく、お家の外にピザ釜も作っていらして
今日のコナラの枝くらいが、マキとしてはちょうどいいんですって。

もう誰とでも何でもやっちゃいましょう~☆

ご参加いただけるように詳細を詰めていかなければいけませんが
日程は変えない予定です。

みなさん、どうぞカレンダーチェックをお願いします(^^)

とりあえず来週の水曜日は私は欠席してしまいますが
榊さんは出席予定ですし、きっとやってるだろうと思います。

てる君も、ツジイさんも、昨日はコメントありがとうございました!
朝、家を出る前に「一応・・・」って見てみたら・・・!
ちょっと心強くなりながら、やっぱりまだまだ不安でした。
でも、「行ってよかった」はいっぱいありました(^^)v

私の「朽木の姫」も応援に来てくれました☆
姫もお健やかにお育ちのようで何より。遊んでいただきました。

18日付の告知内容をご確認の上、ぜひお越し下さい。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-24 19:11 | マキ企画(湖西・マキねっと)

言い出しっぺの宿命

明日いよいよマキ企画を試みることになりました。
自分の頑張りの足りなさが参加状況に如実に現れます(^^;)
本当に手を尽くしていたら、
どんなに参加者が少なくても誰も来なかったとしても
それはそれとして開き直れるのですが
まだできるのにやり切っていないことが自分でもわかるので
モヤモヤしています。

「言い出しっぺ」の宿命みたいなのを、よく感じます。

黙っておけば誰も知らないんだから、言わなきゃいいのに
言い出しっぺになって、自分を追い込むというか
さらしてしまう習性があるようです。

先日お会いした人には「細腕ジャンヌダルク」と名付けられてしまいました?!

ジャンヌって最期、可哀想な死に方するんだよねえ・・?うっ・・。

時々、言い出しっぺとしての孤独感に苛まれそうになることがあるけれど
いえいえ。私には「森さん」がついてくれてる☆と思い直すと
孤独感ってのは、一人で勝手に作り上げてしまっているものだというのがわかります。

ま、こうしてブツブツ言ってるのも行く前だけのこと。
明日、行ってしまえば、動くのみ!
って、なんせ「細腕」ですから仕事量はお子ちゃま1人分にしかならないと思いますが(^^;)
「行ってよかった」を絶対ゲットしてきますから~☆
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-23 06:20 | 応援日記

第3者の視点

今週末、映画を観に行こうと思ってます。
阿倍野ヒューマンドキュメンタリー映画祭
昨年も行って、「風のかたち」(キャンプ編&ドクター編)という2作品を観ました。
今年は「タイマグラばあちゃん」観てみたい。

まだ観てないけど、
この作品を森がある高島市で上映会して
監督(この作品の監督は伊勢氏ではないです)とお話できる会とか開いて
森のことを一緒に考えるイベントなんてできたら
どんなふうになるだろう・・・?

勝手に妄想してます(^^;)

私は伊勢監督のファンです(^^)
まだ全部じゃないですけど、少しずつ、でもだいぶん
伊勢さんの作品を観ています。

見えない学校という作品に私もチョロッと出てまして、
(今回、この作品は上映はされません)
ということは、昔、私も撮影されていたわけです。

映画の機材やライトがあって、いつもとは様子が違うし、
ゴッツイおっさん達のハズなのに
存在感を感じさせない術を持っておられて
そのうえ、あったかい目で見守られてるような感じがしたんです。
ステキな人です!

奈緒ちゃんという作品は12年間という年月を記録したドキュメンタリーで、こういうスパンで見つめ続けることのできる方ってスゴイなあと思い、
昨年の映画祭では、終わった後、伊勢さんにこの森のことも相談しちゃってました?!

昔、この森で自分達がどんな活動をしてきたのか、という記録を
ほとんど残していなかったことに改めて気づかされ、
これからも含め、どうしていったらいいのかと思ってしまい、お話した後、お手紙を送ったんです。
「みんなの記憶を記録することから始めてみては?」とお返事下さいました。

でも、結局、やっぱり記録は何も取っていないのですけどね。

記録する人が第3者だからこそ、見えてなかったことが見えてきて、
映画として観た観客の心にも、何かが響くのではないかな?と思います。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-22 03:39 | テーマ「地元住民の意識」

ブログのうねり

何気ないイベントの裏はこうだ!
「TB」させていただきます。
do_yogaさんのお台場でのイベント、
ニセコのお兄さんからの情報でチェックしながらも結局行かなかったのですが
このヨガお姉ちゃま、大阪の人だったみたいで(^^;)
しかも、どうもかなりご近所の匂いがしたりするなあ、
駅辺りですれ違ってるかも、と思いつつ。

ニセコのお兄さんが紹介してる「舞台裏」。
(色が変わってる部分はどんどんクリックして見ていってね)
読みながら、何度もうなづいてる私(;_;)でした。

私も頑張ろうって思いました。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-20 00:32 | ステキな人発見!

神頼みしない神社~ホンキの力~

昨日、見た記事で「賞金で鳥居復興へ」というのがありました。

福岡の地震で被害にあった神社の宮司さんが
修理費の獲得のために、日頃の雑学力をさらにパワーアップさせて
「クイズ・ミリオネア」に挑戦したら
最高の1000万円を獲得できて
鳥居の復興基金にしたとのこと。

あの、みのもんたさんの、でしょ?

あんまり観ないけど、知ってます。

なんとかしなきゃ、って思われたのでしょうね。
前日まで、自分の苦手分野を中心にお勉強されてたそうです。

ただお願い事して、お仕えしてるだけでなく
一人の人としてできる限りのことをやって、そこに臨んだ時、
神様の応援の力も乗って
パンパカパ~ン☆ みたいな。

ホンキの力は、自分一人以上の力を引き寄せるという
新たな力を生むみたいですね。
「この人、応援したい」って思った時、
もう応援の想いが新たな力を生んでますもんね。

頑張れ、宮司さん~☆
(って、口だけかよ?私・・・。)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-19 05:50 | ステキな人発見!

マキ企画 プレスタート 告知です☆

d0067691_8144810.jpg
思いつきが、森の急務となってしまったマキ企画。
企画としてはまだまだ準備不足なのですが
作業としては、もうスタートしてしまう為、
第1回目は、プレスタートという形で行ないます?!

一度やってみて、2回目以降、どのように進めていくか
ご参加いただけた方々にも相談させていただきながら
作業面&企画面ともに、充実させていけたら、と思っています。

作業の日程だけは先に決定させていただきました。

8月24、31
9月7、14、21、28
10月5、12、19、26
毎週水曜日。雨天の場合はその翌日に変更。

この他に週末コース
9月3日(土)、18日(日)
10月1日(土)
こちらも雨天の場合はその翌日に変更。


(集合)AM9時 くつきの森 自然研修所(セントラルロッジ)玄関前。
指示に従って車を現場まで乗り入れていきます。

(作業)樹齢30~50年と思われるコナラの木を1~2本伐採しては、マキとして使えるよう裁断していき、森を整備していく。

(持ち物)あればエンジンチェーンソーなど、作業に使える道具。所有されてない方、未経験の方でも、参加は可能です。

(参加費)保険加入をすることもあり、500円~3000円の間で、24日(水)のプレスタートにご参加いただいた皆さんと相談させていただきたいと思っています。マキの代金は徴収しません(つまり無制限でいただけます)ので、毎回の参加費から必要経費を引いて残った額を積み立てていき、例えば森で使うチェーンソーを1台森用に購入する、とか、何か皆でムリせず森のお役に立てる方法についても、相談させていただきたいと思っています。

(約束ごと)
1)くつきの森および高島市は、万一の事故が発生しても、参加者へ対しての責任は負いません。自己責任の上で作業を行なって下さい。
2)森の管理人の指示指導に従って下さい。
3)作業はマキを確保するだけでなく、掃除片付けなどの最後までを頑張りましょう。
4)今回持ち帰るマキは、他へ販売はしないで下さい。

(定員)15名まで。

(申込方法)
各実施予定日の2日前を締め切りとして、FAXにて受け付けます。
氏名、連絡先TEL、ご持参いただける工具の種類(無い方は無いとご明記願います)
これらを明記の上、
0740-38-8012 くつきの森 森林環境研究所までFAXして下さい。
ご質問などありましたら、その旨お書きいただければ
折り返しTEL連絡させていただきます。

(中止のご連絡)
天候不順、参加人数が少ない場合など、決行or中止の判断は各実施日の前日に行い、中止の場合に限り申込者へTEL連絡させていただきます。


以上です。
お問合せなどありましたらコメントの書き込みもご活用下さい。

8月27日付に、正式決定の告知詳細がありますのでご覧下さい。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-18 06:50 | マキ企画(湖西・マキねっと)

こころを科学する心

d0067691_859673.jpg
医療と遺伝子研究の先端が見つめるもの
「TB」させていただきます。
私は村上和雄先生ファンです。
と言って、先生の研究を理解し尽くしているわけではなく、「いっちょかみ」なんですけど
面白いんです。村上先生。
さらにスゴイんです。和雄先生。

いよいよ来ましたよ、「心」を科学する時代が。
物体とか物質ではないもの、見えない世界を見つめていく時代です!

私は森にも動物にも木々にも川にもお花にも
きっと心がある、と思っています。

一緒にお喋りはできなくても
いつか必ず自由に心を通わせることのできる時代が来ると思っています。

ベタベタと一緒にいたいとか、そういうんじゃないですけどね。
魔女になりたいわけでもありません・・・?!

離れていても、それぞれでいても、心を通わせる。
皆のことを想う。
みんな一つに繋がってる感じがするんですよね。
もとを辿れば、皆始めは一つの生命から分かれてきただけの存在。
そういうことをきちんと調べて下さった村上先生は
かなりイケてます☆

ふふふ。
半年後ですけど、村上先生に講演会にお越しいただくんです?!
滋賀じゃなくて、京都ですけど。
今からお会いできる日が楽しみです~(^^)
この本、早速買いに行こう~!!

「TB」させていただいたtaira5577さんは、獣医さんなのですね?
この前日15日付のブログは
なんと「都民の森」で楽しむ獣医さんのレポートでした(^^;)

こういうクラフトが楽しいって方はいらっしゃるわけです。

くつきの森も作り放題!!みたいな思いっきりできる遊び企画、あったらいいですね。

(写真の虫クンは玉虫色に輝く彼でした。)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-17 00:37 | ステキな人発見!

杉の生きる道(1)~あんまり嫌わないでね~

杉玉づくりは、
「TB」していただきながら、それをまた「TB」させていただきます?!

杉玉づくり、たどっていって制作過程を見ていくとケッコー面白そうで
どのくらい時間がかかるものなのか、
woodlotさんへ質問してしまいました(^^;)

できそうですよね~☆

そのうえ、他を見てみたらこんなのまで見つけてしまいました。
杉玉の上の屋根の作り方
大きさもありますが、お家で飾って楽しむ方、少なくないようですよ。

「こういうの作ります」ってお知らせしたら
参加希望して下さる方、あるでしょうかねえ?
何人くらい、来て下さるかなあ?(^^)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-16 06:17 | ステキな人発見!

~を伝える、~で伝える

この森はその昔は約100名分くらいの村の人達の土地だったと聞いています。
田んぼや畑や、炭にする材を切り出す山だったと聞いています。
そこへ杉を植えるようになり、
その杉も価値が低くなって、山持ちさんに山を持ってる得が少なくなってから
譲り受けて、森としてキャンプをしたり自然観察をしたり
自然に親しむプログラムが体験できる宿泊可能な場となっていきました。

それが今から30年くらい前のこと。

だから、この森はもともと、いわゆる「里山」だったのです。

里山っていうのは、人と自然の「共依存」の生き方って感じがするんです。
バランスを取ってる共依存。
要するに、人と自然が仲良く生きてたってこと・・・。

自然に親しむプログラムはいろいろ展開していってほしいけど
それプラス、里山文化を見直すとか学ぶっていうことを
この森の中でできたら
好きになってもらえる以上に、
人と森との絶妙なバランスの感覚に気づいてもらえるのではないかしら?
と、最近思うんです。

「アウトドア体験」からもたくさんのことが学べますが
「里山文化」を見直すっていうのは、
これから自然と仲良くしていこうとする上で、いろんなヒントが詰まってそうな気がするんです。

そんなこと、知る機会も少ないわけですし。

里山文化伝える「文化継承」というよりも
里山文化伝える「これから先100年、人と森と一緒に生きていくためのヒント探し」。

これがもしこの森で実現できたら
ここはこれまで以上に大きな働きができると思うのです。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-15 05:48 | テーマ「地元住民の意識」

森は動物とはケンカしません

先日、森へ向かうバスの中で、途中から乗ってきたおじさんが話しておられました。
「8月の後半に有害動物の駆除をするらしいな」
「鹿とかサルやろ」
「鹿はエエとしても、サルを撃つのはなんかイヤやな」
「1匹撃って、見せしめにしてやったらエエんとちゃうか」

うわ~。エライこと聞いてしもた・・・。

でも、皆さん、ホントに困っていらっしゃるようです。
朽木なんて、田畑はみ~んな、網で囲って、ヘンな眺めだし。
それでも、入ってくるみたいだし。

鹿なんて、田んぼに入ってくるのも、お腹がペコペコでやってくるんじゃなくて
「やーいやーい」って感じであちこち踏みつけて
刈り取りがやりにくいようにだけして、去っていったりするって。
あれは絶対嫌がらせだ、って。

サルはおばあさんのことは馬鹿にして逃げないし、って。
前に私がサル達に出会って、パーッと逃げられた時は
「お前のこと、まだおばあさんとは違うって思ってもらえたんやろ」
って笑われました(^^;)(もちろんです!)

お互いに、口はきけないけど、こうなったら、人と動物達の喧嘩なのかもしれませんね。

鹿は確かにめっちゃくちゃ増えてしまっています。
住民より鹿が多いかも。
前に車で夜帰ろうとしたら、完全にサファリパーク状態でした(^^;)
ウジャウジャ鹿さんがいる中を車で徐行です。
じっと見る目が怒ってるような感じがしました。

鹿がどうしてこんなに増えてしまったのか?

一説には、昔、杉の植林を一斉に広く行なったため、というのがあります。

昔、杉をガンガン植林して、山で収入を得ていたけれど
燃料革命で、放置状態となり、下草も生えない杉ばかりの山々となり
食べるものを探して山を降りてきた鹿たちが田畑のものを口にするようになり・・・。

素人考えの説ですので、本当はもっと大きな理由があるかもしれませんが
どんな問題でも、原因っていうのは複合的なもので
これを変えたら全部良くなるってもんじゃないとは思いますが。

「くつきの森」も、前身の時代、せっせと杉を植林していましたし、
今見に行くと、ああ、杉が多いなあ、って感じます。
しかも昔植えた杉達は、きちんと大きく成長していますから
本当はかなり間伐が必要で
下草の生えてない杉林が多くなっています。

前身の時代、「きのこ教室」の先生が
「ワラビが少ないな」とつぶやかれてた意味が、
今ここまでなってみないと、わかっていなかったのでした。

人々が森と仲良くなるだけでなく
動物達とも距離を置きながらも折り合いつけて
追い出したりしない森でいようとしたら
どうしていったらいいかなあ?と考えたりします。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-14 05:59 | テーマ「地元住民の意識」

海へ行ってきました

そうだ、江の島に行こう!
「TB」させていただきます。
この江ノ島は、なびきましたが結局行かず、
鎌倉の長谷寺へ行ってきました。

ここで読んでる人の中でどれくらいの人が覚えて下さってるか、ちょっと不安ですが
このホクレア号のお兄さんを通じて知った
タイガー・エスペリさんのお参りのつもりで行って来ました。
(7月26日の「みんな繋がってる」にあります)

たぶん、ここって・・・と思いながら行ったのですが、やっぱり。

前に一度来ました。この長谷寺。
敷地内、ぜんぶ回って、海も見た。

でも、エライもんで
タイガーさんのことを想いながら来てみると
ただ眺めるだけじゃなく、
どこでどの神様仏様に手を合わせても
タイガーさんのことを想ってたり
海のことも森のこともお祈りしてる自分がいました。

その後、まっすぐ海へ出てみましたが
こんな真夏の夏休みシーズンだっていうのに
浜辺に人がちょっとしかいないことに驚いた?!
ここって穴場なんだろうか・・・?

昔会社で一緒だった人が鎌倉でアジアンカフェをやってて
つい最近、Hanakoにも紹介されてたけど
そちらへは行かず!?長谷のアジアンカフェでおいし~いランチをいただきましたわ。
また今度ってことで・・・。

今日帰ってきましたが
あぢぃ~です、大阪は。暑さの質が違います。
暑すぎて息苦しいもんね・・・(^^;)

私の勝手な憶測では
大阪は平均的にイラチ(せっかち)なので
暑い!となればすぐ冷房をギンギンに入れる傾向にあり
エアコンの室外機と車が発する熱で暑さ倍増。
しかも、緑も土も少なく、熱くなった地面や外気を
クールダウンさせる手段もないので
余計に暑く、またイラチな人が冷房を効かせる、と。

東京は緑や大きな樹木がたくさんあるのが魅力的です。
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-13 22:24 | 応援日記

降って来るヒントを活かす力

昨日は有楽町へ行って
森の日帰りハイキングの主催者と
昔の森でのボランティア組織の後輩と
3人で会いました。
(日帰りハイキングを主催して下さってるE氏は今、東京に単身赴任されてて
毎月、森へ来てくださってるんですよ)

後輩ちゃんは、これまで活躍してたNGOを卒業し
さらにステップアップして
社)日本フィランソロピー協会の職員となり、また活躍してました(^^)

2005年2月に贈呈された「第2回企業フィランソロピー大賞」の
「特別賞・地域エコロジー賞」は
油藤商事㈱という滋賀県犬上郡豊郷町のガソリンスタンドが
受賞されてます。

やるね~、滋賀県。

いろんな人と会うたびに
世の中いろんな人がいて、いろんなことに頑張ってる人や組織があるんだなあ、と
つくづく感じます。

どうにかしたい、と求めているからでしょうね。
日々、たくさんのキーマンやヒントがたくさん降って来る感じです。

それをどう活かすか、が問題なんですけどね(^^;)

考えすぎると固まってしまうので
いいと思ったら素直にどんどんやる!

もっと直観力をアップさせたいです(^0^;)
[PR]
# by uzura_egg_happy | 2005-08-11 09:28 | 応援日記